感染症情報及びトラ ベルヘルス関係情報源

神楽坂ぐ








東京地下鉄路線図




















































































































海外の感染症情報及び
ラベルヘルス関連情報源
日本・日本語の
旅行保健・ 感染症情報
その他の旅行保健・
感染症 関連サ イト
各国の保健実態と
感染症の 発生・予防・
治療関係情報
病原性大腸菌
O-157に関する
インターネット情報源
病原性大腸菌O-104
CJD:クロイッツフエルト・
ヤコブ病 情報源
狂牛病ーBSE関連情報源

口蹄疫/こうていえき
鳥インフルエンザ(H5N1)
関連情報源/Avian Flu.
Swine flu/豚インフルエンザ
新型コロナウイルス感染症
鳥インフルエンザ(H7N9)―人・人感染
エボラ出血熱
デング熱
ジカ熱
炭そ菌感染 Anthrax

H041/薬剤耐性淋菌
その他の感染症関連サイト RSV/VRE/MRSA
MERSマーズ
West Nile Fever/Virus
NDM-1 Cryptococcus gattii
クリプトコッカス・ガッティ
陰性エイズ/HIV-
Negative AIDS
ノロウイルスと感染予防
ハンタウイルス感染症
RSウイルス感染症
超多剤耐性結核菌
XDR-TB
重症熱性血小板減少症候群(SFTS)ウイルス
感染症の種類と届出
及び届出様式
感染症・トラベルヘルスリンク集 世界各地の時間 重症急性呼吸器症候群SARS
国際感染症発生情報
WHO,Diseases
Outbreak News
国内感染症情報/
 国立感染症研究 所
外務省 国別保健
医療事情
















海外の感染症情報及びラベルヘルス関連 情報源



世界保健機関 World Health Organization
感染症発生情報 Diseases Outbreak News, WHO
WHO 感染症週報 Weekly Epidemiological Record
Global Outbreak Alert & Response Network(GOARN)
(国際的感染症の検知・緊急対応世界ネットワーク)
Epidemic and Pandemic Alert and Response (EPR)), WHO
 (感染症調査・対策部)
Diseases Covered by EPR感染症調査・対策部のカバー する感染症情報
Ebola and other haemorragic fever outbreak, Outbreak News Index,WHO
 (エボラ等出血熱発生情報)
International Travel and Health , WHO(国 際旅行保健情報)
Malaria Database, WHO(マラリアデータベース)
Influenza Surveillance, WHO(インフルエンザ サーベイランス)
Global Atlas of Infectious Diseases/WHO(世界感染症情報)

アメリカ疾病管理センター・アメリカ政府関連機関
Centers for Disease Control,USA(アメリカ疾病管理センター)
CDC Travelers' Health Page,USA
 (Diseases Outbreaks,Geographic Health Recommendations)
 (感染症発生情報、予防接種、地域別保健注意勧告)
CDC: Guidelines and Recommendations for Immunizations
(アメリカ疾病管理センター予防接種ガイドライン・勧告)
U.S. State Department Travel Warnings and Consular
Information Sheets
 (アメリカ国務省、旅行警告・領事情報)

Travel Medicine Program/Health Canada
(カナダ保健省旅行保健プログラム)

世界の医療 事情 /外務省 - Ministry of Foreign Affairs of Japan

海外赴任者センター/海外医療情報/予防接種サイト - トラベルクリニック





日本・日本語の旅行保健・ 感染症情報



感 染症情報/厚生労働省
感 染症発生動向調査について /厚生労働省
わ かりやすい感染症Q&A/厚生労働省
海 外での感染症予防について
/厚生労働省
海外渡航者 のための感染症情報/厚生労働省検疫所(感染症発生情報、
 病気予防、海外渡航と予防接種等)
厚生労働省成田空港検疫所(海外感染症情報、病気にならない留意事項)
外務省 世界の医療事情/国別保健医療事情
感染症情報センター/国立感染症研究所
国 際医療研究センター国際感染症対策室/国立国際医療研究センター(海外旅行と予防、
 質問など)
感染症発生 動向調査週報 (IDWR) - 国立感染症研究所
AMDA 熱帯医学データベース
 (感染症別病態・病原菌及び治療関連情報)
日 本感染症学会ホームページ
海 外勤務健康管理センター/JOHAC 労働者健康福祉機構(健康診断・予防 接種、
 海外勤務者のための医療・衛生情報、海外提携友好病院案内等)
国別 の状況と対処法/JOHAC日本語で受診できる施設の案内など
東京産業保健総合支援センター/海外勤務者の健康管理
海外勤務者の 健康管理ハンドブック - 海外勤務と健康.org
海外赴任者の健康管理/ 海外勤務者の社会保険

海外旅行と寄生虫病
感 染症予防法
動物由来感染症 /厚生労働省
日 本でのマラリアの治療相談場所
全国の医師会提供感染症サーベイランス情報
各地の感染症情報(地方感染症情報センター一覧)





その他の旅行保健・感染症関連サ イト



フ ランス パスツール研究所
 Pasteur Institute,France
イギリス感染症センター
 Center for Infections/Health ProtectionAgency, UK
UNDP/World Bank/WHO熱帯病研究・訓練特別プログラム
 Special Programme for R/T for Tropical Diseases
  (熱帯医学・感染症関連リンク充実 )
アメリカ エモリー大学感染症部
 Emory University,Division of Infectious Diseases
リバープール大学熱帯病学部
 Liverpool School of Tropical Medicine
ハー バード大学保健学部
 Harvard School of Public Health
インターネット MedWEB Plus/疾病別
 MedWeB Plus: Diseases and Conditions
Tulane University, Department of Tropical Medicine
WHO マラリアデータベース Malaria Database, WHO
アラマダ旅行予防接種センター
 Alameda Travel Vaccination Center

Mapping Malaria Risk in Africaアフリカにおけるマラリアリスク地図

ネイチャー/ 科学誌
 NATURE: Weekly Journal of Science



TOP




インターネットでアクセスする各国の保健実態と感染症の
 発生・予防・治療関係情報




各国の保健実態




国際協力機構 国別生活情報

The World Factbook(CIA世界国別情報)


U.S. State Department Travel Warnings and Consular
Information Sheets
 (アメリカ国務省、国別旅行警告・領事情報)

Pan American Health Organization


CDC: Health Information for Travelers to Southeast Asia
アメリカCDC東南アジアへの旅行者に対する保健情報
東南アジア保 健・生活統計データベース
Asian Studies WWW Virtual Library/アジア各国情報

