Part 1へ





東京にも高い汚染地域が存在する
・・・足立区、葛飾区、江戸川 区、
江東区、文京区、多摩地域



東京は普通に暮らせると言う専門家の
発言は大嘘だー

高い放射線量の場所はここ・・・・
芝生、土、草木、水溜り、側溝、
雨どい




東京で食える食品・食材は危険がいっぱい−ボウーとしていたら内部被曝てんこもり

公園、緑道、芝生、住宅の植木・・・これまでは癒し、健康的といわれたものが
放射線を放出するホットスポットに―これが原発事故の怖さだ



INDEX PART 2

東日本は雪まで放射能まみれだ今だ、放射性物質が降り続く東京 東京のホットスポット・高放射線量地点が次々判明―除染が必要だ
チェルノブイリ原発事故のヨーロッパ広域・低線量地域
も含む健康被害の報告書の要点を翻訳
外国人は放射能汚染国での生活はこのように注意
されている−フランス人の例

東京湾のセシウムが着実に増加している- 2014年に
局地的に4000ベクレルで汚染がピークに
食品等の放射線量のデータで真実を知りたいときは
・・・・・おすすめの情報源

清掃工場の焼却灰の放射線量からみた東京の放射能汚染 多摩川河川敷の土壌から2万ベクレル超―
 関東の放射能汚染はこのようにひどい
!

東京で放射能汚染していない食品を売っているのが
外人さん向けのスーパーなのだ
福島の子供で甲状腺がんが増加―被爆の影響が出ている



福島の甲状腺ガン発生率は日本の平均の50倍
2015年時点で東京の河川はこんなに放射能汚染している
Go to Part 1 東京湾のセシウム汚染―河口部は高止まりの汚染が続く









     


















東日本は雪まで放射能まみれだ―今だ、放射性物質が降り続く東京



2012年1月20日、東京で初雪が降ったが、東京の西部の八王子市で雪の放射線量が測定されたところ、
次のようになっている・・・掲 載サイト



セシウム137が15.3ベクレル/kg
セシウム134が14.9ベクレル/kg
ヨウ素131が20.0ベクレル/kg

東日本は、雪まで放射能まみれとなっているのだ
今だ、放射性物質が原発から拡散しつづけており、それが雪とともに降っているのだ

昔のように雪を食べてはいけないし、子供が雪合戦で投げ合うのも止めたほうが良いといえる

これから何十年間も、東日本ではこのような状態がつづくのであろう

人間の住む環境ではなくなったのであろうか・・・・・・




東京のホットスポット・高放射線量地点が次々判明―除染が必要だ



2012年3月16日、日本共産党都議団による都内の放射能汚染調査が結果が発表された
同党都議団が調査したのは、足立、葛飾、江戸川、港区、中央区などの15地点であり、このうちの
5地点からホットスポットが発見されたことになる

これによると、一番高いのは、葛飾区水元公園の 23,300ベクレル/kgである
お台場海浜公園でも10,400ベクレル/kgとなっている

放射能汚染の高い地点は・・・・・・・

1位:葛飾区水元公園(2/21) 23,300ベクレル/kg
2位:江戸川区土手民家(3/16) 20,700ベクレル/kg
3位:江戸川区土手河川敷(3/16) 13,700ベクレル/kg
4位:江戸川区土手河川敷駐車場(3/16) 12,500ベクレル/kg
5位:足立区東綾瀬公園(3/16) 12,400ベクレル/kg
6位:お台場海浜公園(3/16) 10,400ベクレル/kg


(C)楽天ソシアルニュース

東京都内の土壌・・・25万ベクレル地点も/2012/6

都内の公園の土から、1キログラムあたり25万ベクレルの放射性物質が検出された
検出されたのは、東京・葛飾区の水元公園の駐車場で採取された土からである
都議会の共産党議員団が調べたところ、1キロあたり25万ベクレルの放射性物質が検出された
このほか、植え込み周辺の土からも11万2000ベクレルの放射性物質が検出された
空間放射線量は地表1メートルで1時間あたり最大1.10マイクロシーベルトであった
国は1メートルの高さで放射線量が1マイクロシーベルトを超える場所は除染する対象としているで、
この地域は除染対象である



東京都内でもこれだけ汚染しているわけであるので、都内の公園や運動場、空き地、土手、農地、邸宅や
マンションの庭・植え込みなどは、高い線量の場所が多数あるということになる
空間線量は高く無くても土などは高い線量で汚染状態にあるということである

東京都内では、公園や河川敷などでお子さんを遊ばせたり、散歩しているが、これは危険ということになる
都内でもノンキに家庭菜園やガーデニングなどをやっているのは危ないということだ



都内全域で私有地も含めて線量の測定を行い、その結果を公表するとともに、高い線量のホットスポットは
立入り禁止にするとともに除染を行うべきである



東京も本気で放射能汚染している―特に子供をつれて公園には行くな!

