詳細な関連資料は・・・in English








in English











INDEX


中国政府とアメリカ政府によるサイバー
攻撃、ネットで の情報窃盗行為

アメリカ政府の大泥棒組織・スパイ機関−NSA

アメリカのスパイ機関NSAの個人情報検索・
収集・監視システムの概要図

メールやWebサービスの利用で・・・・・・
あなたの全データが毎日流出している

マイクロソフトのWindows 8とOffice 2013は
スパイ用のデータ収集道具だ


世界では、Windows8/8.1の使用を政府が禁止へ


各国での憲法違反や関連法令違反にかかる
行政・法務当局の対応
犯罪性について

予防策・・・・・・
ドライブの暗号化、メールの暗号化、
添付ファイルの暗号化


ごろつき国家中国も負けてはいない−
Lenovoのパソコンは買うな!


このページの英語版

アメリカNSCによる日本政府・日本企業
に対する盗聴活動―ウイキーリ―クスが暴露





ニュース・報道・便利情報サイト   無料ソフトウェア集   



中国政府とアメリカ政府によるサイバー攻撃、ネットで の情報窃盗行為
Cyber attacks and information theft acts in the Internet by the Chinese Government and U.S. Government





中国軍とアメリカNSAは犯罪組織である・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Chinese army and US NSA are the criminal organizations.

中国について、中国軍の関連機関が世界中をサイバー攻撃していることが判明した/2013/6

アメリカは中国に首脳会談で、中国軍によるサイバー攻撃を止めるように指摘したが、これがとんでもない
ことで、アメリカNSA(米 国家安全保障局)が、同様のことをしていることが発覚した/2013/6

(NSAが世界中で6万1000件以上のハッキングを行っており、その中には中国の特別行政区である香港と
中国本土での数百件が含まれている)

ア メリカNSA(米 国家安全保障局)/Wikipedia
NSA

暴露したのは、元CIA職員Edward Snowden氏である

 (ネットから)

Edward Snowden/Wikipedia

エド ワード・スノーデン氏機密暴露の理由語る−NSAの収集データは970億超


アメリカと中国は両方とも大泥棒国家であり、ごろつきが罵り合っているに過ぎないということが白日 のもとに晒された


アメリカの情報収集の手口・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アメリカかテロ対策の名のもとに収集している情報は膨大にのぼり、その手段は次のようなものだ/2013/6

米 国家安全保障局(NSA)がテロ対策として、インターネット上や電話のやりとりを対象に四つの秘密プログラムを運用している

ネッ トが対象・・・「プリズム」「マリーナ」−電 子メールや通話の内容を収集
電 話が対象・・・「ニュークリオン」「メーンウエー」−ネッ ト接続履歴や通話履歴など「メタデータ」と呼ばれる付随情報を収集


アメリカ政府の大泥棒組織・スパイ機関−NSA
NSA is the National Thieves Agency.



こ れらで収集し盗み取られているデータ数は970億件にも及ぶとされている

これからみると、疑わしいものを対象に収集するというのではなく、べたに情報を抜き取る、盗み取るというものであり、
とても合法とは言えない

完全な違法、憲法違反行為だ

議会で、アメリカ政府が、合法であり50件のテロ防止に役立ったと証言しているがこれは大嘘だ

中国やアメリカは、まさに、情報泥棒国家、情報テロ国家である





大泥棒の親分同志、オバマ大統領と習近平国家主席、が 泥棒のバラしあいをやっている
いや、泥棒の親分同志が自分のことは棚に上げて脅しあいをしている

それがアメリカと中国の首脳会談だ−お笑いだわ
・・・・


アメリカ政府はSnowden氏をスパイ罪で告発して逮捕しようとしている・・・・2013/6

逮捕すべきは、国際的に違法ハッキングをして情報の窃盗をし、大量のネットの個人情報を窃盗している
アメリカ政府自体である

スパイ罪で逮捕すべきは、アメリカNSAの長官である
また、不正アクセス防止法や個人情報の大量窃盗などの各国の罪名でICPOはアメリカNSAの長官 を逮捕すべきだ

The Director General of the US NSA should be arrested due to the illegal access and the
theft of personal information.


