経済産業省の官僚が原発利権を確保するために行う計画停電による恫喝―893がいるのは霞が関だ




真の節電は・・・・



 1.電気製品をとにかく買わない−買わないとそれを生産する電力まで節約される
   持っている電気製品の量をとにかく減らす

   買ったみたけど要らなかった家電 /生活に必需のもの以外は不用品だ

  ミキサー,ヘアアイロン,豆乳作る機械,電気脱毛器具,食器洗い機,蒸気で汚れを取る機械,高圧洗浄機,
  家庭用プラネタリウム,ワッフルメーカー,ワインセラー,マッサージクッション,たこ焼き器,電動モップ,
  電動スライサー,ゆで卵機,泡だて器,普通の乾電池用充電器,

 2.電気製品を買うときは、小型で電力消費の小さいものを購入する、
   大型や余分な機能は不要−量販店やTVショッピングのだましに乗らない

 3.電気製品を持たない・使わないを生きがいにする−楽しくなる

 4.使わない電気製品はすべて捨てる

 5.電気製品は国内生産されたものは買わない−国内の生産のための電気消費が低減される
  −特に、関東や関西、中部の工場で生産されているものは買わない

 6.電気を使わないものに切り替える−クーラー、扇風機はやめて団扇(うちわ)にする

 7.暑いときは自宅でクーラーを使用せず、近くの図書館などで過ごす−
  自宅では夜のみ使う−電気代の節約にもなる

 8.節電を効果的に行うには、電気使用量(消費電力)の多い大型電気製品を売らないようにすればよい−販売台数を減らす
  ―そのためには、例えば、400リットル以上の大型冷蔵庫は消費税を30%にするなど税率を変えればいいのだ
    逆に200リットル以下の小型冷蔵庫は3%などに下げると効果的だ−貧乏人を助けるので税の逆進性も緩和される
    LED電球など節電効果により消費税は3%か非課税にする―普及を推進できて節電にもなる
    他の電気製品も製品種ごとにその電気使用量で一定以上のものは30-50%の消費税をかける
    また、効果なんてない美容関連の電気製品は電気使用量にかかわらず50%の消費税をかける

9.スマート家電を流行らせようとしているが・・・全くの不用品だ−そんなものにする必要は無い−金がかかって電力を浪費するだけ

 −液晶テレビもボロボロの投げ売り状態で、日本の家電メーカーは大赤字で、みんな経営破たんに突進している
  ソニーもパナソニックも倒産しそうだ
  日本の家電メーカーは世界でなくてもやっていける状況なのだ
  売り物もないので、苦し紛れに、冷蔵庫やエアコンやなんでもかんでもスマート家電化しようと必死になってきた
  スマート家電化して価格を上げて、面倒で電力消費を上げるようなことをしている
  こんなバカメーカーだから倒産寸前になるのだ
  消費税の大増税の時代に対して効果のない、というより、余計な機能のスマート家電なんか買うわけないだろう
  電力節約なら、単機能の低消費電力製品が第一だ−それよりも余計な電気製品を買わないのがベストだ

10.テレビの放送時間を1日5時間に制限して、全国のテレビ受信機を使う時間を大幅削減する―
    電力が全国で大幅にカットできる
   くだらない番組ばかりなので、放送時間を制限しても何の影響もない―放送時間を減らしたほうが番組の
    質の向上に役立つ
   衛星放送は放送を取りやめる、地上デジタルのチャンネル数を減らす―韓国のドラマやショッピングの
    放送は不要なので大幅減はできる
   局数・チャンネル数を減らせば放送側の節電にもなる―ネットで情報をとる時代なのでテレビの役割は終わっている






 夏や冬の電気使用量が危機の時間帯は全テレビ放送を停止する―これが最も効果がある
 5-6時間はテレビ放送が無くても何の支障もない−災害が発生したらその時だけ緊急放送すればよいのだ



企業で生産活動まで制限を受けているのだからテレビ放送の停止くらいはやれよ
マスコミ自身のことだろう、自分たちですぐにもやれるぞ

10.国家と地方の公務員数を全体で3割削減する―パソコンの使用台数が大幅に減るので節電になる
  オフィスも削減できるので照明、エアコンなどの電力が大幅に節電できる
  (また、公務員数の3割削減をすれば、消費税の増税も不要になる)

