CSVデータのテキストデータインポート操作方法

FAQ / Home


 CSVデータのご利用上の注意

 ExcelでCSVのデータを利用する場合の注意ーExcelで利用される場合は、Excel形式の
 データをご利用いただくのが通常ですが、Excelや他の表計算ソフトでCSV形式の名簿
 データを利用される場合においては、表計算ソフトで表示した場合に、たとえば、郵便番号
 の先頭にあるゼロが画面表示されず消えて表示されます。これは単純な操作で表示すると
 表計算ソフトが、そのデータを数値として認識して先頭位置ゼロの部分は不要として画面に
 表示しないという処理をするためです。

 これを回避してゼロも含めて郵便番号等の全体を表示するには、つぎのようなデータの
 取り込み操作、すなわち、テキストデータのインポート操作が必要です。本名簿データ
 の項目でこの表示の影響がでるのは、郵便番号、電話番号及び、地域コードです。

 Excelの場合のテキストファイルウイザードによる操作方法

1. Excelで新規作成で新規シートを開く



2. 「データ」の「外部データソースの取り込み」をクリック

3.テキストファイルのインポートを選択



4.名簿データのCSV形式データを選択し、テキストファイルウイザードでインポート操作する





5.区切り文字を「カンマ」をクリックし指定





6.列のデータ形式をデータビューの項目で、郵便番号、電話番号、地域コードについて、
文字列として順次指定する







7.データのインポートで新規のBook1のA1位置でOKボタンをクリックしてシートに取り込む
―データの返し位置の指定表示されたファイルに名前を付け、データ形式をCSV
で選択指定して保存する



 8.項目にゼロのデータも表示されたリストが表示・保存されるーデータ形式はExcelや
 1-2-3の表データ形式により保存する




Top



Excelはマイクロソフト社の登録商標です。
Copy and all other rights: 金型通信社