Travelling Abroad/Dept. of F.A Canada
カナダ外務省国別情報



感染症の発生・予防・治療関係情報


感染症発生情報 

WHO: Outbreak News
WHO: Ebola and Other Virus Outbreaks
WHO: Weekly Epidemiological Record
CDC: Diseases Outbreaks
Outbreak News/ WHO
外務省 海外安全ホームページ
海外感染症情報/国立感染症研究所

感染症の病態・予防・治療関係情報

AMDA 熱帯医学データベース
(感染症別病態、病原菌・ウイルス、治療方法 )
CDC Travelers' Health Page,USA
access to the CDC Prevention Guidelines
access to the VACCINATION CERTIFICATE REQUIREMENTS

CDC: Health Topics A to Z/Information by diseases and health topics
感染症等疾病別情報

Special Programme for Research and Training in Tropical Diseases

CDC: Guidelines and Recommendations for Immunizations
(アメリカ疾病管理センター予防接種ガイドライン・勧告)

マラリアデータベース(WHO-TDR)



感染症・トラベルヘルスインターネット情報源のリンクサイト



Resources for Travelers/CDC

Resorces/ Traveler's Health /CDC

Resources for Travel medicine (Travel Medicine
recommendations, Travel Warning Information, Background
Information)



世界 各地の時間

World Time Server
World Clock
Time Ticker




病原性大腸菌O-157に関するインターネット情報源

Centers for Diseases Control and Prevention Home Page
1. Escherichia coli Infections/E. coli
2.MMWR : Index - Search keyword " O157:H7"
 MMWRの検索

一次・二次医療機関のためのO157感染症治療マニュアル
(厚生労働省)

腸管出血性大腸菌Q&A/予防・治療/厚生労働省

E. coli/FoodSafety.gov


病原性大腸菌O-104に関するインター ネット情報源

腸管出血性大腸菌(EHEC)感染患者の急増に関する
注意喚起について/在ドイツ日本大使館
ドイツにおける腸管出血性大腸菌(EHEC)感染症の
アウトブレイク/国立感染症研究所

EHEC outbreak in Germany

CDC/
Notice to Health Care Providers ― Shiga Toxin-producing E. coli O104
(STEC O104:H4) Infections in U.S. Travelers Returning from Germany

Investigation Update: Outbreak of Shiga toxin-producing E.
coli O104 (STEC O104:H4) Infections Associated with Travel
to Germany

CDC - HEALTH ADVISORY - Notice to Health Care
Providers ? Shiga Toxin-producing E. coli O104 (STEC O104:
H4) Infections in U.S. Travelers Returning from Germany

FDA statement on E. coli O104 outbreak in Europe
Robert Koch Institute: Outbreak of haemolytic uremic
syndrome (HUS) caused by bacterial infection


欧州で大腸菌O104感染拡大


TOP



CJD:クロイッツフエルト・ヤコブ病情報源



クロイッツフエルト・ヤコブ病/詳細な解説
クロイツフェルト・ヤコブ病/国立感染症研究所
クロイツフェルト・ヤコブ病(Creutzfeldt-Jakob disease:CJD)/Wikipedia

変 異型クロイツフェルト・ヤコブ病に関するQ&A/厚生労働省
厚生労働省 CJD調査報告
クロイツフェルト・ヤコブ病感染予防ガイドライン
医師から都道府県知事等への届出基準
クロイツフェルト・ヤコブ病と届出要件解説

クロイツフェルト・ヤコブ病(Creutzfeldt-Jakob disease:CJD)/症状・病型

クロイツフェルト・ヤコブ病感染予防ガイドライン

英国におけるクロイツフェルト・ヤコブ病統計

Creutzfeldt-Jakob disease - NHS Choices

Creutzfeldt-Jakob disease
Creutzfeldt-Jakob disease/Wikipedia
Creutzfeldt-Jakob disease (CJD) /neurology channel

Mortality from Creutzfeldt-Jakob disease and related disorders


CJD: The UK Creutzfeldt-Jacob Disease Surveillance Unit

Creutzfeldt-Jakob disease Prevention - Mayo Clinic

Creutzfeldt-Jakob Disease/WHO

Creutzfeldt-Jakob Disease Foundation Inc.




狂牛病ーBSE関連情報源

国内の関連サイト

農林水産省ー家畜衛生のページ―対策、世界での発生情報、Q&A
農林 水産省動物検疫所

厚生労働省
厚生労働省牛海綿状脳症 (BSE)関連ホームページ
牛 海綿状脳症(BSE)Q&A

国立精神・神経センター神経研究所疾病研究第七部/日本における牛海綿状脳症 (BSE) 対策について、いわゆる全頭検査の意義、羊肉の感染性、英国における変異型CJDの
 頻度等

日本獣医学会(動物の病気)
牛海綿状脳症(BSE):現状と問題点/日本獣医学会

農研機構ー狂牛病情報サイト


外国の関連サイト

世界保健機関 Transmissible Spongiform Encephalopathies(TSE)/WHO
Bovine spongiform encephalopathy (BSE)/WHO

アメリカの関連サイト

Bovine Spongiform Encephalopathy (BSE), or Mad Cow Disease/CDC

Bovine Spongiform Encephalopathy (BSE)/FDA
US Department of Agriculture/BSE Page
Bovine Spongiform Encephalopathy (BSE)/US APHIS
NINDS Transmissible Spongiform Encephalopathies Information Page
Transmissible Spongiform Encephalopathies (TSE)/State of
New Jersey,USA

イギリス政府関連サイト

BSE - Food Standards Agency/イギリス

BSE: how to spot and report the disease - GOV.UK

Introduction to Bovine Spongiform Encephalopathy /DAERA

その他の狂牛病情報サイト

世界保健機関狂牛病情報サイト
US Department of Agriculture/BSE Page アメリカ農務省
 狂牛病情報サイト


狂牛病情報サイト・リンクサイト

国民生活センター/狂牛病関連リンク/地方公共団体サイトにもリンク

The Official Mad Cow Diseases Home Page-狂牛病関連リンク
が充実−専門家向き






新型インフルエンザ A(H5N1)/Avian Flu.関連情報源
(鳥インフルエンザ)



WHO Information on Avian Flu.:世界保健機関情報
Influenza at the Human-Animal Interface (HAI)
Disease Outbreak News/Out break info. on Avian Flu.
WHO Influenza Info. :Avian Influenza
Avian and other zoonotic influenza/Media centre/WHO
WHO Influenza Info. :Avian Influenza in China/WPRO
WHO WPRO Avian Influenza Situation Updates/WPRO
Human infection with avian influenza A(H7N9) virus – China