電気量販店やテレビショッピング業者が言っていることは大嘘なのです−

 いらないものまで買わせようとしている
 テレビや冷蔵庫も価格の高い容量・サイズの大きいものを買わせようとしている
 −これらは、電気消費量は大きいのだ








電気の基本契約アンペアス数を下げよう−60Aから30Aで基本料金半額



電気の基本契約電気量を下げると基本料金が下がる
例えば、東京電力の場合、基本料金は、60Aだと月1638円だが、30Aだと月819円と半額になる
同時にアンペア数の大きい電気製品を使用しなければ契約アンペア数は下げられる−同時に電気製品の持ち方や使い方も変えよう
契約アンペア数の1.25倍までは余裕度が見込まれていて、契約アンペアを超えてもすぐにブレーカーは落ちない
電気を使用する節電の意識が高まり電気の使用量が減る効果もある

主な電気製品の平均的アンペア数・・・・

エアコン 10A
冷蔵庫 1.5A
炊飯器 12A
洗濯機 12A
掃除機 13A
テレビ 3A
電気ポット 9A
電子レンジ 14A


契約アンペア数は下げるとき、60Aを超える契約の時は費用がかかる
60A以下の契約であれば、無料である
なお、アンペア数の変更をしたら1年間は変更できない

夜間の低価格な電気を利用する契約を活用する・・・関西電力の例





家庭での節電のポイント



家庭での節電の要点は次ではないでしょうか


エアコン・・・・・最近のエアコンに買い替える

 最近のエアコンの消費電力は画期的に低下している
 数年前の1000Wが400-500Wになっている
 エアコンによる電気使用量は家庭では大きいので、経済に余裕があれば買い替えよう
 暖房器具は1000-1200Wを消費するが、最近のエアコンは、エアコンを暖房に使った方が半分の消費電力で済む

消費電力をよく見よう・・・



エアコンのその他の節電効果・・・

 設定温度を少し上げる(夏の場合)―27,28度を目安として
 フィルターの掃除をこまめにする
 室外機に日陰をつける、室外機の後ろを空ける(斜めにするなどして)
 カーテンを引いて、日が入るのを減らす―室温を上がらないようにする
 暖房には、ヒーターよりも、最近のエアコンを使うと電気消費量は1/2になる


照明・・・・・LED蛍光管・LED電球に買い替える

 LED蛍光管・LED電球は消費電力が半分から数分の一になるので買い替えよう
 価格はこれから低下するので様子を見て買い替えをする
 LEDに替えるのは、よく使用する部屋のものだけでよい―価格が高いので全部の電球を買い替えるのは不要だ
 
 具体的な切り替えの仕方は・・・・



照明のその他の節電効果・・・・

 不要な照明はこまめに消灯する
 装飾用の照明は電球を外す
 廊下などは電球のW数を小さいものにする

冷蔵庫・・・・・小型を買う、最近の省電力のものに買い替える

 24時間、365日、モーターが動いているので年間電気使用量はばかにならない
 冷蔵庫はできるだけ小型のものを購入しよう―都会では、毎日買い物に行けば、大容量の高い冷蔵庫は不要だ
 最近の省エネ対応のものは消費電力が年間300kw以下である−これを購入しよう―小型で省エネが購入のポイント

年間消費電力量をよく見よう・・・・



冷蔵庫のその他の節電効果・・・・

冷蔵庫の後ろは放熱のため適当なスペースを空ける
むやみにドアを開閉しない
冷蔵庫の設定温度を少し下げる―強を中や弱にする
冷蔵庫に物を詰め込まない―冷蔵庫に入れる必要のない調味料などは入れない


環境省は、省エネ・節電のため、白熱電球の製造中止を業界に指導している
そこまでやるのならば、大型冷蔵庫などの大型家電の製造中止や、役にも立たないくだらない電化製品の開発・製造の中止を指導すべきだ



  

