Home/









































































スマホでブラウザで地デジが見れる・・・・・・・・・・・・











スマホ料金比較


まず、docomoなど3大キャリアとそれ以外の料金を比較してみよう

価格.comの比較表を参照してみると・・・・

価格.comスマホ料金比較







(2016/12時点のもの―最新は同サイトを参照 (C)価格.com)




格安スマホ・SIMを利用する



スマホは料金が高くついて貧乏人は大変だ
ネットの通信料が定額でも高い
どうすりゃいいのか

最近、格安スマホが販売され、2015/5からのSIMカードロックの解除で
格安SIMカードが利用できるようになった―これは携帯料金の激減に有効だ

格安スマホと格安SIMカードを組み合わせて激安で使おう


料金削減対応のポイントは・・・

格安スマホを使う
格安SIMカードを使う
格安スマホと格安SIMカードを組み合わせて使う

どのSIMカードでも使える格安のスマホ(SIMフリースマホ)に
格安のSIMカードを入れて使うのが最強の方法だ


2016年時点の価格の相場をみると・・

格安スマホ(SIMフリースマホ)に格安SIMカードを 組み合わせた方法では月額料金は
1500円前後になる

一方、docomo,auなどの大手の携帯電話会社の月 額料金は7000円前後である
これからみると、月額料金は半額以下になる



 通話が多い人は、格安スマホの音声通話のかけ放題がどのようになっているかを確認する
 または、付加的な音声通話低額サービスを利用する
 

格 安スマホに格安SIMカードを組み合わせた方法にすると
利用サービスなどはどうなるか・・・


ネット、電話、アプリの利用は同 様である―LINEなどは使える
携帯電話会社のメールアドレスは 使用できなくなる―無料で便利なGmail, Yahooメールを使えばよい
携帯電話会社の提供サービスが使 えない―通話定額制、家族割、長期契約の端末代割引

それでも激安になればそれで十分


利用の仕方 は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スマホや携帯に詳しい人は・・・・・

格安スマホと格安SIMカードをそれぞれ自分で選択して組み合わせて使うことができる

スマホや携帯に詳しくない人は・・・・・

どのSIMカードでも使える格安スマホと格安SIMカードを組み合わせてセットで販売
しているものを利用するのがベターである

詳しくない人は・・・家電量販店に行くのがよい

           各種格安フリースマホとSIMカードを販売しているので
           自分が求める利用条件や機能を選択できる

MNP(電話番号ポータビィリィティ―今の携帯番号をそのまま使う)を利用するときは、
家電量販店等の店頭の方が、即日利用できるようになる−他の場合は数日使えない


どこで購入する か・・・・・・・・・・・・・・・

店頭で購入する
インターネットサイトで購入する

店頭は・・家電量販店、イオン、ゲオなど販売しているスーパーなどの店頭

  スマホやSIMに詳しくない人は・・・家電量販店に行くのがよい

                  各種格安フリースマホとSIMカードを販売しているので
                  自分が求める利用条件や機能を選択できる

  MNP(電話番号ポータビィリィティ―今の携帯番号をそのまま使う)を利用するときは、
 家電量販店等の店頭の方が、即日利用できるようになる−他の場合は数日使えない

インターネットサイトは・・・・アマゾンやネット直販している会社のWebページで
                 なお、店頭販売している場合でもネットで購入できる場合有

見本サイト

 イオンスマホ

 楽天モバイル

 TONEスマホ―TSUTAYA

  マイネオスマホ

  Y! mobileワイモバイル

 
格安スマホ・SIMならこれだ・・・・


 FREETELフリーテル

   業界で最安値クラス
  スマホ代、通信料、かけ放題で月額1590円 -


  (2016/12時点
―変更されることがあるので、最新のサイトを参照されたい  (C)FREETEL )

mineoマイネオ

 マルチキャリア対応
 通信が安定している

 1Gプランで1500円前後


  (2016/12時点
―変更されることがあるので、最新のサイトを参照されたい   (C)UQ mobile)


UQ mobile

  速度が速い
 データ通信、音声通話プラン 月額1980円


 (2016/12時点
―変更されることがあるので、最新のサイトを参照されたい  (C)UQ mobile)