CDC Information on Flu: Avian Flu./アメリカ国立疾病防疫センター
Avian Influenza
CDC:Influenza

World Organization for Animal Health/世界動物保健機構
AVIAN INFLUENZA Portal

FAO/世界食料機関
ANIMAL HEALTH/AVIAN INFLUENZA

Thailand タイ
Latest Avian / Bird Flu News/ Thailand

国立感染症研究所/感染症情報
高病 原性鳥インフルエンザAvian influenza
鳥インフルエンザについて、国内情報
鳥インフルエンザQ&A


厚生労働省等
新型インフルエンザ関連情報/厚生労働省
鳥インフルエンザに関する情報/厚生労働省/関連通知、取組状況等
鳥インフルエンザに関するQ&A/厚生労働省
鳥インフルエンザに関するQ&A/国立感染症研究所
内閣府食品安全委員会:鳥インフルエンザについて/食品の安全性等
インフルエンザ/東京都感染症 センター/通常のインフルエンザ関連情報/
患者発生、流行予測、予防接種、ウイルス等
高病原性鳥インフルエンザQ&A(東京都)


農水省等
鳥インフルエンザに関する情報/農水省/防疫指針、発生状況等
鳥インフルエンザ緊急総合対策/鳥インフルエンザ対策に関する関係閣僚
 による会合/官邸
鳥インフルエンザ緊急総合対策について
国内における高病原性鳥インフルエンザの発生について/農林水産省
高病原性鳥インフルエンザQ&A / 農研機構
鳥インフルエンザのワクチンによる防疫と清浄化/農研機構
高病原性鳥インフルエンザ/農研機構

新型インフルエンザ等対策ガイドライン - 内閣官房

インフルエンザA(N5H1)の取り扱い基準/香港医事管理局資料の和訳
/岐阜市医師会/感染症の臨床像等

鳥 インフルエンザニュース集/Yahoo!ニュース


Isolation of Avian Influenza A(H5N1) Viruses from Humans --
Hong Kong, May-December 1997


H5N1に関する各種情報リンク
Influenza A (H5N1)/Updated Information, Information from Media,
Information on Virology



鳥インフルエンザ(H7N9)―人・人感染

2013年4/1にWHOにより人に感染する鳥インフルエンザであることが確認された
2013/4/25に中国に渡航・帰国した台湾人が感染していることが判明したが、
これまで判明の感染ルートの市場や生肉に接触したことが無いことから、人・人感染が
疑われるケースである
厚生労働省は、H7N9を指定伝染病に指定するとともに、検疫伝染病にも指定した
日本政府は、人・人感染を前提にワクチンの製造開始を決定した
H7N9は豚にも感染することから、人・人感染のレベルに到達していると考えるのが
妥当である
死亡率が2割を超える致死率の高い新感染症であることから、最大の感染国である中国への
渡航禁止、食品の輸入は停止するのが妥当であろう―観光旅行、修学旅行などは論外
なお、中国は隠蔽・大嘘つきの国であるので、公表される実態は信用するには全く値しない―
事態は公表されたものよりも深刻と受け止めるべきである―人・人感染を隠ぺいしている
可能性が高い(2013/4/25)

2014年に入り、 中国でH7N9の感染が急増する中で、家族間での人・人感染の疑い例が
増加している。記事


鳥 インフルエンザA(H7N9)について/厚生労働省

インフルエンザA(H7N9)特集ページ/国立感染症研究所

Human Infections with Novel Influenza A (H7N9) Viruses/CDC/USA

H7N9亜型 /Wikipedia
厚 生労働省が「指定感染症」に指定
中 国における鳥インフルエンザA(H7N9)への対応について/内閣府


感染症の範囲及び類型について/厚生労働省




Swine flu/豚インフルエンザ/Swine influenza A (H1N1) /
2009 H1Ni

Swine Influenza (Flu)/CDC
2009 H1N1 Flu ("Swine Flu") and You/CDC
Vaccine against 2009 H1N1 Influenza Virus/CDC

CDC Flu - Official Site

Influenza-Like Illness in the United States and Mexico/WHO

CNN/Swine flu infection in USA


豚インフルエンザ/

ブタインフルエンザに関するQ&A/厚生労働省
新型インフルエンザに係る豚肉の安全性について/厚生労働省
豚インフルエンザについて/農林水産省
豚インフルエンザの概要/ 農研機構

豚インフルエンザについて - 日本旅行医学会

新型インフルエンザ等対策ガイドライン - 内閣官房


メ キシコ及び米国におけるインフルエンザ様疾患の発生状況について/
 厚生労働省
豚インフル、1月からの死者1000人に ブラジル 写真1枚 国際ニュース

豚インフルエンザ関連情報/Yahoo!



新 型コロナウイルス感染症

新 型コロナウイルスによる感染症の発生について/厚生労働省
中東呼吸器症候群(MERS) - 国立感染症研究所
コ ロナウイルス(HCoV-EMC)重症感染症/感染症研究所
Novel coronavirus infection/WHO
新 型コロナウイルスの情報
重 症急性呼吸器症候群
新 型コロナウイルス感染
サウジアラビア、カター ルでの新型コロナウイルス感染症について




超多剤耐性結核菌XDR-TB

多剤耐性結核 - 日本老年医学会

MDR-TB( 多剤耐性結核)
多剤耐性結核菌 – Multiple Drug Resistance tuberculosis

XDR-TB( 超多剤耐性結核 )
XDR-TB(超多剤耐性結核) - 結核予防会結核研究所
広範囲薬剤耐性結核菌(XDR-TB)について/東京都感染症情報センター


WHO/TB
Emergence of XDR-TB/WHO
Frequently asked questions - XDR-TB/WHO

Extensively Drug-Resistant Tuberculosis (XDR TB) /CDC
TB /Fact Sheets /Multidrug-Resistant Tuberculosis (MDR TB)
/CDC
Drug-Resistant TB/CDC

Emergence of Mycobacterium tuberculosis with Extensive Resistance
to Second-Line Drugs --- Worldwide, 2000--2004/MMWR/CDC

Treatment for tuberculosis

Extensively drug-resistant tuberculosis




炭そ菌感染 Anthrax

炭そ(炭疽)について
炭疽 - 日本獣医学会
東京都感染症情報センター /炭疽 anthrax
炭疽菌感染症の症状と治療法について : HOT NEWS / 日本薬学会
生物・化学戦(BC)の対処法(生物)/炭疽菌(Anthrax)

Basic Information/Anthrax / CDC
WHO/Anthrax

Anthrax fact sheet - Factsheets / NSW Health


アメリカ政府機関サイト
Anthrax: US Food & Drug Administration
 炭そ菌:アメリカ食品医薬品局ー炭そ菌の概要、関連サイトリンクが
 充実

