簡素・低価格な葬儀と
お墓が常識に










無料ソフトウェア集






INDEX


今どきの葬儀・これからの葬儀―簡素化と価格破壊

今どきのお墓・これからのお墓

墓地・霊園の検索 と情報把握

お墓参りや墓掃除ができな い場合は・・・代行サービス利用

戒名(かいみょう)は必要か・自分で作れる

墓仕舞いの方法と墓の移転

葬儀無し、お墓無しも選択肢

送骨サービス―遺骨の対応・埋葬に困った時に

お寺が総倒れの時代が来る

身寄りのない独居老人の葬儀・お墓はどうなるのか



    



      


      











































今どきの葬儀・これからの葬儀―簡素化と価格破壊






これからの時代は、非正規雇用で年収も少なく、預金も少ない
このような状況で高い葬儀などやれるわけがない
それに、高齢者の単独世帯が増えて、親戚縁者とは疎遠となる
婚姻率が低下し、子供もいない者が増える
そうなると、従前のような葬儀屋が喜ぶ葬式などやる事態ではなくなることは
明白である

葬儀の簡素化・廃止と価格破壊が進むのはだれも止められない


その原因は・・・・・・




葬儀の簡素化と低価格化・廃止

これからは、葬儀の簡素化が当たり前になる
葬儀はしないで、荼毘に付すのみのものが増加するだろう


簡易・低価格葬儀の例・・・・


火葬式・・・・火葬のみを行うもの


1日葬・・・・・1日の葬儀を行うもの


家族葬・・・・親族のみで葬儀をおこなうもの



葬儀業者の例・・・・・



シンプルなお葬式―低価 格で火葬式、1日葬、家族葬を提供
            定額で僧侶も手配

小さなお葬式―低価格で火葬式、1日葬、家族葬を提供
          全国の関連業者を検索できる

ファミリーセレモ/低価格で火葬式、1日葬、家族葬を提供


セレモニー(東 京都台東区)―低価格で火葬式、1日葬、家族葬等を提供


家族葬専門葬儀社オフィスシオン名古屋


府民葬祭―直葬プラン―京都―直 葬、すなわち、火葬のみの専門、京都


大阪での葬儀を格安費用・低料金でご提供 - 葬優社(そうゆうしゃ)





低価格・簡易葬儀業者の検索と価格比較・・・・・・・・・・


葬儀費用ナビ全国版―全国の業者 を紹介


葬儀・葬式の費用比較|安心でお得な葬儀社選び - 価格.com




格安葬儀社を探す時に必ず見るべきサイトです!(日々更新)



近くの低価格葬儀業者をネットで検索しよう・・Google

     キーワードは・・・低価格、葬儀、地域名


異業種からの参入による低価格化・・・・・・・・・・


イオン・・・スーパーマーケットが参入、低価格化




イオンの簡素で低価格葬儀の例

 ・・・1日葬は全て込みで348,000円
    お坊さん(お布施)は別途追加で75,000円の定額―宗派は指定できる、これには戒名料も含まれている



 この他、火葬料金は別途自己負担となる

 ただし、イオンの場合、総額に火葬料として15000円が含まれているので、自治体により火葬料金は
 異なるので、差額が追加自己負担となる―例えば、東京都では火葬料金は59000円であるので、
 追加の自己負担分は44000円となる