Y!mobile

 通信速度が第一の場合はこれがお奨め


申し込み等の手順はど うなるのか・・・・・

店頭の場合・・・・

店頭で申し込み手続きをする
本人を確認できる書類―運転免許証などを要持参
ここでの手続きは携帯・スマホの利用申し込み手続きとほぼ同様である

インターネットサイトの場合・・・・

サイトで機種と料金プラン等を選択する
本人の確認方法―免許証などをカメラ撮影してその画像を送付する
おおむね1週間で携帯端末とSIMカードが送られてくる


格安スマホでも更に節約した 使い方をしよう・・・・・・・・・

電話料金を節約する・・・・通話アプ リを使う―アプリ同士の通話は無料になる
                長時間通話には特に効果的だ
 
 例  

スマホア プリ/iPhone用 スマホア プリ/Android用
Skype
Skype
LINE
LINE



高速通信―できるだけWiFi―無料 WiFiを使う

携帯電話会社のWiFiサービス

 docomo WiFi―NTTドコモ
 au WiFi Spot―au
 ソフトバンク ULTRA WiFi など―ソフトバンク

WiFiや公衆無線LANはこちら を参照

 WiFiスポットについは・・・こちら



格安スマホを使 う・・・・・・・・・・・・・・・・・・


スマホの支払い料金が高いので、馬鹿らしくなって、月額1200-1300円で
使えるガラケーに切り替える人が増えている

それでもスマホと言う場合は・・・

手っ取り早いのは、格安スマホを利用す ることだ

格安スマホ−月額500円台も出てきた!!!


格安スマホ比較・・・・・・

格安スマホの機種を選択するときの注意点は・・・

 端末の基本スペックとしては・・

  クアッドコアのCPUでディスプレイはHD画質以上を出来るだけ選ぼう


格安スマホ徹底比較/価格,com


  (2016/12時点―変更されることがあるので、最新のサイトを参照されたい,(C)価格com)



(2016/12時点―変更されることがあるので、最新のサイトを参照されたい,(C)価格com)


ス マホ比較.net

格安スマホ徹底比較


格安スマホの例(2016/12時点)

楽天モバイル  SIM月額525円から、 月額基本料、スマホ本体、5分かけ放題  月額 1880円から 

DMM Mobile    SIM月額440円から、  5GB+通話 月額 2710円



5GB+通話で・・・・・


  (2016/12時点 最新は同社サイトを参照 (C)DMM mobile)


u-mobile-高速通信LTE使い放題 月額 2480円
             スマホセットプラン 月額 1880円から

イオンの格安スマホ−月額 1350円から
      
高速通信LTE使い放題 月額 1980円 

TONE/月額1000円から

ピーシーデポ ―月額1000 円から

Y! mobileワイモバイル


注 ここに記載した料金は変更されることがあります


格安SIMカードを使う ・・・・・・・



携帯・スマホの詳しくない人は格安スマホとセットで買う方が良い

詳しい人は、SIMカードを個別に購入しよう

格安SIMの購入のポイントは・・・

格安SIMはネットで購入しよう

でもスマホやSIMに詳しくない人は、家電量販店の店頭で
購入するのもよい−各種格安スマホと格安SIMを販売しているので
            自分の利用の仕方に応じたベストのものを助言を得て
            選択できる

オンラインストアはMVNO(仮想移動体通信事業者)直営店のものと
外部のストアアマゾンなど()がある

購入と利用の手順は・・・

MVNO(仮想移動体通信事業者)直営店での購入は、サイトにアクセスして
購入必要事項を記載して申し込む
1週間前後でSIMカードが送られてくる
そのSIMカードをスマホに挿して説明書を参考に接続処理をする

外部ストアから購入するときは、サイトにアクセスして購入必要事項を
記載して申し込む
1週間前後でSIMカードが送られてくる
そのSIMカードをスマホに挿して説明書に従い、MVNOのサイトに接続して
利用利用金の支払い法等の手続きを行う

格安SIM購入では次の点を考慮しよう・・・・
 ただし、本当に利用するのかどうかで判断しよう―あまり使わない
 サービスにこだわっても仕方がない

価格
公衆無線Lanサービス―WiFiスポットが利用できるかどうか
高速データ通信容量の使い切り時の追加は可能か、その料金は
留守番電話サービスがあるか
動画配信、音楽配信サービスの有無
アプリの無料利用サービス 等