経済・産業統計情報源も充実収載




原発だ自然エネルギーだと大議論になるほどの危機なら、こんなものは
全廃・改善して電気の消費を徹底して削減せよ・・・・・・・・・・




ネオンサインの全廃−日本全国で全廃する、醜悪なだけだから
橋やビル、塔などの外部照明を全廃−無くても支障は無い、電気の無駄遣い
自動販売機の全廃−店舗で販売されれば代替されうるので社会的に支障は無い
あらゆるクリスマスイルミネーションの禁止−これをやらなくても社会的に支障は無い
夏場の午後0-3時のテレビ放送の禁止−ピーク電力の低減のため−テレビ放送はくだらない番組ばかりで
 電力供給危機に放送しなくても何の支障もない−全国のテレビが使用停止されるので効果は大
 −災害の緊急放送のみ自動起動で対処できる
パソコンの消費電力の半減化−これに対応していないパソコンは販売禁止にする−会社のものは
 多数の台数が勤務時間中電源が入れられているので、強制的に切替させる―日本で販売できるパソコンは
 制限最大消費電力を設定する
電気機器別に一定以上の消費電力のものは販売禁止にする―大型の冷蔵庫等や意味の無い電気を食う機能を
 禁止にする―業務用は別枠、ただし、これには別途追加課税する―税収は再生可能エネルギー対策に使う
パチンコの営業時間を制限する―午後4時以降午前0時までにする―守らないと営業停止処分にする
―危機のときに単なる射幸のためのものは制限されて当然
特にエアコンについては、用途面積別に消費電力制限を設定する―日本では効率の悪いエアコンを販売禁止にする 
産業関連建物の照明はすべてLEDに制限―新築は建築許可の条件、既設は年数を設けてLED切替措置―
 すべて企業の自己負担―期間以降も切り替えないときは別途課税―税収は再生可能エネルギー対策に使う
住宅用建物の新築でLED照明をすべて装備したときや太陽光発電を設置したとき、エネルギー効率の高い施工に
 したとき等は、不動産取得税を1部減額―減税措置する





ところで節電はマジにやる必要があるものなのか・・・・・



なぜこんなことを全国でやらせているかというと・・・

原発事故で、「くず」だとわかった経済産業省と電力会社が組んで、原発を再稼動するために
国民を「恫喝」をしているに過ぎない

例えば、関西電力は、供給可能電力量の計算で、企業などの自家発電による供給電力をわざと計算に入れなかったり、
揚水発電を少なく見積もるようにしているのだ―他の電力会社も経済産業省の幹部の指示で同じことをしているのだ

これは、経済産業省の指示で、同省から天下りしている関電の幹部がリードして供給能力を低くして、原発を
再稼働しないと計画停電になるように見せかけているのだ

原発が事故でぼろぼろであるが、これを停止して廃炉に持ち込まれては困るので力でそれを
阻止してて原発は必要だと言うことを思い知らせようとしているのだ−経済産業省と電力会社は
原発でわかったように「大嘘つき」でいわば社会の「くず」だからこのようなことを思いつくのだ

おそらく、最大の電力供給量というのは完全なでたらめで少なめに出してきている−全面停電の
危険をあおるためだ−正確と言うならば、内訳を明確・詳細に示せばよい
原発事故にみるように両者ともに隠蔽は得意なのでたっぷりと隠し電力量はあるはずだ

問題はピーク時電力量であるので、せいぜい午後1-4時の時間帯だけの消費量をみんなで少し
節約すればいいだけのことなのだ−全体の量を15%カットなど全く必要のないことだ
特に大口に個別に時間消費の調整を依頼すれば足りることなのだ

全国民運動のようなことを仕組むこと自体がばかげていることでまさにペテンなのだ

この時間帯以外や夜間には思いっきり電気を使えばいいのだ
曜日で工場の稼働時間を変更したりしているが、ご苦労なことだ−曜日に関係なく、午後1-4時の
消費量の節約だけでいいのだ

こんな馬鹿な全国的節電などをやっていると、景気は悪くなり、企業は海外にでてゆき、
もちろん、日本に進出して来る会社などはなくなる−やらなくてもよいことを原発維持のためにやって
経済や雇用を疲弊させるだけだ−馬鹿に付ける薬はないのだ






