無料ソフトウェア集 



Fotgrafixは軽量の画像処理ソフトです。

USBメモリにインストールして使用することもできます。



  ダウンロード・インストール
  日本語表示にする
 主要操作方法







 ダウンロード・インストール



ブラウザで提供サイトにアクセスする

サイトは・・・・  http://portableapps.com/apps/graphics_pictures/fotografix_portable


次の画面が表示される

Downloadをクリックする




ブラウザに表示がでる−ここではIE
「実行」をクリックする



言語の選択―日本語を確認してOKをクリックする



インストールの開始
「次へ」をクリックする




インストール先の設定
「参照」をクリックして設定する
設定したら、「インストール」をくリックする



USBメモリにインストールして使う場合・・・・・

参照をクリックするとインストール先設定画面が表示されるので、USBメモリを指定する

コンピューターをクリックしてUSBメモリをクリックし「OK」をクリックする



パソコンにインストールして使うこともできる―その場合は、ドキュメントライブラリなどを
指定する―次の例では、「マイドキュメント」を指定している





「OK」をクリックするとインストールが進行する

インストールが完了する−「完了」をクリックする




ショートカットを作成する・・・・

USBメモリにインストールした場合に操作をしやすくするため

エクスプローラでUSBメモリを開く
USBメモリをクリックする
FotgrafixPortableフォルダーをダブルクリックして開く



実行ファイルがある



実行ファイルの上でマウスを右クリックして、「ショートカットの作成」をクリックする



ショートカットが作成される
これをコピーして、USBメモリを開いた場所に貼り付ける





貼り付ける



ショートカットをダブルクリックすると起動する



パソコンにインストールした場合は・・・

ドキュメントライブラリの中に作成されているFotgrafixのホルダーをダブルクリックして開く



開いて、ここでショートカットを作成し、それをデスクトップにドラッグ・ドロップ゜する



デスクトップ上のアイコンをクリックすると起動する




Fotgrafixの画面が英語で表示される




日本語表示にする・・・・・・・・・・・・・・・・

Fileファイルをクリックして、メニューから「Choose Language言語選択」をクリックする



日本語を選択する−lang_ja.ini
「開く」をクリックする



これで完了した
Fotgrafixを再起動するー終了して起動する−と日本語表示になる

再起動すると・・・・日本語表示になった







 主要操作方法


 Fotgrafixを起動する  画像をFotgrafixに取り込む  トリミングする 
 編集・加工した画像を保存する  画像にテキストを入れる―文字を入れる  画質を調整する
 テキストの位置を移動する  画像のサイズを変更する  その他の機能
 Fotgrafixを終了する    


Fotgrafixを起動する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


USBメモリに入れている場合は、USBメモリをパソコンに挿入して、エクスプローラ、または、コンピーターを
開いて、USBメモリをクリックして開く

Fotgrafixのショートカットをダブルクリックすると起動する



パソコンにインストールしている場合は、インストール先のドキュメントフォルダーでショートカットを
作成して、それをデスクトップに置いておく

起動するときは、デスクトップのショートカットをダブルクリックする


主要な操作方法・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

よく使う主な操作の仕方を図解する



画像をFotgrafixに取り込む・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「開く」ボタンをクリックして、ピクチャーライブラリなどにある画像を表示してマウスで選択し、
「開く」でFotgrafixの画面に表示する



または、画像のあるフォルダーをデスクトップに表示して、マウスでFotgrafixの画面中に
ドラッグ・ドロップする





トリミングする・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

画像の1部分を切り取ることであり、画像全体を使わず必要な部分のみ
使いたいときに切り取る
通常、トリミングした画像を別の名前で保存する

Fotgrafixではトリミングという操作は無いので、次のように操作して実質的に
トリミング操作をする

4角形の選択ボタンをクリックする
画像の必要部分をマウスで選択する
 注 このとき、「スタイル」は「通常」にしておく 
「イメージ」をクリックしてメニューの「切り抜き」をクリックする



選択した部分が切り取られて表示される



名前を付けて保存する
ファイルの「名前を付けて保存」をクリックする




保存場所を指定する−ここでは、USBメモリの中にしている
保存画面が表示される
名前をキーインする
ファイル形式を設定する―ここではJPEGとしている
「保存」をクリックする



JPEG形式の保存であるので、品質の画面が表示される―品質をたとえば100などにしてもよい
「保存」をクリックする



保存された




編集・加工した画像を保存する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Fotgrafixで編集・加工した画像を保存するには、「ファイル」の「名前を付けて保存」で保存する
加工する前の画像に上書きすると、その画像が再度使えなくなるので、別名でほぞんするようにする
ツ用がある

保存形式は、Fotgrafix形式とJPEGなどの使用するファイル形式の両方で保存するようにすること
これは、Fotgrafix形式で保存しておくと後で加工処理ができるためである−レイヤーが保存される



ファイルの種類―画像の形式の選択・・・



FotgraixがFotgrafixの固有ファイル形式である
ホームページ画像として使うのは、JPEG, GIFである


画像にテキストを入れる―文字を入れる・・・・・・・・・・・・・・・・

画像にテキストを入れるにはテキストボタンをクリックして操作する

テキストボタンをクリックする
テキストを入れる位置を画面中でクリックしてポイントする



テキストプロパティ画面が表示される

テキスト、入れる文字をキーインする



フォントの選択ボタンをクリックする



文字の字体やスタイル、文字のサイズなどを設定する―OKをクリックする



色の枠をマウスでクリックする―テキストの色を設定する



カラーパレットが表示される
色をマウスでクリックして選択する
OKをクリックする



OKをクリックする



テキストが挿入された




作成画像を保存する
ファイルの「名前を付けて保存」をクリックする



名前をキーインし、ファイル形式を指定して「保存」をクリックする



JPEG形式なので品質の画面が表示される
「保存」をクリックする



保存された―ビューアーで表示してみる
保存場所のファイルをダブルクリックすると次のように表示される




テキストの位置を移動する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

文字位置を移動するには、作成の途中、すなわち、データの形式がFotgrafix形式の時である
したがって、あとで、テキスト位置を移動したいというときには、Fotgrafix形式で保存しておくと
便利なのである

テキストの位置を移動してみると・・・

移動ボタンをクリックする



マウスでテキストをつかんで移動する



移動できた




名前を付けて保存する



保存画面で保存する



これを画像として使うときは、JPEG形式などで保存する


画質を調整する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


画質の調整は次のメニューで行う

明るさとコントラスト調整をしてみる

「調整」の「明るさ/コントラスト」をクリックする





調整ボタンをスライドして調整する



スライドして調整するとそれに対応して画像も変化するので確認できる

出来たらOKをクリックする




名前を付けて保存する








画像のサイズを変更する・・・・・・・・・・・・・

「イメージ」の「イメージのサイズ」をクリックする



サイズの数値を変更する
単位はピクセルと%で変更できる
ここではピクセルで行う



変更したらOKをクリックする



変更できた

名前を付けて保存の操作をする





その他の機能・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

更に次のような機能がある


ファイルのメニュー・・・・

ファイルでは次のような操作をする




フィルター・・・・

画像をぼかすなどのフィルター機能が使える




レイヤー・・・・

軽量な画像処理ソフトであるが、レイヤーがついているのは立派
これがあると、画像処理を処理単位ごとに操作できるので便利である



例えば、操作の1部を削除したりできる




Fotgrafixを終了する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ファイルの「終了」をクリックする














Top


  


 






Copy right resrved 2011/2/22