法要・納骨・・・・・・

49日の法要と納骨―イオンに追加で依頼できる

法要の依頼・・・・
定額―45000円、法要と墓所が場所が違うときは55000円
定額料金には、僧侶の交通費も含まれるので交通手段は用意しなくても良い


納骨の際の墓誌への名入れ(彫刻)・・・・・別途、自分で墓地の近くの石屋さんに依頼する

名入れの料金は通常、2-3万円
納骨と清掃作業は2万円程度 計 50000円前後が必要

石屋さんは墓地近くでネットで探して数か所に料金を照会して、適切な石屋さんに依頼する



葬儀の低価格化と簡素化関連の参考情報・・・・・・・・・・・


お布施も墓も「低価格化」はもう避けられない
イオンなど異業種参入組の価格破壊は強烈だ

東洋経済

葬 儀の負担軽く 低価格競争やカード払い広がる
異業種参入でコスト透明に/日本経済新聞


葬式の基本! 葬儀費用を一番安くする方法は?|知らないと恥


依頼時の葬儀業者との確認は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

葬儀形式の確認

日時の確認

参列予定者数の確認

その形式に含まれる内容を詳細によく確認する―内訳を書面で示してもらう

内容の単価を明示してもらう

費用の確認―他に発生する経費は無いかよく確認する―書面で明示してもらう―見積もり書で

見積もりは複数の業者からとる―見積もりには内容と単価を明示してもらう

僧侶の依頼をどうするか―その経費も確認










今どきのお墓・これからのお墓







少子・高齢化の時代では、後継ぎがお墓まで心配なく面倒を見てくれると期待することはできない

子供や孫にそれをしてくれると思ったり、負担をかけることはできない

また、身内と疎遠になり、単独居住の高齢者が増える中で、自分のお墓の面倒を見てくれるということは
無いか、全く期待できない状況が普通となっている

このような状況の中で、自分のお墓をどうするかを考えなくてはならない
それが現実なのだ

高齢化は認知症の増加とリンクしている
高齢者は、認知症になる前に、自分のお墓をどうするかを決めて、そのための対応をしておく必要がある
経費を伴う場合は、それの手当ても考えておくことが不可欠である


お墓のトレンド・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


永代供養 墓・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

少子高齢化のなかで、トレンドは、永代供養墓である

「永代供養」とは、お墓の供養や管理が出来ない人に代わって、寺院が永代に
わたり管理・供養するものである

通常、永代供養墓は、当初の経費以外の追加の経費は不要であるので、
契約時に必ず確認すること―年間管理費等も不要である
また、年に1回以上は僧侶が読経を上げてくれることとなっている


永代供養墓提供サービスの例・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イオン・・・

宗旨・宗派にかかわらず永代供養する合祀墓を紹介するサービスである

全 国展開を図っている
埋葬料、永代使用料、永代供養料、永代管理料などすべて含めて
35000円 である
イオンの葬式を利用すれば3万円に割り引かれる




ユニクエスト・オンライン・・・・・・・・・

安い葬式を提供している「小さなお葬式」の会社が提供する永代供養サービスである
費用は55000円 である


みんれび・・・・・・・・・・


追加費用不要の永代供養、
費用は3
5000円 である


永代供養墓を利用する場合の注意点・・・・・・・・

経費を確認する−当初費用、以降の追加は無いのかの確認等
経営主体等をよく確認する−名義貸しなどもあるため
 その場所の寺社が経営主体であるものがより適切
 墓地の土地の謄本をとり、所有状況や担保状況を確認する


樹木葬・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


最近注目の埋葬方法である
樹木を墓碑として遺骨を埋葬するものである

都市・公園型のものと里山型のものがある

経費はそれなりにかかるのでよく確認すると―当初費用、供養料等
経費は合葬タイプと個別タイプで異なる
低価格の樹木葬もあるのでネット等で探すこと

全国の樹木葬墓地・・・・

全国の樹木葬・樹林墓地一覧

樹木葬|【現代供養.com】-全国の樹木 葬・庭園葬をご紹介

樹木葬ネット|知って納得、全国の樹木葬情報サイト

東京都の樹木葬一覧

樹木葬霊園の例・・・・

イオンの樹木葬


低価格の例・・・

総額3万円の樹木葬―野田市、大利根霊園








墓地・霊園の検索と情報把握




いいお墓―全国、最大のお墓ポータルサイト

お墓探しナビ―全国、お墓ポータルサイト

霊園ナビ―全国、お墓ポータルサイト

全国お墓さがしお役立ちナビ
―全国、お墓ポータルサイト

はじめてのお墓選び.com
―首都圏最大級の霊園・墓地情報サイト






お墓参りや墓掃除ができない場合は・・・代行サービス利用



人口の高齢化でお墓参りもできなくなって いる


高齢でこれらができない場合や遠隔地で困難である場合は、便利屋さんに依頼する方法がある

次のような業者―全国展開しているーがある

また、お墓のある地域で便利屋さんや墓参りの代行業者に依頼することができる
ネットで検索して探すことができる

便利屋ファミリー/ 便利屋ファミリー




お墓の近隣の便利屋さんは・・・

Googleで検索


お墓の場所がど田舎で便利屋に依頼できないときは・・・・・

市町村のシルバー人材センターに依頼してみよう

シルバー人材センターとそのサービスについては、各市町村の
市役所・役場に照会しよう

全国のシルバー人材センターはこちらから・・・

全国シルバー人材センター事業協会

この協会のページの次の画面から探そう






戒名(かいみょう)は必要か・自分で作れる



仏式の場合、やっかいなのが戒名である
神式やキリスト教式では、これは無いのに仏式の場合は伝統的についてくる

しかも、戒名料というのが、非正規雇用が定着し、総貧乏社会に向かっている日本では
とんでもない値段であり、これを払うことは困難になりつつある
葬式無し、墓無しの対応が必要であるのに戒名料はとてもじゃないが支払えない
また、相続してくれる人がいないとき、位牌をどうするかという問題が発生する