電話の通話が多い人の場合は、docomoなどの大手キャリアの格安プランの
方が料金が安くなることがあるので注意すること

定額でLTE高速通信が使い放題のSIMもある・・・

ぷ ららモバイルLTE/NTTぷらら
U-mobile SIM/U-NEXT



SIMロック解除・格安SIM カード比較・・・・・・・・・・・・・・・・・・

従前、SIMカードは他のキャリア等のものは使えなかったが、2015年5月以降に
購入した携帯では、他のキャリアや格安SIMカードを自由に選択し使えるようになった
(ロック解除は手続きが必要、契約時点から6か月以降でないとできない)

SIM カードは、携帯の電話番号や利用の仕方が記録されたICカードのことである
 これが無いと通話もデータ通信もできない

SIMカードは3種類ある

セットで購入するときは良いが、格安スマホとSIMカードを別々に購入するときはこの種類に
注意すること


最近の主流は、最小のサイズのnano SIMだ



また、SIMカードには、データ通信専用のものと音声通話付(音声通話+データ通信)のタイプがある
利用目的で選択することになる― 一般的には音声通話付のものになる
月額料金は音声通話付の方が高くなっている―月額で数百円

これにより、携帯の使い方によって、格安のSIMカードを利用して、携帯電話の
利用料金を下げることが可能となった

携帯の利用の仕方別の有利なSIM カード・・・・・

よく電話を利用する場合・電話を使う時間が長い場合

  docomoなどの大手のキャリアのSIMカードを使う方が有利

データ通信を使う時間が長い場合

  docomoなどの大手のキャリアのSIMカードを使う方が有利

データ通信を使う時間が短い場合

  格安SIMカードを使う方が料金節約になる

電話を使う時間もデータ通信の時間もともに短い場合

  格安SIMカードを使う方が料金節約になる


格安SIMカードの比 較・・・・・

価格.com格安 SIMカード比較


  (2016/12時点―変更されることがあるので、最新のサイトを参照されたい (C)価格.com)


SIM-FAN/ 速度制限なしで使い放題のSIMカード比較

格 安SIMカード比較

あ なたにおすすめの格安SIMはコレだ! 目的別プラン選びのススメ

格安SIMカード比較ウェブ

格安SIMカード比較サイト

LTE比較ガイド


格安スマホ・SIMの例・・・・・

楽 天SIM
DMM Mobile





こちらもご覧ください・・・・





格安SIMにしたときに・・・音声通話の料金を安くする方法

格安SIMには家族割など通話定額・低額・無料サービスが無い

このため、電話番号がそのまま使えて通話料金が半額になる
アプリが提供されているので、これを利用すると音声通話料金を
安く(半額)抑えることができる

楽天電話・・・・・

 月額料金―無料、初期費用も無い
 30秒で10.8円―大手キャリアのおおむね半額―どの通話相手でも半額になる
 利用料金は後払いになる
 電話音声は高品質を確保

  利用申し込みはネットで行える



 アプリは申し込みの段階でダウンロードするようになっている


類似のサービスはこのほかにもあるのでネットで検索してみましょう













その他の基本的な低額化方 法・・・・・・・・・・・

スマホの携帯会社の選択・料金プランで使用に対応した最も安いものを 選択する
パケット通信料金を定額でしかも安く使えるものを選択する
ネットへの接続方法を利用の仕方とコストで適切なものを選択する− Xi, 3G,WiFi
通話料金を抑えるため、無料通話のアプリを使う―特に長時間や頻繁に 通話する相手とは

特にパケット通信料金をどう節約するかがポイン トだ

スマホでは、パケットま2段階の下限で収まること は通常無いので、「フラット定額」を
選択するのがベターである

月額料金を低額にす る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これは携帯電話会社の選択で勝負がつく
つまり、どの携帯会社のどのプランを選択するかがポイント