CDC(US Centers for Diseases Control and Prevention)
Emergency Preparedness & Response/Bioterrorism
バイオテロに関するアメリカ疾病管理センターの専用サイト
 公衆衛生緊急事態への予防対策と対応
 ー最新患者・感染者数データ、該当郵便局及びメール施設
   運用にかかるCDCの公式助言声名、CDCの公衆衛生危機に
   おける役割、医薬品の国内貯蔵情報、医療保健機関データ
   ベース、炭そ菌情報等 、FAQ'S about Anthrax

WHO's Site 世界保健機関
WHO/ Anthrax
WHO / Guidance on anthrax: frequently asked questions
Guidelines for the Surveillance and Control of Anthrax in Humans and Animals/WHO

イギリス
Anthrax: guidance, data and analysis / GOV.UK

炭そ菌の細菌学
Bacillus anthracis and anthrax
 炭そ菌に関する細菌学的解説

炭そ菌の疫学
World Anthrax Data SiteーWHO協力センターによる世界での発生
                  状況資料

日本語関連サイト
 厚生労働省ー「国内の緊急テロ対策関係」ホームページ
 厚生労働省ー国内でのテロ事件発生に係る対応について
 厚生労働省ー病原性微生物等の管理の強化について
 厚生 労働省ー「炭疽が疑われる患者の診療のポイント」について
 国立感染症研究所ー感染症情報 センター  
 

日本医師会ー米国における同 時多発テロ事件に関連して
 CDC発表関連資料の日本語訳、日本医師会の関連通知、
  関連感染症資料(感染症の診断治療ガイドラインから)

炭そ菌関連リンクサイトー炭そ菌





RSV/VRE/MRSA

RSウイルス感染症とは / 国立感染症研究所
RSウイルス感染症Q&A(平成26年12月26日)/厚生労働省
RSウイルス感染症の症状・治療・予防法 [子供の病気] All About

バンコマイシン耐性腸球菌:国立感染症研究所 感染症情報センター
バンコマイシン耐性腸球菌感染症 - 国立感染症研究所
東京都感染症情報センター/バンコマイシン耐性腸球菌感染症
VRE院内感染防止対策

MRSA感染症 /国立感染症研究所
MRSA感染症の治療ガイドライン - 日本感染症学会
感染症法に基づく消毒・滅菌の手引き
感染対策と消毒のポイント:在宅ケアにおけるMRSA

Respiratory Syncytial Virus Infection (RSV)/CDC
Respiratory Syncytial Virus Infections | RSV / MedlinePlus
Respiratory Syncytial Virus (RSV) Infection-Topic Overview/ WebMD

Vancomycin-resistant Enterococci (VRE) /CDC

Vancomycin-Resistant Enterococci - NCBI / National Institutes of Health
Vancomycin-resistant Enterococci (VRE)

CDC/MRSA

Infection Control in Healthcare Settings/CDC
Infection Control Guideline
Infection Control Manual:MRSA/Yale-New HavenHospital
Guidelines for Control of MRSA
MRSA Guidelines for Long Term Care Facilities (LTCF)



West Nile Fever/Virus(西ナイル熱)

ウエストナイル脳炎(熱)ってどんな病気? / 三重県感染症情報センター
ウエストナイル熱・脳炎 /国立感染症研究所
ウエストナイル熱・脳炎Q&A /国立感染症研究所
ウエストナイル熱について/厚生労働省/ウエストナイル熱の診断・治療ガイド ライン、
 ウエストナイル熱・脳炎Q&Aについて等
ウエストナイルウイルス/解説、診断・治療、世界での分布等/国立感染症研究 所
ウエストナイル熱について/日本医師会/診断治療ガイドライン等
年末年始における海外での感染症予防について/厚生労働省

WHO/West Nile virus
CDC/West Nile Virus
Symptoms & Treatment | West Nile Virus / CDC
USGS/West Nile Virus
Department of Health & Mental Hygiene, N.Y.City/West Nile Virus





Severe Acute Respiratory Syndrome (SARS)重症急性呼吸器症候群

WHO Outbreak Report(世界保健機関、感染症発生報告)
WHO SARS(世界保健機関、SARS FAQ 最新情報)
WHO/FAQ on SARS

CDC: Severe Acute Respiratory Syndrome (SARS)/FAQ,Clinical
Guidelines & Recommendations/News Updates
(アメリカ国立疾病管理センター、FAQ、感染症発生報告及び
 診断・治療等ガイドライン、最新情報)-医療関係者必見

MEDLINEplus/SARS Latest News (アメリカ国立衛生研究所、
 メドラインプラスーSARS最新情報)

Health Canada/ Information on SARS(カナダ保健省、
SARS最新情報、QA、 保健緊急勧告、カナダに入国・
出国する旅行者のスクリーニング)

Severe acute respiratory syndrome (SARS) /
Health and Safety Executive (HSE),UK
(イギリス、保健・医療関連専門家あてSARS情報)

国立感 染症研究所(重症急性呼吸器症候群緊急情報)

東京都 感染症情報センター(重症急性呼吸器症候群)



SARSの診断・治療関連

症例定義・管理指針・退院観察方針

国立感染症センター/WHOによるSARSの症例定 義、管理指針、
退院及び退院後の観察方針医療関係者必見!!!!