エアコンの節電

もう扇風機じゃ耐えられない!エアコンの知られざる節電術まとめ

全時間帯を節電しないと非国民のような雰囲気だが、問題はピーク時なので、夏の暑い日の午後1-3時に少し我慢すれば
いいだけのことだ
これ以外の時間帯は、エアコンもしっかりつけるし、テレビ見るし、照明もつければいいのだ
ましてや夜は電気は余っているのでガンガン冷房をしよう―ただし電気代はあなたの負担だけど・・、冷房病にもならないように
あんまり本気になって熱中症なぞになるのは馬鹿なことだ―熱中症になるのはこの原因を作った、経済産業省や電力会社のバカどもが
なればいいのではないか

電気料金を無法的に上げているので、前記のように新しい節電タイプに買い替えが必要だ
低価格のエアコンで、消費電力の低いものが買いだ





パソコンの節電

まず、高い日本製のパソコンを使っていたり、高価なWindowsやOfficeを使っているようではだめだ
パソコンを超低価格のものに切り替えて、OSとOfficeは無料ソフトに切り替えるべきだ
それから省エネ対応をする



節電には次のような方法がある・・・・・・・・・・・・・・・・・

パソコンを使うのを止める―スマホやタブレット端末で用が足りれば、パソコンは使うのを止めて捨てる

社員1人1台のパソコンは止める―2-3人に1台にする―アカウント設定で共有できる

パソコンの電源を入れっぱなしにしない―使うときだけ電源を入れる−特にオフイスではこれが重要

購入するときは、低速・低消費電力の比較的小型のパソコンを購入する、また、節電設定のあるパソコンを購入する

低消費電力のパーツを使ったパソコンを購入する−節電型やエコ対応などの宣伝文句で表示しているもの

 例 低消費電力のCPUを使っている―インテル Pentium G630T 省電力版 プロセッサー、インテルR Core i3-2120T 省電力版 プロセッサーなど
    ハードディスクとしてSSDを使っている―HDDはモーターを回転させているのでどうしても電力を使う、SSDは当然モーターは無いので低消費電力
   大容量のHDDが必要な時は、外付けにして必要な時だけ接続して書き込む―外付けHDDは電源は使う時のみ入れる
   低消費電力対応の電源装置を使っている
   カタログの消費電力表示を確認する

低消費電力パソコンの販売例はこちら(残念ながらこの会社は経営破たん!)

クレバリー社の販売していた省エネパソコンモデルの例・・・・

構成の仕方が参考になる−同社は経営破たんで受注はしていない模様

この類似仕様のものを他のメーカーで買うか、自作すると良い
最新のプロセッサーで省電力版を使う
HDDはSSDにする がポイント

Standard MiniSlim H61-ECO [SMSH61e-12D]

インテル Pentium G630T 省電力版 プロセッサー
[2.30GHz/3MB/IHDG(650M)/DualCore/35W]
ASRock H61M-ITX
[Mini-ITX/H61 Express/USB3.0/SATA3G/LGA1155]
2GB(2GBx1)
[DDR3-1333/CL11/SanMax製]
オンボード (インテルRHD Graphics /メインメモリシェア)
[D-sub/DVI-D/HDMI]
SSD Crucial m4 64GB [SATAIII(6Gb/s)/MLC/R:415MB/s W:95MB/s]
DVDスーパーマルチ
300W電源 [8cmFAN/26.5dBA/80PLUS]
税込\44,800 (\42,667)

Standard MiniTower B75-ECO [SRB75e-12E]

インテルR Core i3-2120T 省電力版 プロセッサー
[2.60GHz/3MB/IHDG2000(650M)/DualCore/HT/35W]
GIGABYTE GA-B75M-D3H
[M-ATX/B75 Express/SATA6G/USB3.0/LGA1155]
2GB(2GBx1) [DDR3-1600/CL11/SanMax製]
オンボード (インテルRHD Graphics 2000/メインメモリシェア)
[D-sub/DVI-D/HDMI]
SSD Crucial m4 64GB [SATAIII(6Gb/s)/MLC/R:415MB/s W:175MB/s]
DVDスーパーマルチ
Huntkey 風音350(Jumper350)
[350W/静音12cmFAN/80PLUS BRONZE/3年保証]
税込\54,800 (\52,191)

Standard mini H77A [SMH77A-12E]