携帯料金は次で決まる
通常は基本料、通話料、データ通信料だ

基本料、通話料を徹底して安くする・・・・

まず、基本料と通話料は電話の使用の仕方で最も安く上がるプランを選択する
―自分の通話習慣をベースに携帯会社のプランを比較して最も安く上がるものにする
―長時間通話するか、それは特定の相手か、家族がほとんどか、電話は受けるのがメインか などだ
―かならず、複数の携帯会社のプランを相互に比較しよう―携帯の機器の種類を決めて、
 後からプランを決めるのでは安くはできない
―通話の定額サービスを比較しよう−同一の電話会社同士の通話は定額サービスが
 安くなっている―通常通話するする相手を考えて定額サービスを利用しよう―特に長時間
 の通話をすることが多いときは、定額サービスを利用するのが必須だ

 例 docomo Xiカケ・ホーダイ  700円/月の追加料金で24時間通話が無料になる
   au プランZシンプル   基本料金980円/月でam1:00-pm9:00まで通話が無料になる

通話料金を安くするにはIP電話サービスを使う手もある・・・・・

IP電話のサービスを利用すると大幅に通話料を引き下げることができる
例 050 Puls(NTTコミュニケーション)―通話料を半額以下にできる

電話の通話料を安くするのにネット接続通話アプリを利用す る・・・・・



ネット経由で通話アプリで接続して通話をすると、電話料金は課金されないことなる
ネット接続の定額サービスの利用の仕方とも関連するが、これを利用するのも手である−
特に通常の通話時間が長いときは・・・

無料通話のアプリの例は・・・・

スマホア プリ/iPhone用 スマホア プリ/Android用
Skype
Skype
LINE
LINE


更に、格安電話サービスを利用する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

基本料金は無料で通話料金も格安の電話サービスである

通話が多い方はぜひ利用しよう

携帯で30秒20円くらいの通話料が半額程度になる

格安電話サービスサイトと
スマホア プリ/iPhone用
格安電話サービスサイトと
スマホア プリ/Android用
楽天電話



楽天電話



G-Call


G-Call


SMARTalk


SMARTalk


LINE電話

LINE電話




他にもアプリはあるので、無料アプリの項目をみてください


データ通信料を安くす る・・・・・・・・・・・・・・・・



スマートフォンはネット接続して使うのが前提の携帯だ
データ通信料を安くできるようにしておかないと悲惨に事が待っているぞ

基本的には、定額のサービスを利用しよう
特にSIMカードのものは格安で利用できる

通例、データ通信料は、パケット定額とネット接続サービスで構成されている
これらの料金を把握して携帯会社間比較をする必要がある
各携帯会社のデータ通信の定額サービスを必ず比較しよう― 一社で決めてはダメだ
各社のデータ通信の定額サービスのメニュー・内容は変更されるので、最新のもので比較し選択すること

例 docomoの定額サービス

 同一の携帯会社でもネットの使い方によって定額サービスを選択する

パケット定額分
Xiパケ・ホーダイ・フラット・・・月額5985円―ネットの動画など容量の大きいものをよく見るとき
Xiパケ・ホーダイ・ライト・・・月額4935円―主として、メールやホームページ参照のとき
 
データ通信料は、WiFiを利用してパケットの通信料を抑えられるので、WiFiを利用することで
データ通信料を低く抑えることもできる

公衆無線LANを利用する・・・・・・・・・・・・・・

ネット接続の通信料を抑えるには、公衆無線LANのサービスを利用するのも方法である
このサービスは月額数百円の負担でネット接続利用ができる
携帯電話会社もこのサービスを提供している−契約時にこのサービスを追加する
また、これには、無料の接続サービスもある―デニーズ、スタバなど

有料のサービスでアクセスポイントが多いのは・・・
 OCNホットスポット―NTTコミュニケー ションズ
 BBモバイルポイント―ソフトバンクテレコム

WiFiを使うのが節約の手・・・自宅でパソコンもネット接続してい るなら、
 携帯とパソコンで共通してWiFiを使えば節約できる
 すなわち、 Wi-Fiルーターを使う
 
 Wi-Fiルーターを契約して使う−月額料金は3000円前後
 これに携帯やパソコンを接続してネットに接続する―携帯はパケット定額にしなくて済む
 自宅のパソコンのネット接続は解約する−WiFiルーターに無線接続するようにする
 