国も、都も、区も行政は隠ぺい体質なのでなにもしない
自衛するしかないぞ

都内では、家庭の庭も放射能汚染している−お宅の庭も除染が必要だ
家庭菜園なんてやってる場合じゃない

このような状態ではオリンピックの開催地としては不適切である


首都圏の土壌汚染深刻 35地点でチェルノブイリと同レベル




チェルノブイリ原発事故のヨーロッパ広域・低線量地域も含む健康被害の報告書の要点を翻 訳



低線量地域でも健康被害がでることがわかります
ヨーロッパでは北欧でも健康被害がでているので、東京は当然に該当する地域です









外国人は放射能汚染国での生活はこのように注意されている−フランス人の例




実態はチェルノブイリよりも放射能汚染している日本で生活している外国人はどのように本国から
注意されているかはなかなかわかりませんが、フランス人のケースについて、フランスの研究所が
自国民に広報しているものがあるので、ご紹介します

食品から日常生活の注意まで、きちんと注意するように広報しています。
内容をよくご覧ください

本来は、この程度のことは、日本政府が日本国民にするべき重要な事項です
これは国民の健康を守るためには必須のことなのです

でも日本政府は、安全を偽装し、放射能汚染国でのこのような最低限の生活上の注意さえもしていないし、
風評被害などといって、あえて、国民を被ばくさせようとしているのだから、開いた口がふさがりません
政府の言うことは信用してはいけないということです

ここに紹介したような事項を参考にして、自分や家族の健康を守るしかないということです

次をクリックして参照してください/PDFです

フランス放射線防護原子力安全研究所 (IRSN)の在日フランス人向け公報/2011/12/12/PDF
(Copy right: Save Child)




東京湾のセシウムが着実に増加している- 2014年に局地的に4000ベクレルで汚染がピークに



荒川河口などで高濃度のセシウムが検出されているが、現在も東京湾のセシウムは増加を続けている

東京湾の海底の一部で、放射性セシウムの量が昨年夏からの約7カ月間に1.5〜1.7倍に増えていることが近畿大の調査で判明した
これは関東全域に降ったセシウムが水流とともに東京湾に流れ込んでいるためである

セシウムの総量がもっとも多かった地点では、前回の1平方メートルあたり約1万8200ベクレルから約2万7200ベクレルと約1.5倍に増加
している


(c)朝日新聞

京大防災研の研究室による東京湾の海底土のセシウム汚染の拡大シュミレーションはこのようになっている
2年後(2013-14)にはほぼ全域で海底土が汚染する−すなわち、魚介類が全域で放射能汚染するということである
除染などできないし、やっても次から次へと流入するのでどうしようもない
東京湾の魚介類は飲食禁止になるということだ

(C)京大防災研


2014年に4000ベクレルで汚染がピークに・・・・・

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、東京湾に流れ込んで海底にたまる放射性セシウムの濃度は
2014年3月に最も高くなり、湾の北部で局地的に泥1kg当たり4000ベクレルに達するとするシミュレーション結果を
京都大学防災研究所のグループがまとめた

湾の本部の荒川の河口付近では、局地的に泥1kg当たり4000ベクレルに達すると推定されるが、これは、2012年1月に
福島第一原発から南に16キロの海底で検出された値とほぼ同じものである

東京湾全体では、平均すると海底の泥1kg当たり300ベクレルから500ベクレル程度と推計されるとしている

東京湾の魚介類は、当然に放射能汚染する−魚のえさになるゴカイが汚染して、これを食べた魚類が汚染して食物連鎖に
より、濃縮されることとなる

東京湾の位置・深度別の海水の放射線量、海底の泥、プランクトン、ゴカイ、魚介類の放射線量を定期的に計測して、公表される必要が
あるが、放射能汚染の拡散を隠蔽したい政府はやらないかもしれない