戒名の相場は・・・宗派等で異なる

信士・信女・・・・15-30万円
居士・大姉・・・・30-50万円
院号・・・・・・・・・50-100万円


果たして、戒名は必要なのであろうか
神式やキリスト教式で葬儀をしたのに、天国に行き損ねて苦労しているという話は
聞いたことが無い


戒名不要・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


戒名は不要であり、相続してくれる人などを考慮すると必要が無いものと割り切れれば、
これによるのが適切ということになる
特に、葬式は無し、墓も無という場合は、この選択肢がある


どうしてもというときは、自分で戒名を作 る・・・・・・・・・・・・・・

どうしても戒名がないと居心地が悪いと考える方は、自分で作る手がある

戒名を自作するホームページサイト・・・・・

自由情報 戒名無料作成サービス




自分で戒名を決める本を参考にする・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

戒 名は、自分で決める (幻冬舎新書) | 島田 裕巳
    宗教学者の島田氏の本




戒名についての自分の考えは・・・・

遺言や遺言メモで伝わるようにしておこう





位牌を低価格で・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

低価格で簡単に位牌を作るならこのサイトが便利

ネットで注文できる

戒名などの名入れも低価格でやってくれる

生前に位牌を作っておくこともできる―生前位牌は縁起が良いとされている
―生前位牌は名入れで「生前位牌」と明示すること








墓じまいの方法と墓の移転



都市への人口集中と人口の激減
による農山村の崩壊の中で


これから田舎にある墓を都会の居住地の近くに墓じまいをして移転することが増加する

次のような手続きを必要とする
かなり面倒な手続きになる

高齢者の場合は元気なうちにやっておく必要がある

家族の状況から、墓じまいや移転が必要となる場合は、出来るだけ早く
対応する方がよいのではないか

もちろん、兄弟などの親族がいる場合は、よく相談して対処する
ことが不可欠である―兄弟でももめるときはもめるので

それなりの費用が掛かるので覚悟すること


必要とする手続き・・・・・・・・・・・・

墓地の使用契約の解除・檀家の離脱手続き・・・・

お墓を移転するには、墓地経営者との間で締結している墓地の使用区画に関する
利用契約を解除する必要がある

このため墓地経営者―お寺など―との協議が必要である

ただし、墓地が自分(又は家族)の所有地である場合はこれは不要である

墓地の使用契約の解除と檀家の離脱(檀家でなければこれは不要)で多額の経費を
要求されることがある−お寺等と協議になる―世間の相場の話をしてまとめる必要がある
離檀料はこれまでの御礼という趣旨なので高額のものを支払う必要はないというのが
一般的考えである

墓じまい・・・・・・・・・・・

墓地の使用契約を解除した後、墳墓を整理して、墓地経営者に返還する必要がある

墓じまいの方法について墓地経営者と協議する必要がある
(お墓のあるお寺の檀家であるときは、檀家を辞める手続きが必要である)
―この場合に高額の経費を要求されることがあるので注意する

  費用・・・適切な業者(―石材店等が行っている)を選定する
    
    参考

    墓じまいに かかる費用

    安心で格安な墓じまい

    墓 じまい(改葬)にかかる費用、料金

改葬手続き・・・・・・・・・・

墓地埋葬法では、 墓地の遺骨を取り出して他の墓地に移すことを「改葬」という
改葬は、第5条で市区町村長の許可を受けることが必要である

具体的には、墓地のある市区町村の市区役所・役場に「改葬許可申請書」を提出して
手続きをする―様式は市区役所・役場で入手する

手続きと様式は、市区町村のホームページに掲載してあることが
多いので・・・・当該市区町村のホームページを参照する

 例・・・改葬許 可の申請(遺骨をほかの場所に移すとき)ー東京都新宿区

    改葬許可申請書の様式の例―新宿区の場合




その申請では、改葬しようとする遺骨が墓地に埋葬してあることの
証明書の提出が必要であり、これは墓地経営者に作成してもらう
必要がある−お寺等に依頼する

改葬先の特定・・・・・・・・・この手続きが先に必要

改葬許可申請書の記載事項には、改葬先を明記する必要がある
あらかじめ改葬先の墓地を決めておくことが必要である

移転先の墓地では・・・墓地の永代使用料・年間管理料、墓石建立費用、檀家になる
ための費用などが発生する
移転先で永代供養墓とする場合は、永代供養料等が必要となる−墓石代等は不要
永代供養料は遺骨一体あたりというのが一般的なので何体もあるときは金額等に注意する