120W ACアダプタ電源採用!
インテルR Core i5-2390T 省電力版 プロセッサー
[2.70GHz/TB:3.50GHz/3MB/IHDG2000(650M)/DualCore/HT/35W]
ASRock H77M-ITX
[Mini-ITX/H77 Express/USB3.0/SATA6G/LGA1155]
4GB(2GBx2) [DDR3-1333/CL9/Kingston製]
オンボード (インテルHD Graphics 2000/メインメモリシェア)
[D-sub/DVI/HDMI]
500GB [SerialATAII]
スリムタイプ DVDスーパーマルチ
120W専用ACアダプター
税込\59,800 (\56,953)

Standard MiniTower Z77-ECO [SRZ77e-12E]

インテルR Core i5-3450S 省電力版 プロセッサー
[2.8GHz/TB:3.5GHz/6MB/IHDG2500/QuadCore/65W]
GIGABYTE GA-Z77M-D3H
[M-ATX/Z77 Express/SATA6G/USB3.0/LGA1155]
4GB(2GBx2) [DDR3-1600/CL11/SanMax製]
オンボード (インテルRHD Graphics 2500/メインメモリシェア)
[D-sub/DVI-D/HDMI]
SSD Crucial m4 128GB [SATAIII(6Gb/s)/MLC/R:415MB/s W:175MB/s]
DVDスーパーマルチ
Huntkey 風音350(Jumper350)
[350W/静音12cmFAN/80PLUS BRONZE/3年保証]
税込\72,800 (\69,334)


パソコンの設定を節電設定にする−マイクロソフト社サイトで操作法の提供あり

パソコン用の節電アプリを利用する

 例 OS関連節電アプリ−マイクロソフト社サイトで提供あり

   パソコンメーカーの提供する節電アプリ/自分のパソコンのメーカーサイトを探す−例 富士通
 
   周辺機器の節電アプリ−IO DATA




参考

Windows PC 節電策 | TechNet

「Windows PC、ちょっとの設定で3割節電」MSが提案──ワンタッチ3割省電力設定ソフトも公開

パソコンのディスプレイをスリープモードにするアプリ『Turn Off LCD』で気軽に節電








今すぐ実行できる節電方法/日本経済新聞

節電:個人の方へのお願い
節電:事業者の方へのお願い
経済産業省節電対策ページ


節電・停電/Yahoo

電力の使用状況グラフ/東京電力
電気予報


電気代節約術
効果的に節電する方法を考える【増補版】
節電の方法
誰でも出来る節電方法一覧
すぐ実行できる簡単で効果的な節電方法


家庭での具体的な節電の方法
ご家庭における具体的な節電方法について|東京電力
家庭でできる節電の仕方
災害時に家庭でできる小さな節電の方法
省エネのコツ!節電編
省エネのコツ!生活編
電気代の節約方法・節電対策
家庭ですぐ出来る 21の節電方法
家電製品の上手な節電方法/Panasonic/電気製品別節電方法
東芝 総合お客様サポート:家電製品の上手な節電方法について
今日からできる!節電小技集(テレビ、パソコン等)


冷蔵庫の節電方法
冷蔵庫を節電する8つの方法
テレビの節電設定の仕方
洗濯機を節電、節水してダブル節約する方法
電子レンジの節電方法をまとめてみる
エアコン 節電 清掃方法

工場・オフィスでの具体的な節電の方法
オフィスの節電方法 [節電方法]
節電の方法(街路灯・商店街灯・防犯灯)

パソコンの電気代・節電の方法について
パソコンの節電方法を教えて下さい。
パソコン関係で節電に協力する方法10個+1つ
パソコンの電気代を節約する方法
節電して Windows PC を使用する方法
今すぐやっておきたいWindowsパソコン節電テクニック
パソコンやサーバーの節電対策、省電力機能など、役立つマイクロソフト サポート技術情報
Dell 誰でもできる 節電・バックアップ | Dell 日本
Macの省エネ・節電方法
HOME-ECO無償版/パソコン節電ソフト
パソコンの消費電力や節電が出来るフリーソフト LocalCooling/ LocalCooling/パソコン節電ソフト
Optimal Green/パソコン節電ソフト
停電に備えてバックアップを取る方法

ウインドウフィルムで緊急節電対策

節電と省エネの効果分析と方法について/ 電力中央研究所


ピーク電力削減策に関する説明会/日本経団連/資料
今夏の電力需給対策に関する労使の取り組みおよび政府への緊急提言
緊急節電について/日本経団連







太陽光発電は今購入するな!!!
発電効率が倍になる発明がなされた―これが製品化されるまで待て

京大の野田進教授(電子工学)らが太陽光発電の能力をいまの2倍以上に高める技術を開発した
これを使ったパネルだと発電効率が倍になるので初期投資の償却が半分の期間でできることになり、
売電も大儲けになる
その仕組みは・・・・


(C)朝日新聞




電力会社と経済産業省がつく大嘘−電力が足りない



原発を再稼働して維持するために大嘘をつく電力会社と経済産業省−ごろつきを罰する法律は無いのか?