江戸前文化も崩壊だ・・・・・
東京湾の魚介類はわざわざ食わない方がよいということだ
江戸前で高いものを食うとセシウム入りなのだ




食品等の放射線量のデータで真実を知りたいときは・・・・・おすすめの情報源



政府・県のデータは信用できません
流通している食品が安全という保証はありません
次の情報源を活用して危険性や安全性を確認しましょう―自分や家族の安全・健康は自分で守るのです

グリーンピー ス/グリーンピース 放射能測定室 シルベク/トッ プ
東都 生協/東都生協商品の残留放射能自主検査結果/トップ
生活クラブ/ 消費材の放射能検査結果/トップ
いちい/食品放射線測定室/トップ




清掃工場の焼却灰の放射線量からみた東京の放射能汚染



焼却灰の放射線量から、その地域の環境や食品の放射能汚染を知ることができる
つまり、ゴミが放射能汚染していることの反映である−焼却される廃棄物は、食物の廃棄物など家庭ごみや
雑草などの廃棄物である

東京の各清掃工場の焼却灰の放射線量は次の表のとおりである−2012年5月に計測

これからみると東京の環境は全体が放射能汚染しており、特に、東部の区の汚染度が
高いと言える−これは、放射能汚染地図の汚染実態と符合している






多摩川河川敷の土壌から2万ベクレル超―関東の放射能汚染はこのようにひどい!



2012/6/14、川崎市川崎区殿町先の多摩川河川敷の土壌から1kg当たり約27000-21000ベクレルの高濃度の放射性セシウムが
検出されていたことが判明した
河川敷を管理する国土交通省京浜河川事務所が2012/5月に汚染物質を調べて判明したものである
同事務所によると「今のところ除染の予定はたっていない」としている
現在状況は、3カ所の土を土のうなどで覆い、川崎市の除染の目安である「毎時0.19マイクロシーベルト」を上回る範囲をロープで囲っている

都内の河川敷などもこのように汚染しているということである
行政はろくに調査もしないのだからいい加減なものだ

河川敷でのんきにバーベキュー、野球や散歩などをやっている場合ではないぞ





東京で放射能汚染していない食品を売っているのが外人さん向けのスーパーなのだ



このスーパーは知る人ぞ知る放射能汚染していない食品を販売している店なのだ
利用している外人さんが汚染にうるさいので(身を守るため当然だけど)、自然に安全な食品を調達して販売するようになった
例えば、牛乳なども北海道や四国産などだ
外人さんは、食品の産地、都道府県名を聞いて買うので、英語の県別地図を店のレジで用意している
放射能汚染に縁のない外国食品ももちろん豊富だ―ただし、2012年8月下旬までは仮店舗なので種類は限定されてい る

National Azabu Supermarket
ナショナル麻布スーパーマーケット

注 2011/11/1からビル建て直しのため休業中、再オープンは2012年8月下旬
ただし、仮店舗ANNEXが道路の向かい側、スターバックスの隣にOpen(2011/12/20から)している

Tel: 3442-3181
Open: 9:30-20:00
港区南麻布4-5-2
有栖川宮公園向かい、広尾駅徒歩2-3分

輸入加工・冷凍食品・調味料・菓子・ワイン・台所用品などが豊富!






年間の被ばく線量を簡易計算するパソコンソフト



この無料のパソコンソフトは、1年間の被ばく線量を簡単に計算することができる
飲食物の1年間の被ばく量や1年間その場所で生活したときの被ばく線量がわかる

放射線量簡易計算ツールRadibob

このソフトのダウンロードはこちらから




Source



福島の子供で甲状腺がんが増加―被爆の影響が出ている







東京電力福島第一原発事故による放射線の影調査している福島県の「県民健康管理調査」の検討委員会
での報告によると、甲状腺がんと診断が「確定」した子どもは前回(2013年11月)の26人から7人増加して
33人になった。また、「がんの疑い」は41人と報告されている(前回は32人であった)。−2014年2月7日