墓地の使用許可書(又は受け入れ証明書)・・
市区町村によっては、改葬先の受け入れ証明書の提出を求めるところも
あるので、あらかじめ確認して必要である場合は、埋葬証明書を移転先の
墓地を経営する墓地経営者(お寺等)から入手する必要がある


手続きの順番は・・・・・・・・・・・

改葬先の決定―新規の墓地の使用契約を協議してまとめる

改葬先の埋葬証明書の入手―改葬先の墓地のあるお寺、あるいは墓園

現在の墓地使用契約の解除・檀家の離脱手続き

現在の墓の埋葬証明書の入手―現在の墓の管理者(お寺あるいは墓園)からもらう

改葬許可の取得―現在の墓のある市区町村に改葬許可申請書を提出
            必要な添付書類は各市区町村で確認して申請書に添付する
            戸籍謄本や住民票を要求されることがある

            改葬許可証が交付される

墓の撤去―墓じまい

       更地にして返還する
       経費は墓の広さや墓石数などによる―業者から見積もりをとること
       業者はお寺や墓園により指定業者がある場合もあるので要注意

       墓じまいの時・・・「閉眼供養」を行う

                      通常は、線香、ろうそく、花、供物を供えて身内だけで行う
          現在の墓のお寺等に依頼する
          お布施や車代が必要である


改葬先に納骨



なお、墓じまいの時と改葬先の納骨では、お坊さん等に拝んでもらう必要があるので、
手配をすること

墓じまいの時・・・現在の墓のお寺等に依頼する

改葬先の納骨時・・・・檀家にならないときは、お坊さんの派遣サービスを利用する方法もある



葬儀無し、お墓無しも選択肢





価値観が変わった

葬儀無し・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次のような理由から最近は葬儀無しが増加している

本人の遺言や生前の意思による
葬儀に費用をかけたくない、かけられない
高齢で死亡したため参列してくれる親族や知人等がほとんどいない
遺族の体力などの都合で葬儀が行えない
仏教離れにより儀式としての葬儀の意味がなくなって来ている

葬儀をしない場合の対応・・・・・・・・・・・・・

土葬をする環境にある場合は別として、一般的にはご遺体をそのままには
出来ないので、火葬をする必要がある

埋葬許可を市区町村から取得して、火葬を行うことになる

火葬のみを行うのを「直葬(火葬式)」と言っている

通常は、葬儀業者で直葬(火葬式)を扱っているところに依頼することとなる

直葬(火葬式)を扱う葬儀業者を探す・・・・・・・・・・・・・・・・・・

近隣で低価格の業者をさがしましょう

低価格のところは7-10万円前後の経費である

参考サイト・・・

直葬なび




火葬式(直葬)の葬儀費用― 価格.com

火葬(直葬)のできる葬儀社/火葬のみ対応可能な葬儀社のリンク集

直葬・家族葬専門「贈る葬儀こころ」 | 奈良・京都・大阪・滋賀


直葬の流れ・・・・



(価格.comより転載)

参考・・・・・・・・・・・・

直葬をすると きのコツと注意

直葬を検討時に知っておく葬儀の流れと費 用相場

火 葬・直葬は87000円 - 全国葬儀社ネットワーク『葬儀の窓口』


お墓無し・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


自前のお墓が無いときの遺骨の対応の仕方である

方法はいくつかある・・・・・・・・・・・・・

永代供養墓を利用する−低価格で利用できる、初期費用以外の経費が発生しない
               前記の永代供養墓の説明を参照されたい

散骨や自然葬とする・・・・・・・・・・・経費が必要である、墓は作らないので高額の経費は発生しない

  散骨の注意点・・・・・

    ・遺骨は可能な限り粉末化する
    ・海岸付近ではなく、沖に出て散骨をする
    ・養魚場・養殖場や航路を避けて行う
    ・遺灰は水溶性の紙につつむ
 

      参考・・・・小さな樹木葬

            散骨クルーズ


火葬上の共同墓地に納骨してもらう方法―遺骨の受け取りを拒否した場合、共同墓地への納骨を希望したとき


手元供養する・・・・・・・・・・遺骨を骨壷やペンダントにして身近に置いておくもの

     参考・・・ 花てまり
 
           手元供養専門店―楽天

           


