Windows 10の操作図解は次を参照にされたい・・・・

































































タンス預金とは



タンス預金は、「箪笥預金」とも表記され、銀行・信用金庫・信用組合・
労働金庫・農協などの金融機関に預けられず、家庭内に保管されている
現金のことをいいます。これは、日本では箪笥(タンス)に現金が保管
されていることが多いことに由来する呼称で、その対象には、タンス以外の
場所で保管されているものも含まれます(欧米ではマットレスの下が典型的な保管場所)。

一般にタンス預金は、身近なところに現金を保管できるため、緊急時の
現金需要にいつでも対応できるなど流動性において大変優れていますが、
その半面、利子が一切付かないため、インフレ時には価値の低下が起こります。
また、金融システム不安時の金融機関の破綻リスクは一切ありませんが、
その半面、盗難や火災などによる消失リスクは常にあります。

ちなみに、2008年8月に日本銀行が発表した「日銀レビュー」の中で、
タンス預金(非取引需要の一万円札の規模)は、1995年の5兆円程度から
30兆円程度まで増加したと記されていました。

(iFinanceより転載)



超低金利とマイナンバーで銀行預金は死に




超低金利とマイナンバーで銀行預金をする意味が無くなってしまった

マイナンバーで預金口座とリンクされるのは、2018年からだ
預金口座がすべて把握されてしまうことになる

目的は・・・・

@ 預金保険機構等によるペイオフのための預貯金額の合算でマイナンバー
  の利用を可能にする。
A 金融機関に対する社会保障制度における資力調査や税務調査で
  マイナンバーが付された預金情報を利用可能にする

2018年1月からリンクされる

2018年時点ではマイナンバーの登録は任意であり、強制ではない
強制は2021年からの予定となっている

以下の金融機関のすべての預金口座が対象である

銀行
長期信用銀行
信用金庫
信用協同組合
労働金庫
信用金庫連合会
信用協同組合連合会
労働金庫連合会
株式会社商工組合中央金庫

銀行預金は、引き落としなどで必要なもの以外は預金しておく意味は無い



世界と日本経済の真相を見よう・・・・・・・・・・・・





金庫を買おう




メーカー品を低価格で購入する

  エーコーやセントリーなどがある

買う金庫は手提げではだめ、耐火金庫を選択しよう

 耐火の時間にも注意しよう―1時間あれば十分である

施錠方式では、最近は、指紋認証のものがあるので、泥棒除けには効果的である

配達時にどこまで運んでくれるかを注意―玄関までが一般的

 耐火金庫は40-50kgはあるので要注意である


低価格サイトは・・・・・・・・・ 図の価格は2016/3時点のもの


価格.com/金庫



Amazon/ 金庫




金庫屋/金庫専門




金庫通販JP/金庫専門




金庫の置き場所・・・・・・・・・・・・・・・・

金庫は手間のかかる場所や保管方法を工夫しよう

泥棒は手間・時間のかかることを一番きらう

鍵を掛けられる場所に金庫を保管する
―鍵を開ける時間がかかる

脚立などを使わないといけないような手が届かない所に金庫を保管する

金庫を移動させると警報が鳴る警報器を背後などに設置しておく
―泥棒は音の発生をきらう


金庫のある部屋には監視カメラを・・・・・・・・・・・・

金庫のある部屋には監視カメラを設置しておくのがベターである

低価格の監視カメラで、動きがあると自動的に動作するものなどがある
監視カメラとわからないようなものもある







タンス預金参考情報



タンス預金は必要不可欠!?マイナンバーは預金に影響あり?




過去最高水準40兆円強 「タンス預金」激増に3つの要因


タンス預金用の「金庫」が売れまくる異常事態





















ネットワークカメラや監視カメラの画像を見るなら・・・・・・・











   







Copy right reserved