Part 2/Part 1に戻る


無料ソフトウェア集





Windows 7の動作を少しでも軽快にするための、Windows 7のツールの利用の仕方と無料ソフトで
Windows 7の設定をアマチュアの方でも簡単に変更できる方法を図解いたします。

無料ツールソフトについては、ダウンロード・インストールと操作方法を図解します。

これ以外にも、より専門的な操作でWindows 7の設定を変更したり、不要なファィルを削除できるフリーソフトや、
また、有料のものもあります。

Windows 7のツールの利用と無料ソフトの利用は、自己責任で行ってください。
また、特に重要なデータは外部記憶装置やCD/DVD等にバックアップをとられることをお奨めします。




Part 1

使用しない不要なソフトを削除する

ハードディスクの不要なファィル・ホルダーを削除する

Windows 7のツールやフリーソフトでディスク・クリーンアップを実行する

Windows 7のツールでハードディスクをデブラグする


Part 2

無料ソフトWinDNA 7で最適化の設定を行いWindows 7を高速化する

無料ソフトAdvanced SystemCareでWindowsの修復・高速化設定を行う

   Windows 8.1での操作は次をクリック・・・・・



スタートアップメニューで不要なものは削除する−Windows 7の起動を早くする

その他の方法







無料ソフトWinDNA 7で最適化の設定を行いWindows 7を高速化する


WinDNA 7の提供サイトをアクセスする

ここをクリックする

「今すぐダウンロード」をクリックする



ダウンロードが開始しないときには「こちらを・・・」をクリックする



「開く」をクリックする



解凍され保存される
次の画面が開く



WinDNA7の上でマウスを右クリックし、メニューの「管理者として実行」をクリックして起動する



操作画面である次の画面が表示される
画面左側の対応分野ボックスをクリックして設定画面を表示して設定する



各分野で設定すると効果的な項目は次の通りである
チェックを入れたら「OK」をクリックする









項目をクリックすると、次のように設定の内容が画面下に表示される







無料ソフトAdvanced SystemCareでWindowsの修復・高速化設定を行う


 この無料ソフトは、マルウェアの除去、レジストリの整理、個人ファィルの削除、不要ファィルの除去、システムの最適化、ディスクデフラグ、
 ショートカットの修復、ディスクのスキャン、脆弱性の修復などを行うことが出来ます−多機能で便利

ダウンロードとインストール

無料ソフトの提供サイトをブラウザでアクセスする

ここをクリック・・・・・・・・・
サイトのアドレスは・・・・http://jp.iobit.com/

次の画面が表示される

「今すぐ無料版をダウンロード」をクリックする



なお、画面下の「更に詳しく」をクリックすると機能の解説がある


「このソフトを今すぐダウンロード」をクリックする




「ファイルを開く」をクリックする―「保存」でもよい



ダウンロードして解凍され保存される



このファイルの上でマウスを右クリックし、メニューの「管理者として実行」をクリックする



ウイザードが開始される
インストールの操作をする
次へをクリックする



使用許諾−同意するをクリックする



インストール先の指定−このままで次へをクリックする



追加タスク―このままでよい
次へをクリックする



完了をクリックする



チュートリアルー次へをクリックしていく



中略

スキンと言語の選択―このままでよい
「今すぐ開始」をクリックする




Advaned SystemCareの操作画面が表示される




インストールが完了した

デスクトップにアイコンが作成される−これをクリックすると前画面のメイン操作画面が表示される




操作方法・・・・・・・・・・・

マルウェアの除去、レジストリの整理、個人ファィルの削除、不要ファィルの除去、システムの最適化をまとめて実行する
実行する項目をマウスで選択して「スキャン」ヲクリックすると実行される