(from YouTube)


NSAが同盟国の大使館で盗聴・情報窃盗・・・・

NSAが、EUや日本、フランス、イタリア、ギリシャなど同盟国の在米大使館で盗聴をおこなっていると報道された
盗聴行為は、盗聴器の設置、暗号化ファックスに解除装置の取り付け、Lanに侵入して
電子メールや内部文書へのアクセスやハードディスクのコピーを窃盗するなどが含まれる

これのどこが合法行為か
オバマ大統領は報道について、他の国も同様のことをしていると居直る始末だ





アメリカのスパイ機関NSAの個人情報検索・収集・監視システムの
概要図・・・・・・・・・・・・・・・・・・Outline of the PRISM




マイクロソフト社のWindows 8, Office2013などのソフトウェアから、メールサービス、データストレージや
SNSなどのWebサービスがすべてこれに組み込まれている

これらは、スパイ機関のツールになっているということである
利用者は金を払ってスパイ用ツールであるWindows 8などのソフトを購入して利用し、情報収集・監視を意識することも無く
メールサービスやデータストレージサービスやSNSを利用していることになる―無料だからありがたいと思って・・・・

とんでも無いことなのだ―ただほど高いものは無いということの見本だ

これから逃れるには、このようなソフトやWebサービスを利用しないという以外に手は無い

会社や役所が、スパイシステムに組み込まれたソフトウェアやWebサービスを利用してよいのであろうか
利用は即刻中止すべきであろう


マイクロソフトのSkyDriveはOneDriveに名称を変更している。


PRISMのデータ収集対象・・・・・・・・


(National Security Agency-PRISM Outline)

NSAのスパイ活動は、従前から産業スパイも含まれていることは有名な話である
このシステムが産業スパイ活動にも使われているのは間違いない

Windows 8 and Office 2013 of theMicrosoft and the Internet services, including Google, Yahoo!, Facebook, Skype, YouTube
and other Web services provided by the US companies are working as the important data collection tools for  the PRISM.

NSA has been using  the PRISM for the industrial spy activities.

ITとインターネットの真の姿が暴露された

メール、SNS、クラウド、携帯、みんなで助ける アメリカのスパイ活動



マイクロソフトをはじめとしてアメリカのIT企業は
完全なブラック企業であるー製品・サービスの
輸入禁止措置が必要ではないか



マイクロソフト社とNSAの緊密関係の報告書―報道

こちら

マイクロソフト社がNSAなどの機関と緊密に連携していることを同社が認めている



同記事のPDFはこちら



NSAのメール・Web閲覧情報等個人情報収集・閲覧システム―XKeyscoreが暴露された・・・・・・・・・・・・




XKeyscoreは・・・・・

米国家安全保障局(NSA)の個人情報収集・閲覧システムであり、NSAの分析官は、
メール、チャット、Web閲覧履歴、それらのメタデータを含む膨大なデータを収集するデータベースを、
事前の承認なしに閲覧できる
ようになっている―メールデータやチャットのデータなどがすべて収集されている
ことを示している

これは、個人の電子メールの内容、訪れたウェブサイトや検索内容など、ネット利用者がネット上で行うあらゆる活動
をカバーするものであり、集められた膨大な情報から、メールアドレス、名前、電話番号、キーワードを使い検索できるほか、
リアルタイムで個人のネット上の活動を監視できるものとなっている


XKeyscoreは世界中の700以上のサーバと直結しており、サーバの設置場所を示す地図では日本のサーバ
もデータ収集対象となっている

メールなどネットのサービスを利用するとあなたのデータがすべて収集されてしまうということだ
―これを防ぐには、ネットサービスの利用を止めるしかないということである

XKeyscoreの詳細記事はこちら・・・英文です
PDF/Copy





ウィキリークスは2015/7/31、米国家安全保障局(NSA)が少なくとも第1次安倍政権
(2006年9月〜07年8月)の頃から、日本政府中枢や大手企業の三菱商事など
35カ所を標的に盗聴を行っていたことを示す内部文書を入手したとして公表した

ウィキリークスによると、盗聴対象リストに含まれているのは、内閣事務局の
交換台、官房長官秘書官、経済産業相、財務省、三菱商事の天然ガス部局、
三井物産の石油部門などである
更に、「政府VIPライン」と呼ばれる電話回線や日銀総裁の電話、日銀職員の
自宅電話も含まれている

ウィキリークスは盗聴リストと合わせ、盗聴した内容を記した報告書5点も公表した
世界貿易機関(WTO)交渉、地球温暖化対策、原子力エネルギー政策、
日米・日欧関係などに関するものであり、一部は「極秘」扱いに指定されているもの




中国やアメリカ政府によるハッキング、情報の窃盗活動 への対抗策
Preventive measures against the hacking and theft of information on the Internet done by
the China and US Governments



Do not connect the computer networks/Lans to the Internet!