報告基準

原因不明の重症急性呼吸器症候群の報告基準/福井県医師会

診療用管理指針

重 症急性呼吸器症候群(SARS)管理指針/日本医師会

日医ホーム>感染症危機管理対策 室>医師向け、対応周知情報/日本医師会

重症呼吸器症候群(SARS)の管理指針/福井県医師会の例


SARS管理指針及び院内感染対策ガイドライン等


SARS診断キット

SARS 原因ウイルス検出キット提供開始/タカラバイオ


一般の予防・対応関連情報

感 染症情報ンター/一般家庭での予防対策等がわかるページ

重症急性呼吸器症候群(SARS)/海外安全相談センター,外務省


SARS(重症急性呼吸器症候群)の情報源/リンク集



MERS マーズ

MERSマーズ/Middle East Respiratory Syndrome 中東呼吸器症候群

中東呼吸器症候群(MERS:Middle East Respiratory Syndrome)は、2012年に初めて
確認された新しいウイルス性の感染症である
原因となるウイルスはMERSコロナウイルスである
ラクダが感染源と言われている
2003年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS(サーズ))の原因となった病原体も
コロナウイルスの一種であるが、SARSとMERSは異なるウイルスによる感染症である
主な症状は、発熱、せき、息切れなどであり、下痢などの消化器症状を伴う場合もある
MERSに感染しても症状が現われない人や軽症の人もいる
特に高齢者や糖尿病、慢性肺疾患、免疫不全などの基礎疾患のある者は重症化する傾向にある
死亡率は約40%―WHOによる
感染は飛沫感染・体液による感染による―飛沫感染するので空気感染対応に近い管理が必要である
潜伏期間は2日から2週間である―期間が比較的長いのが感染拡大に影響する
CDCの見解で感染力は弱いとされていたが、韓国では病室内で患者から10mの距離で
10分間暴露された医師が感染しているので、感染力は弱くは無い―病室の換気状態にも
よるが・・・
感染を予防するには、マスクの着用と手洗い・うがいの励行などがある―風邪と同じ予防策
流行地域には行かないのが重要である−韓国やサウジアラビアなど中東
他で危険なのが中国―MERSが発生しても隠蔽されるため
韓国で病院で感染が拡大したのは、医療機関が飛沫・空気感染感染症の対応ができない低レベル
の感染症対応能力と感染発生病院を隠匿したことによる感染拡大を実質放置したことによる
―初期対応の完全な失敗であり、韓国の保健福祉省には感染症対応能力が無い―無能で杜撰
また、感染の発生病院を当初公表していないのは、サムスン病院などの大病院が含まれていたので
官民癒着による配慮?からと考えられる―感染防止・国民の命より癒着利権の保護が大事な社会なのだ
韓国での感染拡大状況―2015/6/17時点で死者20人、感染者162人、隔離観察対象者6500人以上
韓国では病院の閉鎖が発生している
特効薬は無い―治療は対症療法になる
なお、韓国でのMERSの感染拡大により、観光産業をはじめとして破滅的状態となっている
このため、韓国の売春婦が商売にならないので日本に流入する可能性がある−すでに日本には
定常的にに3-5万人の韓国人売春婦がいると言われている―法務省・警察庁のお仕事だ


MERS/Middle East Respiratory Sndrome 中東呼吸器症候群/国立感染症研究所

MERS/WHO

中 東呼吸器症候群(MERS)に関するQ&A|厚生労働省

韓 国における中東呼吸器症候群(MERS)への対応について

MERS の診断治療法/感染症学会

MERS 感染関連情報/国立感染症研究所

MERS 感染関連情報/厚生労働省検疫所

中 東呼吸器症候群(MERS)の定義,臨床的特徴及び届出基準

MERS コロナウイルスによる感染症の発生/外務 省海外安全ホームページ

FORTH:中東に渡航する方へ  <中東呼吸器症候群に関する注意>

鹿 児島県/「中東呼吸器症候群(MERS)」について

韓国、 MERS感染100人超す 外交・経済に影響 :日本経済新聞

MERS 感染者―感染チャート





ノロウイルスと感染予防

ノロウイルス食中毒の予防に関するQ&A/厚生労働 省/PDF

ノロウイルス/国立感染症研究所
ノロウイルス感染症

ノロウイルス感染症とその 対応・予防(家庭等一般の方々へ/国立感染症研究所

ノロウイルス(ノーウォーク様ウイルス、SRSV)による感染性胃腸炎について

食中毒を起こす微生物 ノロウイルス/「食品衛生の窓」東京都福祉保健局

ノロウイルス対応標準マニュアル/「食品衛生の窓」東京都福祉保健局

感 染性胃腸炎(ノロウイルスを中心に)東京都

感染性胃腸炎(ノロウイルスを中心に)

ノロウイルスにご注意!/日本医師会

ノロウイルス感染症について/群馬県

ノロウイルス(感染性胃腸炎・食中毒)対策 〜冬は特にご注意を!

ノロウ イルスによる食中毒を御存知ですか? /佐賀県感染症センター

ノロウイルス感 染防止対策

ノ ロウイルスに感染したら・・・/PDF


専門家向け情報

ノロウイルス感染症/詳細な解説/国立感染症情報センター

ノロウイルス(SRSV)-RNA同定 Norovirus-RNA detection/
三菱化学メディエンス

社会福祉施設等におけるノロウイルス対応標準マニュアル/
東京都福祉保健局

Guidance on Infection Control in Schools and Nurseries
(学校・介護施設における感染症予防ガイド)
Guidance on infection control in schools and other child care settings



ハンタウイルス 感染症

ハンタウイルス肺症候群
ハンタウイルス肺症候群 (Hantavirus Pulmonary Syndrome, HPS)
ハンタウイルス感染症(腎症候性出血熱、ハンタウイルス肺症候群)Hantavirus Infection
ハンタウイルス感染症(腎症候性出血熱、ハンタウイルス肺症候群) Hantavirus Infection
ハンタウイルスは何ですか?
海外移住とハンタウイルスの分布

WHO/Hantavirus diseases
Hantavirus: MedlinePlus Medical Encyclopedia
Hantavirus/CDC
Hantavirus Symptoms, History, Transmission & Treatment - MedicineNet
Hantavirus pulmonary syndrome/Mayo Clinic
Hantavirus Infections: MedlinePlus



 エボラ 出血熱

  

エ ボラ出血熱とは - 国立感染症研究所
エ ボラ出血熱|厚生労働省
エボラ出血熱に関するQ&A/厚生労働省
エボラ出血熱について /東京都福祉保健局
エボラ出血熱に ついて | 活動ニュース | 国境なき医師団日本
エボラ出血熱に対する未承認薬の効き目や副作用は?

エボ ラ出血熱から回復した男性と性交渉した女性がエボラに感染し発症/CDC

エボラ出血熱、西アフリカでの流行に至った「最初の感染源」とは(研究結果)

WHO | Ebola virus disease (EVD)
Ebola Hemorrhagic Fever | CDC
Ebola Update/CDC
Travelers' Health:Ebola/CDC
Ebola Guidance for Airlines/CDC
Spread of Ebola Outbreak
Ebola Virus: Symptoms, Treatment, and Prevention - WebMD
Ebola | MSF USA - Doctors Without Borders
Ebola virus and Marburg virus Prevention - Mayo Clinic

Possible Sexual Transmission of Ebola Virus/CDC



エボラ出血熱の特徴・・・・・・・

早急な治療が重要

 エボラ出血熱の致死率は90%に達することもあるが、医療関係者によると、
現在の致死率は70%程度で、助かった人々は早急に治療を受けていた。
今のところワクチンも治療法はない
 治療としては、点滴を行い、2週間体力を持たすことに限られる

他の病気と似た症状

WHOによると、エボラ出血熱の初期症状は発熱や頭痛、筋肉痛、喉の痛みなどで、
マラリア、腸チフス、コレラなどと見分けにくい場合がある

体液を通じてのみ感染

エボラ出血熱のウイルスは空中には浮遊しない。感染するのは、感染者の血液、
汗、嘔吐(おうと)物、尿、唾液、精液などに触れた場合だけだ。
専門家によると、他人に感染するのは患者の具合が悪くなってからで、
それまではたとえ症状が現れ始めても感染力は高くない。
(from The Wall Street Journal)

