無料ソフトウェア集





へ戻る


 







      










無料ソフトBlueGriffonをWindows 10でダウンロードしてインストールする


ダウンロード・・・・・・・・・・・・・・・・・



提供サイトをアクセスする・・・こちら・・・http: //bluegriffon.org/


最新のバージョンをインストールするとBlueGriffonが起動でき ない障害が発生している

このため以下のとおり対応することとします―過去のパーションをインストールする

機能的に大差は無いので過去のバージョンで問題は無い
バージョン1.5以前は問題ないので、1.5をインストールすると良い

この図解では、1.7でも起動に問題はないので、1.7をインストールした

次の画面が表示される

Downloadダウンロードをクリックして開く



ダウンロード画面が表示される
画面の下にスクロールする



過去のバージョンをインストールする―1.5以前のものが推奨

ここでは、version 1.7.2としている―クリックする



1.7.2のセットアップ実行ファイル.exeのリンクをクリックする



ブラウザの処理表示が画面下に出るので「実行」をクリックする




インストールウイザードによりインストールする

言語選択・・

日本語を確認してOkをクリックする



セットアップが開始される

「次へNext」をクリックする




インストール場所−このままで、「次へNext」をクリックする



フォルダの作成―このまま「はい」をクリックする



プログラムグループの作成―「次へNext」をクリックする



追加タスクの選択―デスクトップにアイコンを作成するにマウスでチェックを入れる
「次へNext」をクリックする



「インストールInstall」をクリックする



インストールが完了した
「完了Finish」をクリックする




これが操作画面である





これで使用できるようになった
日本語表示の画面が表示される


起動時の表示・・・・

不要な表示なので、チェックをマウスでクリックして外す

ソフトウェアの更新の表示については、起動時に閉じるボタンをクリックする
―新バージョンに更新してはいけないので注意





インストールすると、デスクトップにアイコンが表示される
これをダブルクリックすると起動する




Windows 10では、スタートボタンをクリックしてアプリ一覧から起動することができる

スタートボタンをクリックし「すべてのアプリ」をクリックする




Windows 10 Anniversary Updateを適用するとスタート画面が次のように変更される・・・・・

スタートボタンをクリックすると電源ボタン等が左側に別枠で表示される

また、「すべてのアプリ」ボタンが無くなり、アプリ一覧はそのまま一覧で表示される
従って、スタートボタンをクリックして、一覧から起動するソフト・アプリをクリックすればよい


一覧で・・・・・・・

BlueGriffonをクリックすると起動する



スタート画面部分にタイルを表示する・・・

BlueGriffonの上でマウスを右クリックし「スタート画面にピン留めする」をクリックする



タイルが表示される
これをクリック・タップすると起動する



更新しないで閉じるボタンをクリックする



画面で操作する




タスクバーにアイコンを表示する・・・・・・・・・・

BlueGriffonの上でマウスを右クリックして「その他」の「タスクバーにピン留めする」をクリックする




スクバーにアイコンが表示される

これをクリックすると起動する







BlueGriffonの操作の仕方



BlueGriffonの操作はWindows 8/8.1の操作と同様であるのでそちらを参照されたい




BlueGriffonを終了する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

閉じるボタンをクリックする



または、「ファイル」の「終了する」をクリックする




BlueGriffonをアンインストールする・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スタートボタンの上でマウスを右クリックし「コントロールパネル」をクリックする



「プログラムと機能」をクリックする



BlueGriffonをクリックして選択し「アンインストール」をクリックする







へ戻る



Top



Copy right reserved 2015/3


Windows Live メール 使い方 Windows Live メール 使い方 Windows Live メール 使い方 Windows Live メール 使い方 Windows Live メール 使い方