マルウェア除去からショートカット修復まではデフォルトでチェックが入っている




スキャンと修復の実行・・・・

「スキャン」をクリックする



チェックした項目について順次実行される
進行が表示される



スキャンが完了した
「修復」をクリックする



修復が進行する



終了したら「完了」をクリックする



パソコンの状態が表示される

ブルーになると高速、安全な状態である




ツールボックス・・・・・

25以上の各種機能が利用できる

ツールボックスをクリックして表示し操作する



利用できる機能が一覧表示される―Proとあるのは有料版、それ以外は無料版で利用できる機能




ターボブースト・・・・・・

用途により高速化・最適化するためのもの

ターボブーストをクリックして表示する



次の画面が表示されるのでパソコンを使用する仕事の種類を選択する
選択するとそれにあわせた最適・高速な環境を設定してくれる

次へをクリックして操作する






不要なサービスを無効化して高速化する―マウスでチェックを入れる












設定が完了する―「適用」をクリックする



アクションセンター・・・・

更に高度なセキュリティと便利性のためのメニューがある
「修復」ヲクリックして操作する





設定・・・・・・・・・・・・

クイック設定・・・・
クイック設定ボタンをクリックして表示し操作する






復元・・・・

復元ボタンをクリックして画面を表示して操作する







スキンの切り替え・・・・・・
スキンボタンをクリックする



スキンの変更ボタンをクリックして変更する




詳細設定・・・・・・・

詳細設定ボタンをクリックして表示する








終了するには・・・

閉じボタンをクリックする







Windows 8.1での操作は次をクリック・・・・・









スタートアップメニューで不要なものは削除する−Windows 7の起動を早くする

Windows 7の機能による方法・・・・・・・・・・・・・・・・・

スタートボタンをクリックして「プログラムとファイルの検索」欄を表示する



「msconfig」をキーインしてキーボードのEnterキーを押す



システム構成画面が表示される
タブの「スタートアップ」をクリックして開く



削除するスタートメニューの項目のボックスのチェックをマウスでクリックして外す
「適用」をクリックする



画面右上の閉じるボタンをクリックしてこの画面を閉じる


無料ソフトCCleanerでスタートアップメニューで不要なものは削除する方法・・・・

CCleanerの提供サイトにアクセスする

こちらをクリック

Downloadダウンロードをクリックする



Free無料版の配布リンクをクリックする




「新バージョンをダウンロードする」をクリックする



「実行」をクリックする



Japanese日本語を確認してOKをクリックする



インストールが開始−「次へ」をクリックする



使用許諾−「同意する」をクリックする



「インストール」をクリックする



「完了」をクリックする



「はい」をクリックする



デスクトップにアイコンが作成される
起動するにはこれをダブルクリックする



CCleanerの操作が画面が表示される



「ツール」の「スタートアップ」をクリックする



無効にするスタートアップ項目をマウスでクリックして選択し「無効」をクリックする







その他の方法・ツール
 
無料ツールのWin高速化で設定を高速化する・・・・・・・・・・・・

提供サイトと利用解説・・・こちら



設定項目は50以上であり、分野ごとにクリックして設定項目を表示し、マウスでチェックを入れる。
分野ごとに「高速化」ボタンをクリックするだけで設定できる。


Glary Utilitiesの無料ツールを利用する・・・・・

このツールは総合的なメンテナンスソフトです。
主たる機能は、ディスククリーナー、レジストリクリーナー、スタートアップ管理、メモリの最適化、
データの復元、ファィルの完全削除、空フォルダの検出と削除、不要なソフトの削除などです。
いわゆるゴミファイルの削除にも有効。

次のサイトからダウンロードしてインストールできます。

 Glary Utilitiesのダウンロード   解説


無料ツールRevo Uninstallerで完全にアンインストールする・・・・・

ソフトを完全に削除するためのツール
提供サイトはこちら/ 解説


メモリーを増設する・・・・

効果的な方法としてメモリーの増設がある−メモリーの価格は最近低下しているため
パソコンにメモリー増設のスロットがある場合は、同一種類のメモリーを購入して増設する
メモリーの増設の仕方は、そのパソコンのマニュアルに記述してあるので参照する


動作速度が軽快なアプリケーションソフトを使う・・・・・・・・・・・・・・・・・

例えば、ブラウザでは、IEなどよりも、Google Chromeを , PDF閲覧ソフトでは、Adobe Readerよりも
PDF XChange Viewerなど




Top


Part 2/Part 1に戻る






Copy right reserved 2012