国の機関や軍隊が組織でハッキングをしており、民間企業などがこのようなハッキングを
防止するのは事実上困難である







メールやWebサービスの利用で・・・・・・
あなたの全データが毎日流出している





ネットメール・・・・・・・・・・・・

Do not use the mail services provided by the Chinese and US companies
Use the coded mailers



アメリカや中国系のネットメールサービスを利用してはいけない
サーバーから通信情報が抜き取られている
メールサービスの事業者が政府の指示で通信情報を政府に提供している
アメリカでの提供先はスパイ機関のNSAである

ます、ネットのメールサービスはすべて利用してはいけない
インターネットでメールを利用するなら、メールソフトで通信本文と添付資料は
暗号化して添付しやり取りする必要がある

メーラーはアメリカ、中国系のものは使用してはいけない
−情報の抜き取りにメーラーが対応している可能性がある






SNSサービス・・・・・・・・・・・・・・・

Do not use the US and Chinese SNS services



アメリカや中国系のSNSサービスを利用してはいけない
サーバーから個人や関連情報が抜き取られている
アメリカではスパイ機関のNSAに対してSNSサービスの事業者が全データを提供している
−Google,Facebookが政府の提出命令でデータを提供していることは今回判明した
SNSサービスで個人情報を世界に晒すようなことはしない方が適切である





クラウドサービス・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Do not use the US and Chinese cloud services




クラウドストレージなどのサービスは保存データがアメリカのスパイ機関NSAに提供・漏えいしている
データストレージなどのサービスは無料・有料にかかわらず利用してはいけない
特に企業情報、技術関連情報、学術関連情報や資料をクラウドに保存するのは
禁止すべきである−データがすべて抜き取られている
流出したデータは全てNSAのデータセンターに保存される









US and China products on software, computers and computer network devices are
facilitated with spy functions.

















Micosoft provides the mail data and the OneDrive data to US NSA.
Microsoft works as spy agent with their products, the mail service, Windows 8 and Office2013.


マイクロソフト社・・・同社のメールサービス(Outlook.com)やワンドライブ(元SkyDrive:ストレージ
サービス、Office 2013/Office2016ではこれにに接続して利用するようになっている)について、
NSAが電子メールを暗号化システムを経由しないで読めるようにしたり、OneDriveの
データを参照できるようにしていることが判明した―2013/7/11

Office2013/Office2016とOneDriveに仕組まれて いるデータの流出・スパイの構図がこれだ!!!
アメリカのIT大企業によるスパイ活動の仕組み・・・・
Officeを会社などで使うのは危険極まりないことだ




Windows 8の場合・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メール通信やOneDriveデータがアメリカ政府のスパイ機関NSAへ漏えいしてい る
会社などでWindows 8を使うのは大問題なのでは・・・
Windows 8はブラックソフトということか
これでは、Windows 8もアメリカのスパイ機関のための道具立てだ




Windows 8.1の場合・・・・・

Windows 8.1でもWindows 8と同様である
クラウドサービスの利用については、更に強化されているので、より円滑に
スパイ機関のNSAへデータが流出するようになる―詳細は次をクリック




Microsoft sell their products, Windows 8 and Office 2013, which work as spy tools.



これは極めて悪質なコンピューターウイルスだ・・・・・・・・・・・・・・
憲法や刑法、情報関連法などにも違反している―違法ソフトか



日本では、「不正指令電磁的記録に関する罪」に該当する可能性がある
アメリカでは合法であっても、アメリカ法が有効でない日本など他の国では、コンピュータ
ウイルスと同様の動作をするソフトであれば、コンピューターウイルスの禁止関連法に
該当し犯罪行為となる
もちろん、通信の自由やプライバシー保護など憲法にも違反している


世界では政府がWindows8/8.1の使用を禁止・・・・





マイクロソフト社は、このようにスパイツールとなり、通信の秘密やデータの秘密保護を確保できない
ものであるので、Windows 8やOffice 2013の返品と返金に応じるべきである



また、ネットのサービスは利用してはいけないということだ
マイクロソフト社やFacebookなどは、NSAにデータを漏えい・閲覧 させていることを
サービス約款に明記するとともに、サービスの利用開始時に同意をとりつける べきだ
だだ漏れに同意する場合に限って利用するように・・



アメリカのIT、ネット企業は完全にブラック企業だ

会社でこのようなサービスを利用していれば、データ・資料・情報がアメリカに
だだ漏れということだ―本当に糞国家だ


会社や研究所などはこのようなネットサービスは利用し ない方がいいということだ

サーバーサービス・情報処理及び・通信機器・・・・・・・・・・・
Do not use the hardwares and softwares made by the China and USA

サーバーや機材・部品もアメリカ、中国系のものは使用してはいけない
サーバーや通信機器などに情報を抜き取る機能が搭載されている可能性がある−
利用者にわからずバックグラウンドで機能し、痕跡も残さないもの
今後、Windowsやオラクルなどにも注意が必要である


企業や研究機関、行政機関などの対応策・・・・・・・・・・・・・・・
Civil enterprises, research institutes and administrative organizations should have
computer networks which are not connected to the Internet.