電力需要をわざと過大に見積もる
電力供給を意図的に少なく見積もる−他社供給が可能なものを算入しないなど

これは詐欺だ、業務妨害罪だ−刑法犯罪ではないか

電力供給は本当は足りているのに、節電を産業や家庭に強制している−原発再稼働のためにやっていることだ
これが見え見えでばれたのは、関西電力のケースだ
そもそも供給は需要を上回っているので制限などする必要は無いのだ




(C)週刊しんぶん京都民報

更に、大飯原発を再稼働したら、火力発電所を故障したと言って発電を止めている
これは大飯原発で十分に供給は確保できたので、コストのかかる火力はとっとと故障したことにして止めているわけだ
理由もなく止めてはバレバレだからだ
この汚さにはあきれかえる

原発を全廃すると再生可能エネルギーでは安定しないし不足する
当分は原発を廃止できないと言っているのが経済産業省と電力会社の原子力村の人々だ





原発の全廃は簡単だ―メタルハイドレートの利用で一気に解決、電気料金も安くなる






原発が無いと日本の電力供給は成り立たないし、代替エネルギーへの転換も長期間かかるという
宣伝を経済産業省と電力会社がしている
これは原発を維持したいために他ならない
本当に代替エネルギーは無いのか
これがあるんです

日本の周りの海底に、数百年の埋蔵量があるメタルハイドレート、すなわち、メタンガスである
これは本気になれは数年で回収・供給できるようになるたろう

天然ガス利用の火力発電所が使える・・・・
メタンガスなので、火力発電所の天然ガス燃料の施設がそのまま使えるので新規に開発する必要もない
新設しても天然ガス燃料の火力発電所の増設で済む
すでに日本は、天然ガスを利用した高性能の火力発電所は開発済みだ―原発予算を止めれば、
重油や天然ガス利用の火力発電所を効率の良いメタンガス利用の発電所に切替えたり、増設することができる

原発を全廃しても電力供給に問題は無い・・・
メタルハイドレート利用の火力発電所への切り替えや増設で、原発を全廃しても電力供給はなんの問題も
無くなるだろう

電気料金を下げることができる・・・・・
国内生産となるので、為替の影響も無く、低価格で入手できる
このため、電気料金を相当に下げることもできる

地球温暖化に役立つ・・・
メタルハイドレートは、自然に一部が気化しているが、これが、CO2の20倍の地球温暖化への
悪影響を持っている
このため、地球温暖化の防止のためには、メタルハイドレートを発電使い、燃やしてCO2を排出したほうが
温暖化の防止には役立つのだ
また、重油利用の火力発電所をメタンガス利用の火力発電所に切替えれば、更に温暖化に効果がある



太陽発電、風など再生可能エネルギーによる発電は、コスト(国民負担も含め)と時間がかかるし、全時間の安定供給からは問題がある
このため、役人どもは、これを全面に押し出して、原発の全面廃棄には時間がかかる、一部の原発は必要という方向に誘導している

メタルハイドレートの活用(とこの火力発電所)が第一の代替燃料にでてくれば、かなり短期間での日本の原発全面廃棄が可能なることを知っているからだ

原発全廃を阻止して利権を確保するため、糞経済産業省は、わざとメタルハイドレートの開発を迅速にやらないだろう

日本の海洋利権の確保・資源大国化・・・
日本の海洋利権の確保のためにはメタルハイドレートの開発・実用化は迅速に進めるべきなのだ
また、日本は資源大国になることができる

メタルハイドレートの回収と精製技術を輸出できる・・・
メタルハイドレートの深海からの回収と回収したものの精製の技術を世界に先立って開発し実用化すれば、
この技術を輸出したり、海外の資源開発を行うことができる