また、2014年5月に確定した診断結果によると、甲状腺がんと確定したのは50人と更に17人増加した
また、疑いのあるケースは39人となっている

検討委員会の星座長はチェルノブイリ原発事故後の甲状腺がんの発症経過や、今回見つかったがんの種類、
大きさなどからみて「現時点では放射線の影響は考えにくい」と述べている。また、がんの発見率がこれまで考えられて
いたよりも高いことについては「症状がない人も含めた未知の調査であり、比較できない」と説明している。


国立がん研究センター等によれば、十代の甲状腺がんは100万人に1-9人程度とされている。
これからみると、37万人を検査して50人のがんというのは、100万人あたりでは、135人が発症しているという
ことになり、100万人に1人からみると135倍ということになる。統計学の検定(比率の差の検定)を行えば、福島の子供の発ガンは
統計学的に有意に高いというのが判明するであろう。―検定するまでもなく極めて高い数値であるが・・・・
科学者であれば、「現時点で放射線の影響が考えにくい」と言うのは寝言に近いのではないか。
統計学的に見れば福島県では有意に甲状腺がんが多発していると言える
疑いのケースまで含めると数値はもっと大きくなり、統計学的有意性が更に明確になる

原発による健康被害を国が認めないのはなぜか・・・・

1原発爆発時の住民避難が適切に行われなかった大失敗を証明することになるため−政治・行政の責任を問われるため
2原発爆発時にヨウ素剤を避難住民に投与しなかった大失敗を認めることとなるため−政治・行政の責任を問われるため
3莫大な予算で実施している除染による住民の帰還対策が崩壊するためー帰還困難となれば損害賠償が膨大になるため
4全国の原発再稼動が頓挫するため−日本の原発産業が崩壊するため

安倍総理は、2014/5/17に福島県を訪問して、健康調査結果の説明を受けた後、次のような発言をしている
「放射性物質に起因する直接的な健康被害の例は確認されていないということだ。根拠のない風評を払拭するため、
正確な情報を分かりやすく提供していく。国として全力を挙げて対応する。」

健康被害が無いなどと統計データから言えるわけが無い−完全な居直りだ

これは、国が健康被害は無い、今後も風評被害ということにして健康被害を隠蔽を続けていくと宣言したということである
原発の維持・再稼動が国民の健康などよりは重要であるということを言っているわけだ

国等が一体となって福島原発事故の健康被害は隠蔽していく体制は次のようになっている




子供が福島にいるのは危険なことが証明されているといってもいいだろう―なんで逃げないのだろうか
福島市さえも危険な場所なのに・・・・・

福島の住民が健康を維持するには・・・・・・・・・・・・・


国が一体となって隠蔽すると言っているので、自分や家族の健康は自分自身で護らなければならない

一番は、福島県外に居住することだ−できれば西日本

すでに移転している場合は、除染にだまされて帰省してはいけない
移転先で生活を今後も継続すべきだ−中年以下の年齢層の場合、特に子供がいる場合は

また、内部被爆をしないために、西日本を中心にした放射能汚染していない食品を
とるように今後も継続する必要がある

現行の日本の食品の放射能の安全基準は、核戦争で他に安全な食品が確保できない場合の
水準であり、世界の水準から言えばとても高くて安全ではない−とにかく放射能汚染を
していない食品を食べるようにすべきだ−原発事故以前は、食品は放射能汚染していては
いけないとしてきたのだ




福島の甲状腺ガン発生率は日本の平均の50倍





岡山大大学院の津田敏秀教授(生命環境学)が2015年10月6日付の国際環境疫学会の医学専門誌
「エピデミオロジー(疫学)」に発表した論文によると、福島県が福島原発事故当時に18歳以下
だった県民を対象に実施している健康調査の結果を分析したところ、甲状腺がんの発生率が
国内平均の「50〜20倍」に達していたと報告している。((C)東京新聞2015/10/9)




http://journals.lww.com/epidem/Pages/default.aspx



http://journals.lww.com/epidem/Abstract/publishahead/Thyroid_Cancer_Detection_by_Ultrasound_Among.99115.aspx

概要

2011年3月に発生した福島第一原発事故当時、福島県に住んでいた18歳以下の小児、
約30万人超を対象とした調査の結果、甲状腺癌発生率は統計的誤差としては考えられない
有意な突出が見られる

Thyroid Cancer Detection by Ultrasound Among Residents Ages 18 Years and Younger
 in Fukushima, Japan: 2011 to 2014.