高度な技術でハッキングされ情報を抜き取られるので、ファイアウオールなど、
通常の対ハッキング技術では防止することは不可能である

更に、NSAなどは、ファイアウオールやソフトに仕掛けを組み込ませる権力が
あるので、どうやっても防ぎようがないということだ

企業や研究機関、重要なインフラ施設、行政機関などでは、基幹システム
はインターネットに接続しないで、完全に独立した別途のLan, 専用回線網を
構築・維持すべきである−このLan, 専用回線網はインターネットに物理的に
接続されていないものとすべきである



ネット用には全く独立した別のネットワークを設けて、このシステムのサーバーや
PCなどには、企業情報、研究情報、行政情報などは全く載せないようにすべきである

社会に重要なインフラ施設のネットワークは、インターネット接続のものとしてはいけない
−コストが多少かかっても独立した専用回線・専用Lanとすべきである



不正アクセス防止法違反で逮捕すべきは・・・・・・



アメリカのネット企業は悪魔だ・・・・・・・・・・・・・・













Windows 10/Office 2016でも同様に情報が
NSCへ流出する仕組みは変わらない


OneDrive等の利用がさらに巧妙に
なっているので知らないうちにNSCへ
データがコピー・流出する






なぜマイクロソフト社は日本の利用者にこの事実を告げないのか

商品に表示すべきである

これは日本では憲法違反である





高くて危険なWindowsをやめて・・・・
無料OSと無料オフィスソフトに切り替える方法がある・・・・・・・・






各国での憲法違反や関連法令違反にかかる行政・法務当局の対応
―犯罪性について

Legal Actions in Various Countries





このような機能を持つソフトやWebサービスが、たとえアメリカで合法であるとしても、
世界の各国では異なるものである

各国では、もちろん日本でも、以下の法令に照らして、関連の行政・法務当局が
適切な対応をとる必要がある

憲法違反―基本的人権、通信の自由の侵害
刑法違反―情報という財物の搾取―NSAが主犯でマイクロソフト社など無断で提供しているIT,Web企業は共犯
通信関連法令違反―通信の自由と通信の秘密の保護
コンピューターウイルス防止関連法令違反―データの漏えい機能によるウイルス類似動作
商品・サービスの表示関連法令違反―ソフトウェアの機能表示、Webサービスのサービス内容表示
消費者保護関連法令違反―消費者の基本的権利の保護

違法となれば、ソフトウェアの販売停止や機能改善及び表示の改善、Webサービスの
停止や機能改善、表示の改善などが行われることとなる



そもそも、日本では憲法違反ではないのか・・・・



また、例えば、次のように日本では犯罪行為となる可能性がある・・・・




根性なしのお役人さん・・・相手がアメリカのスパイ機関だからといって

ひるむな―――憲法と刑法などの国内関連法をちゃんと守ってね

違法ソフトや違法webサービスは販売停止や提供停止にしなきゃいかんよ


マイクロソフトのWindows 8やOffice2013がコンピューターウイルスではなく、日本で
合法とするならば、
同じ機能のコンピューターウイルスを違法としてつかまえるのは
やめてね・・・





Windowsと Officeを日本の役所や民間会社で使うことの違法性





国や地方自治体は、このような違法性が考えられるのに、そのまま使い続けるのであろうか
ひどい国だ
総務大臣がWindows XPのサポート停止がらみで、Windowsを切り替えるように推奨しているが(テレビで
記者会見―2014/4 )、Windowsの違法性も指摘せず、切り替えを推奨するというのはどういうことか

また、民間会社でWndows, Office等を使用して個人情報を外国へ漏えいさせれば、会社が個人情報保護法違反を
問われることになる

情報がNSAに流出することを知りながら、Windows, Office等を日本の役所や民間会社などで使用しつづければ、
刑法の窃盗の正犯か幇助を問われることになる