           お骨ペンダント専門店、全 国通販

参考・・・・・・・・・・

現代にあった新しい葬送を考える





送骨サービス―遺骨の対応・埋葬に困った時に



納骨して供養したい遺骨があるが、納骨するお墓が無い場合や納骨が出来ないときに、
役立つサービスである

通常は、宗派を問わず受け入れてくれる

郵送や宅配便で遺骨を送って、共同墓地に納骨して供養してくれるようになっている

利用金額や内容を確認して利用すること
利用金額は3万円などの定額が多い


関連サイトは次の通り・・・・・・・・・・・


送骨コム<全国一覧>送骨供養のお寺紹介

送骨納骨・全国からお遺骨を郵送で受付 - 永代供養ネット





お寺が総倒れの時代が来る



日本では、人口の減少―年間30万人が純減している―から檀家は猛烈な勢いで
減少していくことになる

非正規雇用で収入が少ない時代が進むので、葬儀やお墓、戒名にお金を使えなくなる

都市部では、人間はいるが、檀家にはならない

田舎では、今後10年で人口が半減するところが出てくる
世帯が消えるので檀家が無くなることである

まず、田舎からお寺の総倒れ時代がはじまるであろう





これから日本は、1億総貧乏社会になる

非正規雇用が固定して低収入のため、100-200万円もかかる葬儀や高額なお墓などは
とてもじゃないが支払えなくなる

人口減少や高齢で死亡するので、葬儀に参列する人は大幅に減少するし、
少子化のためお墓を継いでくれる者はいなくなる

後々まで経費の掛かるお墓は維持をすることはできなくなるのだ

高齢化社会で葬儀やお墓のビジネスがいいと考えているのは計算違いになるだろう

高いコストで霊園を作っても売れなくなる

葬儀の簡素化やお墓無しが当然になるだろう

そうすると、葬儀業者と霊園、お寺は地獄を見ることとなる






身寄りのない独居老人の葬儀・お墓はどうなるのか





独居老人が増加している

最寄りの無い独居老人の方の葬儀やお墓はどうなるのであろうか

通常は、次のように取り扱われる

死亡が発生すると・・・・

「行旅病人及行旅死亡人取扱法施行細則」により処理・手続きされる

  行旅病人及行旅死亡人取扱法施行細則―各市区町村のものを参照―ネット検索

  行旅病人及行旅死亡人取扱法施行細則の例―東京都墨田区

  東京都―行旅病人、行旅死亡人等の救護または取扱費用の弁償に関する規則

警察が検死をする


近親者の調査・・・・・

自然死の場合―犯罪に関係していない場合

親戚等の近親者の身元調査が行われる

近親者がいる場合は、その者に遺体の引き取り等を依頼することになる
以降は、近親者が対応することとなる


身寄りがない場合・・・・

近親者がいない場合、または、近親者が引き取りを拒否した場合は以下の対応となる

「墓地、埋葬等に関する法律」(墓地埋葬法)第9条の「死体の埋葬又は火葬を行う者が
ないとき又は判明しないときは死亡地の市町村長が、これを行わなければならない。」
の規定に基づき市区町村で行旅死亡人と同様の扱いで、火葬のみ行われて、無縁墓地等
の集合墓に埋葬されるのが一般的扱いである




    





















Top



  



射出成形機の仕様と金型図面

射出成形機の金型図面バックナンバー集
プラ金型事業者・工場名簿

Excel 2013と無料ソフトCalcの対比式図解

 パワーポイントと無料ソフトImpressの図解
パワーポイントの実例図解
印刷の基礎知識・電子媒体作成ノーハウ
初心者がワープロ感覚でホームページ作成

パワーポイント2010の実例図解

Acrobat 11とPDFの活用図解
Acrobat 10とPDFの活用図解
無料ソフトで音楽・動画・DVDを活用
Windows 7で無料ソフトを活用する図解
Windows 7の操作法図解
Word 2010 図解―対比式でわかる
実例図解Access 2007/2010
実例図解FileMaker Pro 10
Word 2013操作図解

実例図解FileMaker Pro 11 最新版
実例図解無料データベースソフトBase
対比式Excel 2010 操作図解
情報源リンク型の統計用語辞典
10ソフトの操作図解

Acrobat 11とPDFの活用図解
Windowsの無料ソフト活用とLinuxで1万円パソコン
Excelの対比式図解
Excel 2010で統計関数大幅変更







Copy right reserved 2012/3/28rev



Sleipnirのダウンロード・インストールと使用方法 Sleipnirのダウンロード・インストール と使用方法 
Sleipnirのダウンロード・インストールと使用方法 Sleipnirのダウンロード・インストール と使用方法
Sleipnirのダウンロード・インストールと使用方法 Sleipnirのダウンロード・インストール と使用方法
Sleipnirのダウンロード・インストールと使用方法 Sleipnirのダウンロード・インストール と使用方法