エボラ出血熱に有効な薬剤−可能性
富士フイルムの 「ファビピラビル」
Ebola Drug From Japan May Emerge Among Key Candidates

シェラレオネ等3カ国を中心とす るエボラ出血熱のアウトブレイクの終息
2016/1にWHOが終息を宣言した―ただし、今後の発生はあり得るとしている
2013/12からの感染者数は2万8千人、死者数は1万1315人に上った

今回のエボラアウトブレイク感染爆発の 原因・・・・・

小地域(クゥポドウ村)での感染発生を発生国シェラレオネの保健部門が早期段階で把握出来なかったこと
小地域を封鎖して地域にウイルス感染拡大を抑え込めなかったこと―最初の発生を
把握し治療を行った国立病院(Dr.Khan)からの感染発生地域の封鎖要請をシェラレオネ政府が無視したこと
WHO,CDC等の世界レベルの感染症対策機関がアウトブレイクの早期把握と
以後の感染拡大抑制と治療対応について効果的な対処をしなかったこと―特にWHOの
無能ぶりは万死に値する




 デング熱・デング 出血熱

感染症情報セン ター デング熱
デ ング熱に関するQ&A|厚生労働省
デング熱と重 症型のデング熱について (ファクトシート)/厚労省検疫所
東京都感染症情報センター » デング熱 Dengue fever
デ ング熱|病気の解説|海外旅行と病気.org

Dengue/CDC
Dengue Fever/WebMed
Dengue/WHO
Dengue Fever/Mayo Clinic
Dengue Fever/MedicineNet
Japan tackles first dengue fever outbreak in 70 years/BBC
Tiny invaders bring pain to popular Tokyo park



代々木公園 周辺で感染?デング熱、新たに19人

東京の代々木公園と その周辺でデング熱に感染―感染蚊が生息
代々木公園、明治神宮、渋谷、原宿が感染危険地帯に・・・
どうなる若者の繁華街


厚労省や専門家が、蚊の行動範囲が狭く、生存期間も短いと言って感染拡大は無いようなことを
言っていたが、なんのことはない、あっという間に126人(2014/9/16)のデング熱感染者が発見された
しかも、これらの患者は代々木公園内だけでなくその周辺でも蚊にさされている
これら感染者は全国17都道府県に及んでいる
実は、感染蚊は数も多く、蚊の行動範囲は意外に広いのではないか−お役人のいうことは聞かない
とすると、代々木公園に絞りたいお役所の思惑どおりにいかず、周辺の渋谷や原宿の
繁華街、それに、超高級住宅街の松濤にも感染蚊がいる可能性がある
東京都は公園で蚊の捕獲をしているが、公園の周辺地域でも行う必要がある―広がりが怖いので
やりたくないのだろうが・・・
NHKホールに行ったら、蚊に刺されてデング熱はしゃれなにならない
NHKの放送センターは代々木公園のすぐとなりだ―NHKの職員からデング熱患者が出るかもしれない―
と思ったら、本当に2名の職員が感染した
代々木公園では多数の人が集まるイベントが行われているが、これは中止すべきだ―この時期にイベントへ
行く人は馬鹿だ
毎年、渋谷や原宿でデング熱に感染することとなったらどないすんのや・・・・近寄れないぞ・・・


厚労大臣はデング熱は軽い病気のようなことを言っているが、 それは違う
デングウイルスに再感染すると重症化することが多いので、要 注意の感染症だ
代々木公園、明治神宮、原宿、渋谷などのの感染地域とその近 隣に近 づいてはいけない


2014/9/4、ついに代々木公園が閉鎖になった・・・
買い物も命懸けだ

代 々木公園の大部分閉鎖−広範囲でデング保有蚊/10箇所中4箇所で感染蚊



新 宿中央公園でもデング熱感染者を確認―2014/9/5―公園の一部を閉鎖
横浜の公園(海の公園)でもデング熱感染者が蚊に刺されたことが判明−2014/9/5―公園の一部が閉鎖
比較的近い新宿御苑も閉鎖になった−2014/9/6
都 内に来ていない千葉市男性、デング熱感染 全国的流行の可能性も?―2014/9/9
都内の青山公園でも感染―2014-9-10


デング熱の拡散が止まらない― 東京はデング熱汚染都市だ
千葉の感染ケースで全国拡大か

なんで厚生労働省や東京都は馬鹿なの か・・・感染症対策のど素人?!

蚊の属性が全くわかっていない
デング熱が発症したときの特に明確な症状の特徴を国民に説明していない
徹底した防疫をおこなっていない
ウイルス感染者に対する感染拡大を防止するための注意をしていない
感染拡大したら保身のため大した病気ではないことを強調するという嘘を言っている−原発の
 放射能汚染と同じだ
デング熱は日本で感染拡大しないとたかをくくっていた― なめていた

また、アメリカなどでは感染症対策の行政部門には、大学・研究所等で感染症を研究し、国内外で
感染症の臨床経験のあるものを部門の責任者やスタッフに雇用しているが、日本の役所は、
厚生労働省や東京都でも、たいして臨床経験が無く、また、感染症の専門家でもないものを
感染症対策の行政部門に配置している(しかも2-3年で異動する)ので、感染症対策を適切・タイムリー
に行うことを期待するのはどだい無理なのだ―以前、日本のこのような状況についてアメリカの行政
部門の責任者に笑われたことがある
厚生労働省の担当官が記者会見で説明しているが、アメリカ基準でいえば、この人たちは
とんでもない素人なのだ―今回の件でいえば、デング熱の症状と危険性、医療機関へのかかり方、
持病と注意事項、服用している医薬品の注意事項、媒介する蚊からの防護と駆除策などを
まとめてわかり易く説明していないことからも治療・臨床を含めた知識・経験がないのがよくわかる

蚊は50mが生息範囲などという原則知識で対応している−3日すれば150mで活動する
ちなみに、今回、公園南部から北へ800m先で感染が確認されている −1000m近く移動している
このため蚊の採取を公園の南部を中心に行っている−少なくとも半径1000mの範囲で行うべき
―感染蚊の活動範囲の実態がつかめない―防疫が後手にまわることになる
冬になれば安全のようなことを言っているが、蚊は、建物や地下街なとの温度のある場所で
生存することも注意が必要だ―都会はそのような場所が多数ある

蚊の駆除を公園の南部を限定的におこなったが、少なくとも半径1000mの広域で実施すべき
これには、明治神宮全域はもちろん、渋谷・原宿の市街地も含まれる

蚊は、建物内や地下街で生存することが考えられるので、このように場所でも蚊の採取と駆除
活動を行うべきである

ウイルスに感染し発症した人は、他の場所で蚊に刺されて感染蚊を増加させて感染を増やすことがある
このため、発症してから予後も一定期間は、蚊に刺されるような場所に行かないように
行動に注意する必要がある−アホの厚生労働省はこのようなことも国民に注意すべきだ