低価格燃料資源の確保と経済発展・国際競争力の確保・・・
低価格の資源・燃料の確保は日本経済の復興・振興にも当然に役立つ
更に、製造コストを下げられるので、国際競争力で有利になる

国の利益、国民の利益よりも官僚どもは自分の利権(原発予算、天下り先の利権など)の保持が優先なのだ―どす黒いやつらだ


地熱発電を強力にやればよい・・・・・・・・・・・・・・・・

メタルハイドレートが時間がかかるというのならば、それまでの電力源として安定して24時間供給できる地熱発電による発電を強力に推進すればよい

日本は世界有数の地熱資源国なのだ

また、地熱発電設備については、日本は世界のシェアの7割を占めている
つまり、設備を開発して外国に輸出しているのが現状だ

大規模発電設備がいつでも開発し運用できる

これも、原発関連予算を地熱発電施設に振り替えて集中投下すればいいので、予算の有効活用にもなる

地熱は、余熱を地域暖房などに有効活用できるし、化石燃料は使わないので、温暖化防止にもなる
地熱は燃料費がかからないので、電気料金を下げることができる

原発などなくても、地熱とメタルハイドレートで楽勝なのだ




国が原発ゼロで電気代が2倍なるという大ウソをまたついた



2012年9/4の国の「エネルギー・環境会議」でとんでもない政府試算が公表された
これによると、2030年の発電量に占める原発依存度をゼロにした場合に電気代を含む家庭の光熱費が、2010年実績
(1万6900円)比の2倍になるというのだ
最大で月額3万2243円になるというものである

この試算では、太陽光や風力など再生可能エネルギーの普及に約50兆円の累積投資が必要であるとか、電力供給量の約3割が失われ、
火力発電による代替で燃料費が年間約3兆1000億円増加するなどと指摘している

よくまあ、こんなデタラメ試算を国の試算したものとして公表でるものだ
この試算をしたのは、もちろん、経済産業省である
そのねらいは、原発を維持するためで、原子力村の利権を維持するためである

この試算の問題点を指摘してみると・・・・・・

原発の発電コストが最も高いことを隠ぺいしている―

まともに計算した発電コストは「原子力10.68円」「火力9.90円」「水力7.26円」であるとされている―有価証券報告書での試算
このため、原発を維持すると発電コストが最も高くなり、電気料金値上げの要因になる恐れがあるので、原発は一日も早くやめた方が
国民や家計のためなのだ

実際の発電コストは原発以外のものにした方が電気代は安くなるのだ

福島原発の事故処理経費や原発の廃炉コストは、国費で対応して、電気料金に参入すべきものではない
そのようにしないと、電気料金を上げまくっていては、日本の産業の国際競争力は崩壊し、外国企業の誘致など望むべくもない
これぐらいのことを経済産業省が考えなくてどうするのか―大馬鹿なので思いつかないのか?

太陽光や風力など再生可能エネルギーの普及に約50兆円の累積投資が必要というのは嘘・・・・・

累積投資は必要であるが、この投資は発電により回収されて一定の期間以降は、初期投資が回収されて利益がでる
したがって、それが発電コストにそのまま累積され、反映されるものでは全くない―単純にはコストには直接反映する必要が無い
また、太陽光発電は、パネルの発電効率がまもなく2倍になるので(効率が2倍になる発電パネルは基本原理は開発済み―まもなく
製品化される)、発電ストが1/2になり、売電価格は1/2になってもペイするようになる
更に、太陽光発電パネルが普及すれば、コストが更に低下する−これも売電価格の低下、すなわち、再生エネルギーコストを下げる―
つまり、電気料金を下げうることとなる



太陽光発電に限らず、いずれの再生エネルギー発電も同様であり、コストも低下し、発電効率もよくなるので、売電価格が低下して、
電気料金の低下に資する

今後20年間の再生エネルギーの発電コストの低下を考慮していない・・・・・

20年間の再生エネルギーの発電コストの低下は当然に試算に反映されるべきであるが、これが全く反映されていない
再生エネルギーの発電コストは前記のように技術進歩と復旧でどんどん低下していくものである−特に社会的、産業的に
重要なものであればあるほど進歩する