Tsuda, Toshihide; Tokinobu, Akiko; Yamamoto, Eiji; Suzuki, Etsuji

Abstract

Background: After the Great East Japan Earthquake and Tsunami in March 2011,
radioactive elements were released from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant.
Based on prior knowledge, concern emerged about whether an increased incidence of
thyroid cancer among exposed residents would occur as a result.

Methods: After the release, Fukushima Prefecture performed ultrasound thyroid
screening on all residents ages <=18 years. The first round of screening included
298,577 examinees, and a second round began in April 2014. We analyzed the prefecture
results from the first and second round up to December 31, 2014, in comparison with
the Japanese annual incidence and the incidence within a reference area in Fukushima Prefecture.

Results: The highest incidence rate ratio, using a latency period of 4 years, was
observed in the central middle district of the prefecture compared with the Japanese
annual incidence (incidence rate ratio = 50; 95% confidence interval [CI] = 25, 90).
The prevalence of thyroid cancer was 605 per million examinees (95% CI = 302, 1,082)
and the prevalence odds ratio compared with the reference district in Fukushima
Prefecture was 2.6 (95% CI = 0.99, 7.0). In the second screening round, even under
the assumption that the rest of examinees were disease free, an incidence rate ratio
of 12 has already been observed (95% CI = 5.1, 23).

Conclusions: An excess of thyroid cancer has been detected by ultrasound among children
and adolescents in Fukushima Prefecture within 4 years of the release, and is unlikely
to be explained by a screening surge.

This is an open-access article distributed under the terms of the Creative Commons
Attribution-Non Commercial-No Derivatives License 4.0 (CCBY-NC-ND), where it is
permissible to download and share the work provided it is properly cited.
The work cannot be changed in any way or used commercially.

Copyright (C) 2015 Wolters Kluwer Health, Inc. All rights reserved.


2015年10月8日に外国特派員協会で会見した津田教授によると、「福島県では小児や青少年の
甲状腺がんの過剰発生がすでに検出されている。多発は避けがたい」と強調している。

これを見ると、福島県民健康調査の結果について、国・福島県と福島医科大学は、
この事実を公表せず、隠蔽していることになる。―あるいは、結果について意図的に
ねじ曲げている可能性があり、原発の汚染を隠蔽するために、都合の悪いデータは
公表しないようにしていると考えられる。

最近、避難指定区域を解除して、住民に帰省するように促しているが、これは全く
信用が出来ず、放射能汚染地域に規制させる行為は犯罪的とも言える
住民、特に子供は避難指定が解除されても放射能汚染している地域に帰省して
生活することはしてはならないと言える


子供は汚染地域に帰省してはいけない







2015年時点で東京の河川はこんなに放射能汚染している




東京新聞社が2015年に東京都心の主要河川について、堆積物の放射能汚染の調査を
行い公表している―日本橋川、神田川、隅田川を調査したもの
同社は東京の河川の汚染を継続して調査している

その結果は・・・・・

日本橋川では、一キログラム当たり400ベクレル超の放射性セシウムが残る地点も確認された
東京ドーム(東京都文京区)近くで神田川から分岐し、皇居の北側、金融街を抜ける日本橋川では、
堆積物も非常に多く、下流にいくほど濃度が高くなる傾向が見られた。
今回の調査で最も高かったのが、東京証券取引所近くにかかる鎧(よろい)橋(中央区)の
452ベクレルで、周辺の橋ではいずれも300ベクレル超の汚染が確認された

神田川では、中流域で文京、新宿両区にまたがる白鳥橋周辺で堆積物も多く、150ベクレル前後の
汚染が残っていた
しかし、お茶の水、秋葉原を抜け隅田川に注ぐ手前までの間は堆積物は非常に少なく、
汚染は確認されなかった

隅田川は、昨年のように300ベクレル台が相次ぐ状況ではなかったものの、
河口域も含め全般的に200ベクレル前後の汚染が残っていた

(C)東京新聞



東京湾のセシウム汚染―河口部は高止まりの汚染が続く



東京新聞と独協医科大の共同調査結果が公表された―2015/11/13

結果の概要・・・・・・・・・

全体として沖合の濃度は低かったものの、依然として河口周辺は高い汚染が残っており、
関東平野に降ったセシウムが川で運ばれ、たまっている様子が明確である

調査は9月21-23日、ボートを使い実施している
国がモニタリングを続けている地点に加えて東京湾に流れ込む主要な河川の河口部を独自に調べ、
計44カ所で海底の堆積(たいせき)物を調査したものである