厚生労働省はデング熱は大した感染症ではないことを強調しているが、これは嘘であり、特に、
乳幼児、体力のない子供や高齢者には危険な感染症である

そして、デングウイルスに再感染すると重症化するのでその危険性を周知するととも に、
再感染時の危険性を回避するためにも最初の感染をしないように国民に注意すべきである
最大の予防は感染地域に近づかないことである


デング熱は・・・・・・・・・・・・・・・・・

症状・・・
「デング熱」は、蚊に刺されてから3日〜14日(通常は4〜7日)の潜伏期間の後、高熱(38〜40度)・
頭痛・眼窩痛・関節痛・筋肉痛・発疹などを発症する
約1週間で熱が下がり、予後は一般的に良好な感染症である

「デング出血熱」は、原因は同じデングウイルスであるが症状は重く、デング熱の症状である熱が下がり
始めたころ(2から7日後)、循環障害と出血があり、消化管出血・呼吸困難などでショック状態
に陥ることがある

治療・・・・
デング熱及びデング出血熱に対する根本的治療法は無い
熱を下げることや水分の補給などの対症療法が行われる

予防・・・
デング熱に対する予防接種は無い
予防としては、デングウイルスを媒介する蚊が生息する地域では蚊に刺されない工夫をする
こととなる―東京もこれに該当することとなった

代々木公園を中心とした都内のデング熱国内感染事例発生について/東京都感染症情報センター




デング熱の感染―特徴的症状はこれだ・・・・・・・・

1,38 -40度の高熱に頭痛をともない倦怠感がある
2.特徴的な症状が、目の奥のあたりで強烈な痛みがあること だ―
眼窩痛という
  ま た、激しい関節痛や筋肉痛がある
3.激しい下痢がある
4.毛細血管に出血がみられる こともあるー毛細血管の出血の関連で目が充血することがある
5.歯茎からの出血や鼻血がでることがある−場合によっては輸血を必要とすることがある
6.更に、高熱の後、手や足など体に小さな紅 斑の発疹が多数あらわれる

厚生労働省は軽い症状のようなことを言っているがこれは大嘘である

また、風邪やインフルエンザとは全く異なる症状なので迷うことはない

このような症状があったら、即刻、医療機関にかかろう
医師にはこれらの症状を詳細に説明しよう
蚊に刺される機会があったか、その日にちや場所を説明しよう−感染の把握に必要
また、自分の持病と服用している薬を医師に伝える必要がある−糖尿病の持病があると危険、
出血を助長することになる薬剤があるので要注意

デング熱は再感染すると重症化するので危 険・・・・・・・・・・・・・・・・・・

デング熱は再感染では重症化する
よって再感染では命の危険もある

頭痛等があっても簡単に頭痛・鎮痛薬を飲むの は危険 だ・・・・・・・・・

ア セトアミノフェン以外の解熱鎮痛薬を服用すると、血小板の減少を促進し、出血を助長する
ことがある
市販薬等でアスピリンを含む薬は、出血症状を悪化させるので 服用してはいけない

素人判断で頭痛薬等を飲んではいけな いので要注意だ

厚生労働省は、大した感染症ではない などと嘘をついてい ないで、このような薬剤の服用の
危険性も国民にきちんと周知し注意を喚起すべきだ

CDC - Symptoms & Treatment - Dengue



デング出血熱は危険・・・・・・・・・・・・・・


原因は同じデングウイルスであるが症状は重く、デング熱の症状である熱が下がり
始めたころ(2から7日後)、循環障害と出血があり、消化管出血・呼吸困難などでショック状態
に陥ることがあるので、特に子供などでは生命に危険がある
抵 抗力の弱い高齢者なども要注意だ


最大の予防法は・・・・・・・・・

感染蚊のいるところやその近辺に行かないことだ
東京のケースでは、代々木公園はもちろん、近辺の明治神宮、渋谷、原宿には
行かないのがベストだ
新宿中央公園でも感染者がでたので、この公園と近辺の新宿は感染危険地帯だ

特に都心の公園には行くな

服装は・・・長袖、長ズボンを着用する

感染地域での防除・予防対応は・・・

発生場所とその周辺の蚊の薬剤散布による防除―相当の範囲まで行う―日本のやり方は
 範囲が狭すぎる
発生場所とその周辺における蚊が発生するあらゆる水たまりの防除−幼虫防除薬剤の投入と
 水たまりの除去
缶などの水たまりを作るごみも徹底して撤去する―清掃の定期実施
この対応は地域・住民の協力も得て実施する−近隣オフイス・世帯での対応も重要
今回の厚生労働省と東京都の対応をみると素人レベル−蚊媒介感染症対策の専門家がいない

厚生労働省と東京都は感染症対応で全く無能−
不完全な対応が後手後手に回っている


厚生労働省・東京都はデング熱の治療について適切な指示・周知をしていない・・・

前記のようにデング熱の治療で解熱・鎮痛剤の処方を間違 うと症状を悪化させる
これについて、厚生労働省や東京都は医療機関・医師に治 療上の注意を周知・指示していない
このため、患者の命を危険にさらしている
これは国民にも周知すべきだ―市販薬が日本では簡単に買えるからだ
なぜ指示をしていないかというと実際の治療の知識・経験が感染症対策行政をしている担当官に
無いからだ−
ど素人が行政をしているということだ−まさに糞みたいな話だが
しかし、これが日本の保健医療行政のレベルなのだ



家族に感染者がでたときは・・・・

患者は医療機関に速やかにかかることが必要だ
解熱剤や鎮痛剤等には症状
―出血を悪化させるものがあるので、高熱や頭痛などでも素人判断で
市販薬なとを服用してはいけない―とにかく医療機関を受診しよう
デング熱は人間から人間に直接感染は しない
なお、家の中に蚊がいると家族等に感染するので、まず、 家の中の蚊を蚊取り線香などで
駆除することが必要だ−以降も、蚊が家に入り込まないよ うに注意が必要
窓の網戸は必須だ―窓・ドアは開けっぱなしにしてはいけない−日本はデング熱感染国に
なったというだ
日本は過去には日本脳炎で騒いだが、今度はデング熱だ

デング熱感染国で行われているように、日本でも、蚊がわかないように家の周囲などで
注意し対応する必要がある―ボウフラがわくような水たまりの撤去・消毒や器などの撤去、
ベランダでも同様の注意が必要だ
網戸など蚊を家の中に入れない対策が必要だ

