無料ソフトウェア集







USBメモリーに記録したデータを保護する無料ソフト

USBメモリーを紛失してもこれで安心

操作は簡単、ソフトをインストールしていないPCでも使える

無料版の使い方を図解−提供サイトの使用法説明では
意外とわからないものがすぐわかる




INDEX
ソフトの入手ダウンロード・インストール
USBメモリーに「USBメモリのセキュリティ」を
インストールする
セキュリティのロックを解除したUSBメモリーに
データの書き込みなどの操作をする
「USBメモリーのセキュリティ」をインストールしていないパソコンでこのUSBメモリーを使うと・・・
USBメモリーから「USBメモリーのセキュリティ」を
アンインストールして元のUSBメモリーに戻すには
パソコンにインストールしている「USBメモリーの
セキュリティ」をアンインストールする

OSはWindows 7 を使用しています。

Windows 7/8/10等で使用できます。



Windows 8でのインストールは次を参考にされたい・・・・

   


Windows 10でのインストールは次を参考にされたい・・・・









ソフトの入手

ソフト提供サイトにアクセスする。

USBメモリのセキュリティ/

または、フリーソフトサイトのここで ベクター


画面下の「無料版を今すぐダウンロード」をクリックする



ここで「今すぐタウンロード」をクリックする






ダウンロード・インストール

ベクター

「今すぐタウンロード」をクリックする



パソコンのセキュリティ設定では次の表示がでる
「こちらをクリックしてください」をクリックする



開くをクリックする



インストールの開始
次へをクリックする



同意するにマウスでチェックを入れる
次へをクリックする



インストール確認−「次へ」をクリックする



試してみるのチェックをマウスでクリックして外す
「次へ」をクリックする



インストールが完了する
「閉じる」をクリックする



デスクトップ上にアイコンが作成される
これをダブルクリックして操作する






USBメモリーに「USBメモリのセキュリティ」をインストールする

パソコンにUSBメモリーを挿入する
(なお、無料版で使えるのは4GBまでの容量のもの)

USB端子にUSBメモリーを挿入したら・・・・

USBメモリのセキュリティのアイコンをダブルクリックして起動する



説明画面が表示される
OKをクリックする−再表示が不要なら「次回から・・・表示しない」にマウスでチェックを入れる



「インストール」をクリックする



インストールの確認−OKをクリックする

注意−インストールするときに、それまでUSBメモリーに記録されていたデータは全て削除される
必要なデータは、あらかじめ、他のメディアなどにバックアップしておくこと



パスワードを設定する
キーインしてOKをクリックする



注意−パスワードは大事に記録・保管しておくこと

USBメモリーへのインストールの開始−OKをクリックする



インストールが完了した
閉じるをクリックする



USBメモリーは次のように書き込みできる容量は0と表示されるようになる
空きが見えなくなる






セキュリティのかかったUSBメモリーのロックを解除して書き込みなどの操作をする

USBメモリーにこのソフトをインストールすると、セキュリティがかかって、自由に書き込みなどができる
容量は表示されなくなる

このUSBメモリーに書き込みなどをするには、セキュリティのロックを解除する必要がある

パソコンのUSB端子にUSBメモリーを挿入する

自動再生ボックスが表示される
「フォルダーを開いてファイルを表示」をマウスでクリックする



USBメモリーのなかの「UsbEnter.exe」という実行ファイルをマウスでダブルクリックする



解除ツール画面が表示される

パスワードをキーインする−このパスワードはUSBメモリーにこのソフトをインストール
 したときに設定したものである
OKをクリックする



これでロックが解除されて、通常のUSBメモリーのように書き込みなどの操作ができるようになる

または・・・・自動起動が表示されないときは・・・・

エクスプローラでUSBメモリーを開く
タスクバーのエクスプローラをクリックする



USBメモリーのなかの「UsbEnter.exe」という実行ファイルをマウスでダブルクリックする





解除ツール画面が表示される

パスワードをキーインする
OKをクリックする



これでロックが解除されて、通常のUSBメモリーのように書き込みなどの操作ができるようになる




セキュリティのロックを解除したUSBメモリーにデータの書き込みなどの操作をする

前記の手順で操作し、解除ツールを表示し、OKをクリックしてロックを解除する



自動再生でUSBメモリーの動作が表示される
「フォルダーを開いてファイルを開く」をクリックする



USBメモリーの内容が表示される−ロックが解除されて書き込みなどの操作ができる状態で



例えば、ここにホルダーをドラッグ・ドロップして書き込んでみる





フォルダーが書き込まれた



他にも自由に操作ができる

USBメモリーを閉じる
マウスで画面右上の閉じるボタンをクリックする



USBメモリーをパソコンから取り出す・・・・
タスクバーの他のデバイスの操作ボタンをクリックして「ハードウェアの取り外し」をクリックする
USBメモリーの取り外しをクリック操作する



取り外しにより、USBメモリーのセキュリティのロックは自動的にかかるようになっている

これでこのUSBメモリーはたとえ紛失しても内容を読まれることはない


参考−なお、セキュリティのロックを解除しても自動再生ボックスが表示されないときは・・・

エクスプローラでUSBメモリーを開いて、通常のUSBメモリーのように書き込みなどの
操作をすればよい





「USBメモリーのセキュリティ」をインストールしていないパソコンでこのUSBメモリーを使うと・・・

インストールしていないパソコンでも使える・・・ (使用したパソコンはWindows XP)

自動起動して次の表示がでる
「UsbEnter.exe」をダブルクリックして実行する



ロックの解除画面が表示される
パスワードをキーインしてOKをクリックする



「フォルダを開いて・・・」をマウスでダブルクリックする



USBメモリーの内容が表示されて操作できる






USBメモリーから「USBメモリーのセキュリティ」をアンインストールして元のUSBメモリーに戻すには

注意−USBメモリーからアンインストールすると、記録されているデータも全て削除されるので、
     アンインストールする前に必要なデータは他のメディアなどにコピーするなどバックアップ
     しておくこと

パソコンにインストールしている「USBメモリーのセキュリティ」を起動する
アイコンをダブルクリックする



USBメモリーをマウスで選択する



「操作」の「アンインストール」をクリックする



アンインストールの確認ーOKをクリックする



この操作は、USBメモリーのセキュリティを解除した状態では出来ない
つまり、ロックを解除した状態ではできないので、USBメモリーを一旦、USB端子から
取り出して、ロック状態にして、このアンインストール操作をすること

もし、ロック解除状態でおこなうと次の表示がでる






パソコンにインストールしている「USBメモリーのセキュリティ」をアンインストールする

Windowsのスタートボタンをクリックして「コントロールパネル」をクリックして起動する



「プログラムと機能」をクリックする



「USBメモリーのセキュリティ」をマウスでクリックして選択する
「アンインストール」をクリックする
これでアンインストールされる







無料版は、1本のUSBメモリーを使用できるようになっている




Top



 






Copy right reserved 2011/12



Sleipnirのダウンロード・インストールと使用方法 Sleipnirのダウンロード・インストールと使用方法