 携帯会社にWiFiルーターを利用した時のルーターの月額料金と携帯のパケット通信の経費が
 いくらになるかよく確認しよう
 また、WiFiルーターの端末代がかかるか否かもよく確認しよう

携帯電話会社のWiFiサービス

 docomo WiFi―NTTドコモ
 au WiFi Spot―au
 ソフトバンク ULTRA WiFi など―ソフトバンク

WiFiや公衆無線LANはこちら を参照

 WiFiスポットについは・・・こちら


不要なパケット通信をカットする・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アプリが勝手に通信をしているので、あまり使わないアプリの通信をカットすると
バケット通信の使用量を削減できる

その方法は・・・・

Android・・・・

「設定」の「全般」の「アプリの自動更新」

 設定を「アプリを自動更新にしない」に変更する

iPhone・・・・

「設定」の「モバイルデータ通信」

 通信する必要ないアプリを「オフ」に変更する



次のサイトを参考にしよう

“ス マホ”料金はこうやって節約しよう!
携帯端末パケッ ト代節約虎の巻
iPhone4 を買う前に 最低料金でiPhoneを活用する
スマートフォンに 変えると月々の料金はこう変わる
ス マホ料金、上手に抑える
携帯電話・スマホの常識と料金 節約
ド コモのスマートフォンでパケット代を節約する方法
docomoのスマートフォン でパケット代節約
スマートフォン料 金を節約する手法まとめ
スマートフォンの料金節 約の話。


激安スマホにはどんな機種があるのか - 1万円前後で買えるスマホ記事まとめ


1万円から買える! Andorid 5.0が使えるSIMフリー端末をピックアップしてみた


月額1,000円前後の格安SIMはどこがおトクなのか?


Xperia、AQUOS、VAIO……、国産の格安SIMフリースマホまとめ

安すぎると不安?SIMフリー格安スマホのお買い得ライン




携帯3社の新料金プラン―スマホ月額5000円未満プラン



2016/1-2月に携帯三社がデータ通信料を抑えた新プランを発表した

いずれも、月額が5000円以下となっている

スマホ料金を抑えるにはこれもいい手である




関連サイトは・・・・

NTT Docomo

au/KDDI

Softbank





こんなスマホもある・・・・

ビジネス向きの高機能SIMフリースマホ―PCとの連携が抜群




日本エイサー/Acer Liquid Z530

仕事からプライベートまで幅広く利用可能! コスパも最高!
25,000円のSIMフリースマホ「Acer Liquid Z530」をチェック

高精度カメラ、ハイレゾ対応

日本エイサーのサイト

価格.com














無料ソフトウェア集



射出成形機の仕様と金型図面

射出成形機の金型図面バックナンバー集
プラ金型事業者・工場名簿

Excel 2013と無料ソフトCalcの対比式図解

 パワーポイントと無料ソフトImpressの図解
パワーポイントの実例図解
印刷の基礎知識・電子媒体作成ノーハウ
初心者がワープロ感覚でホームページ作成

パワーポイント2010の実例図解

Acrobat 11とPDFの活用図解
Acrobat 10とPDFの活用図解
無料ソフトで音楽・動画・DVDを活用
Windows 7で無料ソフトを活用する図解
Windows 7の操作法図解
Word 2010 図解―対比式でわかる
実例図解Access 2007/2010
実例図解FileMaker Pro 10
Word 2013操作図解

実例図解FileMaker Pro 11 最新版
実例図解無料データベースソフトBase
対比式Excel 2010 操作図解
情報源リンク型の統計用語辞典
10ソフトの操作図解

Acrobat 11とPDFの活用図解
Windowsの無料ソフト活用とLinuxで1万円パソコン
Excelの対比式図解
Excel 2010で統計関数大幅変更





印刷・本作りの基礎から電子出版まで広範囲の実務知識

5ワープロソフトを対比式で

5ソフトを対比式で図解





Kanagata-Tsushin-Sya Company
Location: 5-15-6, Minami-Azabu, Minato-ku, Tokyo 106-0047 Japan
E-mail: Mail
Top







Copy right reserved:Kanagata-Tsushin-SyaCompany,TokyoJapan