動画をダウンロードするときに、ファイル形式で拡張子がphpとなっているものが
最近出てきている。

これは、動画の提供で動作しているプログラムがPHPによるものであることを示している。

このような拡張子になっているときの対応はつぎのようにしよう。

ダウンロードの際に変更することはできるが、面倒くさいので、そのままダウンロードをする

保存した動画ファイルは拡張子が.phpなので動画プレーヤーで再生することばきない

そこで・・・・・

動画を保存した場所をエクスプローラで開こう

拡張子がphpのファイルの拡張子の「.php」を削除する

そうすると、残りには、mp4やflvという拡張子が付いているので、それはそのまま、
動画プレーヤーで再生できる

図解すると・・・・・・・・・・・・・・・

動画をダウンロードする際の保存画面で・・・・

末尾の拡張子が.phpとなっている



とりあえず、このまま保存する



保存したファイルを・・・・・

このように表示される




このファイルの上でマウスを右クリックする
「名前の変更」をクリックする




.phpの部分を削除する−マウスで選択しておいて、delateキーを押す




警告が出るが、「はい」をクリックする



mp4形式のファイルになった―他のflv形式などでも同様




これを動画プレーヤーで再生すると・・・・

起動する







動画として再生された




めでたしめでたし・・・・






コツがよくわかる・・・・・・・・・・・・・・





セキュリティの確保は要注意・・・・・・・・・・





次の無料ソフトを全て実際に利用しています。
これらをすべてインストールしています。




インストールしておくと定常的にウイルスをチェックしてくれる
ブラウザでアドオン系のウイルスに感染したときにスキャンを実行すると駆除に役に立つ




スパイウェアの防御に定常的に貢献する
データベースの更新とスキャンは定期的に実施すること




アイコンのインジケーターが赤に変色したらスキャンを実施すること




ブラウザの動作が以上になった時にスキャンと駆除を実施すること




アダルトサイト等をアクセスしたときに不正な請求画面等が表示されたら、
ツールを起動し、検知したら駆除操作する




ブラウザの動作が不安定になったら起動して、不要なアドインを削除操作する




このクリックは特に厳禁だ


動画の再生操作等でクリックするとつぎのボックス・画面が表示されることがある
これのインストールなどの操作ボタンをクリックしては絶対にいけない

ツールのインストール画面

セキュリティソフトのインストール画面



画面の右上の閉じるボタンをクリックしてこれらの画面を消してしまおう









今は電子書籍の時代だ・・・・・・・・・・・





















                INDEX-2

























ネットワークカメラや監視カメラの画像を見るなら・・・・・・・











Copy right reserved