無料ソフトウェア集




マイクロソフト社のOffice 2010のリリースに伴い、OfficeのWord, Excel , PowerPointなどがネットで使用できるように
なりました。正規のソフトに比べると機能は一部制限されています。

サービス名は、Office Onlineです。
これは、無料で使用できます。

利用するためには、同社が無料で提供しているマイクロソフトアカウントに登録して利用者になってIDを交付されてい
ることが必要となります。―すでに同社の他のサービスの利用でアカウントを持っていれば、それを使用できます。

Office OnlineはOneDriveのサービスと連携して提供されていま す。

Word, Excel , PowerPointは無料でその機能が利用できることとなり、パソコンにOfficeがインストールされて
いなくても利用操作ができるものです。

つまり、パソコンにOfficeの最新版がインストールされていなくても、これらのファィルを受け取ったら表示したり、操作ができる
わけです。














Office Onlineを新規に利用する



Office Onlineのサイトをブラウザでアクセスする

こちらをクリック

次の画面が表示される

「今すぐ使い始める」をクリックする



次の画面が表示される



スクロールすると利用できる機能が表示される

次のソフト・機能が利用できる



ここでは、Wordを利用することとする

Wordをクリックする




サインインが表示される

Microsoft アカウントでログインする
アカウントを持っていないときは、取得する―無料


「Microsoft アカウントでサインイン」をクリックする




マイクロソフトアカウントをすでに登録して持っている場合・・・

ID(メールアドレス)とパスワードをキーインして、「サインイン」をクリックする

ログインできる




マイクロソフトアカウントを持っていないとき・・・・

画面右下の「・・・作成出来ます」の「作成」をクリックして登録画面で登録するー無料






新規登録画面はこれ・・・




登録したらID(メールアドレス), パスワードをキーインしてログインする






Office Onlineのソフトを使う



Wordを使 う・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Wordをクリックする




サインインが表示される

Microsoft アカウントでログインする
アカウントを持っていないときは、取得する―無料

「Microsoft アカウントでサインイン」をクリックする




マイクロソフトアカウントをすでに登録して持っている場合・・・

ID(メールアドレス)とパスワードをキーインして、「サインイン」をクリックする

ログインできる





Word文書を作成などする・・・・・・・・・・


Word画面が表示される

右側にOneDriveに保存しているWord文書が表示される

これを開くときは文書名をクリックする




新規Word文書を作成する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新規作成をクリックする




新規Word文書が表示される

文字をキーインしたり、画像を貼り付けたりして作成する



文字をキーインする



画像を挿入タブをクリックして挿入する



画像を選択し挿入する









画像が挿入された




作成したWord文書を保存する

「ファイル」をクリックする



名前を付けて保存ーをクリックする



保存場所を指定する

ここで新規フォルダを作ることもできる



名前を付けて「保存」をクリックする



保存された




Office Onlineのメニューに戻る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サービス一覧ボタンをクリックする



利用するソフト等をクリックする





Excel文書を作成する・・・・・・・・・・・・・・・・


ログインした場合は、「Excel」をクリックする



他のソフト等を利用していて、サービス一覧を表示したときはExcel Onlineをクリックする




Excelが表示される

OneDriveにあるExcel文書が画面左側に表示される
これを開くときは文書名をクリックする




Excelの新規文書を作成するときは新規作成をクリックする




新規のexcel文書が表示される



Excel文書を作成する



合計を計算する

データをマウスで選択して「オートSUM」をクリックする



合計が計算された



グラフを作成する



グラフの種類を選択する




作成された




Excel文書を保存する

「ファイル」をクリックする



「名前を付けて保存」の「名前を付けて保存」をクリックする



保存先を指定する




名前を付けて「保存」をクリックする



保存された



Office OnlIneのサービス一覧を表示する

サービス一覧ボタンをクリックする




利用したいソフト等をクリックする




OnlineOfficeのExcelで関数を使用してみると・・・・・

ここでは統計関数―標準偏差の使用例を図解する


標準偏差を計算するデータを用意する




「挿入」の「関数」をクリックする



関数のカテゴリで「統計」を選択する



標準偏差の関数を選択する

ここでは、データが母集団全体としてSTDEV.Pを選択している

OKをクリックする



対象のデータをマウスで選択する

式の後に「)」を入れる




標準偏差が計算されて表示される





PowerPoint文書を作成する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ログインした場合は、「PowerPointをクリックする



他のソフト等を利用していて、サービス一覧を表示したときはPowePoint Onlineをクリックする




操作法は省略―PowerPointのソフトの操作法と基本的には同じ―機能制限あり





Office Onlineを再び利用操作する



Office Onlineのサイトをブラウザでアクセスする

こちらをクリック

次の画面が表示される

「今すぐ使い始める」をクリックする



次の画面が表示される



スクロールすると利用できる機能が表示される

利用するソフト・機能をクリックする




サインインして利用操作をする




保存したOneDriveを開く



Windows 7では・・・・・・・・・・・・・・

スタートボタンをクリックしてMicrosoft OneDriveをクリックする



または、エクスプローラでOneDriveをクリックして開く



OneDriveの内容が表示される




Windows 10の場合・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タスクバーのエクスプローラアイコンをクリックする



OneDriveをクリックすると内容が表示される




そのなかの保存先フォルダをクリックして開く

Office OnlIneで作成して文書が保存されている








































Copy right reserved 2010-2014-2016