沖合では、昨年9月の調査と同様、採取後に乾燥させた堆積物に含まれるセシウムは、
1kg当たり数十ベクレル前後が中心で、1ケタの地点もあり、魚への影響は、
なさそうなレベルだった
国の測定値も、ほぼ同様の傾向を示している
ただし、濃度は昨年より下がってはいない
セシウムは福島第一原発由来で、本来なら自然界では数値はゼロに近い

沖合と対照的だったのが河口部の汚染である
昨年は1000ベクレルを超える汚染が確認された花見川(千葉市)の河口部では、
最大値は小さくなったものの、288〜878ベクレルと全般的に高く、
汚染が拡散した印象もある
花見川は、今年1月の東京新聞の調査で最大942ベクレルの汚染が確認された
印旛沼(千葉県)とつながっている
東京都と千葉県境を流れる旧江戸川河口部では、川や近隣の浅瀬の汚染は
非常に低かった一方、川と海がぶつかる付近で高かった
荒川(東京都)河口は全体的に昨年より下がったが、採取した堆積物には、
褐色の土が含まれていた
調査の十日ほど前の大雨で流れてきた土砂が交ざり、濃度が一時的に下がった
可能性もある
羽田空港周辺の多摩川(東京と神奈川県境)では、濃度は100ベクレル前後と
昨年並みとなっている
(東京新聞より転載)

東京湾はセシウム汚染が継続している
特にひどいのが、河川が流入している河口部である
関東の河川はセシウム汚染しているので魚介類の摂取は適切ではない
東京湾では川が流入している河口部付近の魚介類は注意が必要である





5年経過した関東の放射能汚染の実態は・・・・・
















チェルノブイリを超える汚染の莫大な放射性物質が 拡散した福島原発事故
放射能汚染地域がよくわかる地図とデータがこれだ




資料はこちらを参照






Part 1へ











文部科学省情報

放射線量分布マップ(拡大サイト)−文部科学省公表

詳細な拡大スケールでの放射能汚染分布地図が見れる

こちらから・・・・http: //ramap.jaea.go.jp/map/

文部科学省のデータ提供サイトは・・・こちら
放射線モニタリング情報



Yahoo!の放射線情報

リアルタイム放射線情報・・・・最新の放射線量データを地図のポイントから
航空機モニタリング情報・・・・・放射能汚染が地図で拡大真参照できる

こちらから・・・Yahoo!の放射線情報




放射線マップ

全国放射線量マップ - NAVER
全国のリアルタイム放射線量マップ(速報版)
文部科学省 放射線量等分布マップ拡大サイト
みんなでつくる放射線量マップ




放射能関連スマホアプリ
スマホアプリ/iPhone スマホアプリ/Android
被 曝量計算
放 射線MAP
放射線 量マップ -関東版-
FoodSafety 食品放射能
県 別最大値
放 射線MAPアプリ
ベ クレル・シーベルト
変 換器
放 射線MAPアプリ
ベ クレル変換
み んなの放射線マップ

み んなの放射線マップ
放 射能測定報告[広告版]





放射線測定機能付きスマホ



ソフトバンクモバイルが放射線測定機能を 内蔵した世界初のスマートフォン(高機能携帯電話)「パントン5」を発売した(2012/7)

PANTONER 5
放 射線量を手軽に測定

GPSで線量と地図位置を表示・・・・










放射線測定器
放射線の正しい測り方/漫画による
生活者の不安を解消するための家庭 用放射線測定器/高性能で7900円の放射線測定器発売
エ ステーが普及型放射線測定器の第3弾 高性能機価格は税込みで1万9800円/エステー
低価格・家庭用放射能測定器/エス テー
放 射線測定器、基幹部品を自社生産 三和製作所/低価格測定器
放射 線測定器/ドスパラ
放射 能測定器/ドスパラ/日本語マニュアル付き
ポケットガイガーKIT/ スマートフォンで放射線計測/関連情 報

価格.com/放射線測定器―価格比較で購入



Copy right Kanagata-Tsushin-Sya