Part 1/ Part2へ行く


無料ソフトウェア集





Windows 7の動作を少しでも軽快にするための、Windows 7のツールの利用の仕方と無料ソフトで
Windows 7の設定をアマチュアの方でも簡単に変更できる方法を図解いたします。

無料ツールソフトについては、ダウンロード・インストールと操作方法を図解します。

これ以外にも、より専門的な操作でWindows 7の設定を変更したり、不要なファィルを削除できるフリーソフトや、
また、有料のものもあります。

Windows 7のツールの利用と無料ソフトの利用は、自己責任で行ってください。
また、特に重要なデータは外部記憶装置やCD/DVD等にバックアップをとられることをお奨めします。





Part 1

使用しない不要なソフトを削除する

ハードディスクの不要なファィル・ホルダーを削除する

Windows 7のツールやフリーソフトでディスク・クリーンアップを実行する

Windows 7のツールでハードディスクをデブラグする


Part 2

無料ソフトWinDNA 7で最適化の設定を行いWindows 7を高速化する

無料ソフトAdvanced SystemCareでWindowsの修復・高速化設定を行う

スタートアップメニューで不要なものは削除する−Windows 7の起動を早くする

その他の方法




使用しない不要なソフトを削除する

パソコンで使用していないソフトは削除しましょう。

Windowsのスタートボタンをクリックする
「コントロールパネル」をクリックする



コントロールパネルが表示される
「プログラムと機能」をクリックする



プログラムの一覧が表示される
削除するプログラムをクリックする
「アンインストール」をクリックする
削除が実行される





複数のプログラムを削除する場合は次々に「削除」操作をする


ハードディスクの不要なファィル・ホルダーを削除する

ハードディスクの中の必要でないファィルやホルダーは削除しましよう。
また、使用しないホルダー・ファィルで保存しておくものは、外付けのハードディスクや
CD/DVDにバックアップをとって、ハードディスクからは削除しましょう。

エクスプローラを起動する−ここではタスクバーに表示しておいて操作している
エクスプローラは「アクセサリ」にある



ライブラリやドライブにある不要なホルダーやファイルを削除する
ドライブのものを削除すると・・・



削除するホルダーの上でマウスを右クリックし、メニューの「削除」をクリックする



削除の確認−「はい」をクリックする



ファイルの場合も同様の操作になる
ホルダーやファイルをゴミ箱へマウスでドラッグ・ドロップしてもよい

削除操作をしたら、「ごみ箱」の上でマウスを右クリックする
メニューの「ごみ箱を空にする」をクリックする

ごみ箱を空にしないとハードディスクから実質的に削除したことにはならないので注意
しましょう。




Windows 7のツールでディスク・クリーンアップを実行する

Windows 7のツールで「ディスク・クリーンアップ」というものが用意されています。
これを使用して、削除しても動作に支障のない一時保存ファィル―テンポラリーファィルなどを
削除しましょう。

次のように操作して、「ディスク・クリーンアップ」を起動する









ドライブを選択する
「OK」をクリックする



作成される空き領域が計算される



削除するファィルにマウスでチェックを入れて指定する
削除するファィルがどのようなものかは、画面下に表示されるので確認する
指定したら「OK」をクリックする



クリーンアップが実行されて、削除しても支障のないファィルが削除される


Windows 7のツールやフリーソフトでハードディスクをデブラグする

パソコンを使用していると、プログラムやデータがハードディスク上でばらばらな位置に記録されて
いきます。
このままでは、ハードディスクへのアクセスに時間がかかることになるので、効率がよくありません。
ばらばらに記録されているものをまとめて一箇所に集めるのをデフラグといいます。

Windows 7のツールを使う・・・

Windows 7ではこのためのツールが用意されているので、時間が経過したら、このツールを使用しましょう。
ただし、処理時間がかかるので、無料のツールで処理が高速なものを使用したほうがべたーである。

次のように操作して「デフラグツール」を起動する









デフラグするハードディスクのドライブをマウスでクリックして選択する
「分析」をクリックする



分析が終わったら「ディスクの最適化」をクリックして最適化する



一定期間ごとにこれを実行する効果的です。


フリーソフトのデブラグツールを使用する・・・・

Windowsに付属しているツールより高性能なツールはフリーソフトとして提供されているものがあり利用できます

ここでは、「Smart Defrag 2 スマート・デフラグ2」という無料のツールを図解します

提供サイトはこちら

次の画面が表示される−「無料版ダウンロード」をクリックする



「今すぐダウンロード」をクリックする



「開く」をクリックする



次のホルダーが表示される
ダウンロードされた実行ファイルをマウスでダブルクリックする



インストールが開始される
次へをクリックする



使用許諾−Accep同意をクリックする



インストールが進行する
完了したら「完了」をクリックする



基本設定−このままで「スタート」をクリックする



Smart Defragの画面が表示される



デフラグするドライブをマウスでクリックして選択する
「分析」をクリックしてデフラグ状況を把握する
「デフラグ」をクリックして最適化を実施する



デフラグは次の方法で行える−通常は、デフラグと高速最適化で行うと良い



分析は次のように行われる



分析が完了すると次の表示になる
推奨する処理に「デフラグと高速最適化」とでるので、ここをマウスでクリックするとそれが実行される



実行結果が表示される



Smart Defragを終了するには画面右上の閉じるボタンをクリックする






続きは・・・・・・・・・・・・

Part2へ行く



Top







射出成形機の仕様と金型図面

射出成形機の金型図面バックナンバー集
プラ金型事業者・工場名簿
最新版Excel 2010 操作図解早くも登場
 パワーポイントと無料ソフトImpressの図解
パワーポイントの実例図解
印刷の基礎知識・電子媒体作成ノーハウ
無料ソフトでホームページの作成と運用

最新パワーポイント2010の実例図解

Acrobat 8 とPDFの活用図解
Acrobat 9 とPDFの活用図解
Acrobat XとPDFの活用図解
Windows 7で無料ソフトを活用する図解
ワープロソフトの対比式図解
Word 2010 図解 早くも登場
実例図解Access 2007/2010
実例図解FileMaker Pro 10

新OSのWindows 7の操作法図解
実例図解FileMaker Pro 11 最新版
実例図解無料データベースソフトBase
Excel と無料ソフトCalcの対比式図解
情報源リンク型の保健・福祉統計用語辞典
情報源リンク型の保健・福祉統計用語辞典
無料ソフトで音楽・動画・DVDを活用
Windowsの無料ソフト活用とLinuxの利用図解
Excelの対比式図解
Excel 2010で統計関数大幅変更








Copy right reserved 2012