金融機関の利用などで問題が生じたら、
生じそうになったら・・・・・・・・・・





日にちごとの詳細なメモを作成・・・・・・・・・・

金融機関側の対応を日にちごとに詳細に記録したメモを作成しよう


関連する書類等・・・・・・・・・・・・


関連する書類等は全て保管する




金融機関の利用などで問題が生じたら、
まず、その金融機関の本店に申し出よう



支店で問題が生じたら、その金融機関の本店に申し出て対応を依頼するのがよい

支店と話をしても、らちが明かないことが多い

支店は、保身で内々に処理しようとするのが一般的である

その金融機関全体で取り組んでもらわないと改善しないことも多いのである

それでないと問題の根本は解決しない

申し出る場合、経緯を詳細に記録したメモで実態を示すとともに、その証拠となる
資料があればその写しを示す必要がある




金融機関の利用などで問題が生じたら
金融庁へ申し出よう




金融機関の利用やサービスで問題が発生したら、速やかに、
金融庁に申し出ましょう



また、金融機関の検査や指導は、地方単位では、財務局が担当しているので、
各地域の財務局に申し出ても良い

金融庁は、次のホームページのように金融機関の情報提供を要望している

金融機関の本社・本店に申し出ても、保身と事なかれ主義で、申し出を握りつぶすことが
多いので、金融庁に申し出ることをお奨めする

特に、支店に問題を指摘しても、握りつぶされて、その金融機関で全社的な対応をすべきものが
隠されてしまうことが多いと考えられる




金融庁・・・・こちら


(C)金融庁ホームページから





金融庁のモニタリング制度は、金融機関の利用者からの積極的な申し出を期待している
と考えられる
なぜならば、問題を報告することは、ひいては、金融機関の重大犯罪である不正融資や
行員による預金の横領などを防止するきっかけとなるからである
信頼性の高い金融機関を作ることに役立つのである
金融庁は、おそらく、モニタリングの指摘を参考にして、検査対象とする金融機関の選定も
行っていると思われる


不当表示の問題もある・・・・・・・・・・・・・・・・・



不当表示は、ホームページのみでなく、金融機関のバンプレットや他の広告媒体での
表示にもかかわるものである


金融庁・・・・こちら


消費者庁・・・・・ホームページ



表示に関すること・・・・こちら







金融機関の対応で問題があると思ったら、その詳細をすべて記録しておくこと―
月日ごとに記録する

資料類は全て保管すること

送付するものはコピーを保管するとともに、デジカメやスマホで写真を撮っておくこと
―コピーはスキャナーがあればスキャンして保管する

これらを、その金融機関の本店及び金融庁に申し出るときに整理して使用する



金融機関に対応するときに注意するのは・・・・・・・・・・・








金融機関の検査・監督について





 より核心をつく指摘が行える

 

金融機関の検査・・・・・


金融機関の検査は金融庁・財務省財務局が実施している

どのような検査が実施されるかは、次の資料を見るとよくわかる

金融検査と は?/東北財務局

金融検査マニュアル/PDF

金 融検査マニュアル/Wikipedia

金融庁検査、新方針は「形式」だけではNGに―
新たな「金融行政方針」は実質的効果を追求
/東洋経済


金融機関の監督・・・・・・・・・・・・・


金融機関に対して金融庁がどのような監督をしているかがわかる

金融機関が相談・苦情等を受けた場合の対応の仕方もこれで明示されている

主要行等向けの総合的な監督指針
/金融庁

中小・地域金融機関向けの総合的な 監督指針 /金融庁



















































このページへのご意見などは・・・・

 MAIL