化石系エネルギーの供給・増加と価格の低下を考慮していない・・・・・・・・・・・・・・・・

火力発電は、石油と天然ガスが2大燃料である―外国では一部、石炭もあるが
このうち、天然ガスについては、アメリカなど各国でシェールガスの開発が急速に進んでいるので、供給の増加で燃料コストは
低下していくと予測される

また、中期的には、日本の近海に莫大な埋蔵量のあるメタルハイドレートの開発と発電への活用で、燃料確保の問題が
解消されるとともに、国産燃料であるので、為替の影響も無く、相対的に低価格で供給・確保ができるようになる

メタルハイドレートはメタンガスであるので、天然ガス利用の火力発電所の設備が活用できるので、発電施設を基本的に
変更する必要はないということになる―設備費も低減できる

メタルハイドレートが供給されると、石油と天然ガス価格も低下するので、火力発電のコストが全体として低下することとなる
メタルハイドレートと天然ガスの利用で地球の温暖化防止にも貢献できる

このため、発電コストについては原発を廃止しても何の問題の無いと言える―というよりは、原発を廃止して切り替えた方が
電気代は安くできるということだ




原発をなくすと電力供給量の約3割が失われる問題があるという大嘘・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

天然ガスとメタルハイドレート利用の火力発電の整備と再生エネルギー発電の整備で供給量は確保可能と考えられる
そのまま発電量が消えてなくなり、20年間も補充されないということは全くありえない

また、日本での電気への需要量は中友長期的に低下していく・・・・・・・

人口が毎年50万人近くが減少していく−少子化により―世帯数も減少する
 人口の減少は20年間で1000万人くらいと予測される―正確には社会人口問題研究所の人口将来予測を参照
 これにより、電気需要の絶対量が低下していく

人口と世帯数の減少は商品やサービスへの需要の絶対量の低下を招くので、産業の電気使用量は低下していく

節電機器が大幅に普及する−LEDや省エネ電気機器の普及で電気需要量が減少していく

企業でも同様に節電機器が普及して電気使用量が低下する

企業では、節電型製造設備の普及で電気使用量が低下するとともに、自家発電設備の普及により、電力会社からの
電気使用量が低下していく―工場や商店、オフイスの節電化はさらに進む

製造業の海外移転で産業部門の電気需要は低下していく

このような要因により、電気使用量が減少していくので、原発が無くなり供給量が低下しても何らの支障もない
多少増加しても火力発電の整備と再生エネルギー発電の整備で対応可能である

電気料金は、発電と送電の分離、競争原理の導入で効率化が進展し価格が低下する

これらの様々の要因が影響して電力需要量は、今後、逆に3割くらいは減少する可能性がある



でたらめで大嘘の試算をしても犯罪ではないのであろうか
とっとと、捕まえてはどうか―詐欺罪ではないのか













全国の射出成形金型の会社と工場を網羅した名簿データ












射出成形機の仕様と金型図面

射出成形機の金型図面バックナンバー集
プラ金型事業者・工場名簿

Excel 2013と無料ソフトCalcの対比式図解

 パワーポイントと無料ソフトImpressの図解
パワーポイントの実例図解
印刷の基礎知識・電子媒体作成ノーハウ
初心者がワープロ感覚でホームページ作成

パワーポイント2010の実例図解

Acrobat 11とPDFの活用図解
Acrobat 10とPDFの活用図解
無料ソフトで音楽・動画・DVDを活用
Windows 7で無料ソフトを活用する図解
Windows 7の操作法図解
Word 2010 図解―対比式でわかる
実例図解Access 2007/2010
達人になる―PDF操作法大図解

Word 2013操作図解

実例図解FileMaker Pro 13 & 11 最新版

実例図解無料データベースソフトBase
対比式Excel 2010 操作図解
情報源リンク型の統計用語辞典
10ソフトの操作図解

Acrobat 11とPDFの活用図解
Windowsの無料ソフト活用とLinuxで1万円パソコン
Excelの対比式図解
Excel 2010で統計関数大幅変更







電子メール
弊社へのメールはこちらから

金型通信社

106-0047
東京都港区南麻布5-15-6
TEL/FAX: 03-5447-1651
交通案内/Subway/Car




弊社電話のQRコード:
携帯で読み込み電話できます。