なぜ感染の拡大が止まらないか・・・教えてあげる

蚊にさされてデング熱のウイルスに感染しても50%くら いしか発症しない
これが感染拡大の防止上は大問題なのだ
潜伏感染者が外国から来たり、国内で感染したものが、国 内のあちこちで
蚊にさされて、蚊にウイルスをううつすことになる
そうすると思わぬところでデング熱感染が発生することに なる
東南アジアでは、根本対策としては、感染を媒介する蚊を 撲滅するしかないとして
蚊の発生を防止する対策を講じている
しかし、それでも大量の患者発生を見ているのか現状だ


媒介する蚊・・・

デング熱媒介蚊の生態(東南アジアを例 として)

ネッタイシマカ 画像

 ネッタイシマカは日本にはいない、今後は温暖化でわからないが・・・

ヒトスジシマカ 画像

 ヒトスジシマカは、沖縄県から東北地方まで広く分布している―温暖化のため北上している
  この蚊が日本でデング熱を媒介している



デング熱を防ぐ外国政府のキャンペー ンを見よう・・・・・・・・・・

例えば、シンガポールでは同国の環境省がホームページでキャンペーンを
やっている
参考になるので見てみよう―英語ページだが、ブラウザの翻訳機能で日本語化すれば
なんとかわかる

同国では、蚊が増えるのを抑制するため、家庭に検査員が来て、蚊が増えるようなもの(水だまり)が
無いか検査している−違反していると罰金が科される

http://www.dengue.gov.sg/

「みんなでやればデング熱はやっつけられる」





ジカ熱

蚊(シマ蚊)により媒介され感染する感染症である
厚生労働省は2016/2/15に四類感染症に指定―医師に保健所への届け出義務

中南米で特に流行している
ブラジルも深刻な流行地域である
感染は北米にも拡大しており、アメリカ、カナダでも感染者が出ている

感染すると発熱、発疹、頭痛等があるが他の疾患との区別は難しい―致死的な感染症ではない

8割は症状がでない―これが大問題―知らないうちに感染が拡大 することになる
症状がでないことが多いので空港などでの検疫では防ぎようがない
日本でも感染が拡大する可能性はある−特にブラジルのオリンピック後が要注意

重要―性交渉でジカ熱が感染することがアメリカのCDCにより確認された―
     
テキサス州での感染ケース
     性交渉や針刺しなどの血液経由による人間間の直接感 染の可能性
     がある
            ブラジルで献血による感染が確認されている

予防薬、治療薬は無い―2016/2時点
どうしても感染地域に行くときは蚊に刺されないように注意するしかない
妊婦は感染地域に渡航しない方が ベターである―妊婦が感染すると子供が「小頭症」 になる
可能性がある―ブラジルでは小頭症が激増している

日本での専門医療機関・・・
ジカウイルス感染症専門医療 機関/日本感染症学会


ジ カ熱について |厚生労働省
ジ カ熱(Zika Virus Infection)/国立感染症研究所
ジ カ熱について@福岡県保健環境研究所
中 南米地域におけるジカ熱の発生(妊娠予定及び妊婦の方は特にご注意ください。)/外務省
米 大陸で感染拡大「ジカ熱」について知っておくべき事実

Zika Virus/WHO
Zika Virus/CDC
Symptoms, Diagnosis, & Treatment/Zika Virus/CDC




 口蹄疫/こうていえき

口蹄疫について知りたい方へ:農林水産省
口蹄疫 /家畜疾病図鑑Web - 農研機構
口蹄疫に関する情報/農林水産省/防疫措置などが掲載されている
口蹄疫は人に感染するか
近年、英国、韓国および我が国で 発生した口蹄疫について

宮 崎県で発生した口蹄疫について



NDM-1

What is superbug NDM-1? / Medical News Today
Q&A: NDM-1 superbugs
NDM-1とは - 東京都感染症情報センター
薬剤耐性菌の感染で初の死亡確認




Cryptococcus gattii

高病原性クリプトコックス症(Cryptococcus gattiiによるクリプトコックス症)
について
Cryptococcus gattii によるクリプトコックス症 - 国立感染症研究所
米北西部で発見された致死性の空中浮遊真菌が拡大の可能性

C.gattii Infections | Fungal Disease / CDC
Cryptococcus Gattii - BC Centre for Disease Control




陰性エイズ /HIV-Negative AIDS

中国騒然!陰性エイズ日本上陸 コンドームで防御できず?

Information on Negative HIV Test Results/
Dept of Health, NewYork
Understanding Your Test Results - AIDS.gov
Difference Between HIV Positive & HIV Negative




 H041/薬剤耐性淋菌

セファロスポリン系抗生物質に耐性、日本で発見
薬剤耐性淋菌
ESC耐性淋菌H041株
日本発・薬剤耐性をもつ淋病の怖さ
セファロスポリン耐性 淋菌
Cephalosporin Susceptibility Among Neisseria gonorrhoeae Isolates
--- United States, 2000--2010
性感染症 診断・治療 ガイドライン - 日本性感染症学会




RSウイルス感染症

RSウイルス 感染症
RSウイルス感染症
RSウイルス感染症
RSウイルスはや流行  赤ちゃんはご注意 感染研




重症熱性血小板減少症候群(SFTS)ウイルス

重症熱性血小板減少症候群(Sfts) - 国立感染症研究所
重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に関するQ&A/厚生労働省

重症熱性血小板減少 症候群(SFTS)患者の国内での確認状況
重 症熱性血小板減少症候群に関するQ&A
「重症熱性血 小板減少症候群」の恐怖と対処法
中 国での血小板減少症候群の流行
重症熱 性血小板減少症候群(SFTS)






その他の感染症関連サイト



感染症の種類と届出時期および様式
感染症法に基づく医師及び獣医師の届出について/厚生労働省
感染症法に基づく医師及び獣医師の届出について/届出基準と感染症名/厚生労働省
東京都感染症情報センター /届出基準および届出様式(疾患別)
感染症分類と届出基準・届出様式/三重県
届出基準が変更されました(平成26年9月19日適用)
感染症発生動向調査 /東京都福祉保健局
院内感染症サーベイランス入門

院内感染予防対策マニュアル/東京都福祉保健局
ズーノーシス(人獣共通感染症)
ペット由来感染症




 







都道府県別地方新聞・県庁ホームページ








印刷・本作りの基礎から電子出版まで広範囲の実務知識


4ワープロソフトを対比式で

Excel 2010/2007とExcel 2000-2003
がまとめてわかる



Kanagata-Tsushin-Sya Company
Location: 5-15-6, Minami-Azabu, Minato-ku, Tokyo 106-0047 Japan
E-mail: Mail
Top







Copy right reserved:Kanagata-Tsushin-SyaCompany,TokyoJapan