コンピュータとセキュリティをぐだぐだいっている立派なお役所は、こんなことを放置していていいのか・・・・

経済産業省
総務省
警察庁
消費者庁




予防策・・・・
ドライブの暗号化、メールの暗号化、添付ファイル の暗号化
Preventive Measures



ドライブの暗号化・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TrueCrypt/暗号化できる仮想ドライブを作るフリーソフト

提供サイト・・・  http://www.truecrypt.org/docs/
日本語化・・・・  http://www.truecrypt.org/localizations

使い方・・・・・・

仮想暗号化ドライブ作成 TrueCrypt
TrueCrypt を使って暗号化してみた
TrueCryptでUSBメモリやHDDのファイルを丸ごと暗号化
TrueCryptでDropboxのデータ を暗号化して利用する

暗号化対応メールソフト・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Pochy/無料メールソフト

提供サイト・・・・・  http://www.geocities.jp/mah0bin/pochy/pochy.htm
            http://pochy.sourceforge.jp/pukiwiki/pukiwiki.php?%A5%C0%A5%A6%A5%F3%A5%ED%A1%BC%A5%C9

使い方・・・・・

暗号メールにも対応したシンプ ルなメーラー「pochy」:お得WEB


Sylpheed/無料メールソフト

提供サイト・・・  http://sylpheed.sraoss.jp/ja/

使い方・・・・・

Sylpheedの特徴/セキュリティ機 能(GnuPG、SSL/TLSv1)
Sylpheed を使いこなそう/メールを暗号化する


ファイルの暗号化ソフト・・・添付ファイルの暗号化

アタッシェケース

提供サイト・・・・   http://hibara.org/software/attachecase/

使い方・・・・



ED

提供サイト・・・・  http://type74.org/ed.php

Chaky

提供サイト・・・・  http://idiagdia.com/


Seacret Holder

提供サイト・・・ http://homepage3.nifty.com/ksaso/Secret%20Holder.htm


フォルダーの暗号化・・・・・・・・

Secure Holder

提供サイト・・・・・・・・・・・・・・  https://sites.google.com/site/securefolders/

使い方・・・・



無料オフイスソフトを使おう・・・





Windows 8の替りに無料OS・・・・・・・・・・・・・




メールでヘッダー情報を匿名化する・・・・ Torの機能を活用する

世界のスパイ機関がネットでメールなどのデータを盗んで、それを蓄積・盗み見て
利用している

このなかで、メールの身元が判明するのはメールのヘッダー情報からである
メールの中身は本文や添付ファイルをまとめて暗号化しても、ヘッダー情報を普通の状態で
つかまれると、こちらの身元がわかってしまう
こんな腹の立つことはない

そこで、このヘッダー情報を匿名化ソフトTorの機能を使って、隠蔽することが可能である
隠蔽と言ってもこれは防衛的隠蔽なので、NSAなどの大泥棒から身を守る正当な行為ということだ

Thundebird―有名な無料の高機能メールソフトでアドオン―TorBirdyを使う

TorBirdy/

このサイトからダウンロードしてこのアドオンを使えるようにする



Thunderbirdの提供サイトはこちら






国家やスパイ機関等の流出情報がまとめて検索できるサイト



Pastebin/ペーストビン

次の画面が表示される

pastebin


検索欄に・・・ pwned をキーインして機密情報のリストを表示する



リストが表示される





ごろつき国家中国も負けてはいない−Lenovoのパソコンは買うな!





2013/7、英情報機関が世界最大のパソコン企業である中国レノボ社製品の使用を禁止した
これは、 情報局保安部(MI5)や政府通信本部(GCHQ)が製品を調査して、外部からの操作により
パソコン内のデータにアクセスできる工作が施されているのを発見したことによるものである―つまり、
通常のセキュリティー保護を回避するバックドアがチップに最初から仕込まれているというものだ

なお、すでに使用禁止の通達は米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの情報機関でも出されている―札付きなのだ

レノボ社は、最大の株主が中国の国家機関である「中国科学院」であり、ゴロツキ国家中国の国家機関がこの不正に
関与していることは間違いない―というよりは、このようにするためにレノボ社をIBMから買収したのであろう

また、レノボ社は「製品の信頼性と安全性は顧客に対して常に保証されている」などとコメントしているが(東京新聞2013/8/2)
大嘘であるのはこれまた間違いない

この調子なので、中国製のルーターやファイアフォールなど通信関連機器も危険で買うわけにはいかない
チップの中にセキュリティホールが組み込まれていてはウイルスチェックやセキュリティチェックは効果が無い