ユーザーを追加する、SkyDriveを使う、外部ソフトをインストールする





INDEX-Part 8/ユーザーを追加する、SkyDriveを使う、外部ソフトをインストールする

ユーザーを追加するSkyDriveを使う
外部ソフトをインストールする 外部ソフトのインストールで、「WindowsによりPCが保護された」の
表示によりインストールが出来ないときの対応の仕方
アプリのメールに他のアカウントを追加する外部アプリのインストール−
Windows Essentials 2012をインストールして利用する
Windowsのアップグレードの注意点 外部ソフト、例えばPDF閲覧ソフトをWin8にインストールして
都合のいい方のソフトを既定のプログラムに設定する方法
タッチパネルディスプレイでないのにWindows 8で
どうしてもタッチ操作をしたいときには・・・・
Windows 8を簡単にシャットダウンする―便利ソフトを利用




Windows 8 の基本操作
Windows 8 の便利な操作の仕方
Windows 8 のセキュリティ
へ戻るへ戻るへ戻る
Windows 8 の設定とシステムの操作
スタート画面の専用アプリの操作・その他の機能Windows 8 用便利ツール・その他の機能
へ戻るへ戻るへ戻る
Windows8のエクスプローラの使い方・その他の機能

へ戻る





   








Windows 8で新規にユーザーを追加する方法
そのユーザーがSkyDriveを新規に利用する方法
外部ソフトをインストールする操作の仕方 を図解します




Windows 8で新規にユーザーを追加する方法



スタート画面で、画面の右下隅にマウスのポイントを持ってくる



チャームが表示される―設定をクリック、または、タップする



PC設定の変更をクリックする



設定画面が表示される
「ユーザー」をクリックする―ユーザー画面が表示される

画面右下の「ユーザーの追加」をクリックする



ユーザーの追加画面が表示される
Microsoftアカウントに使いたいメールアドレスをキーインする(すでに登録している場合はそれをキーインする)
ここでは新規のものをキーインすることとする
「メールアドレスを新規登録する」をクリックする



新規登録画面が表示される
必要事項をキーインして「次へ」をクリックする



さらに登録用画面が続くのでキーインなどをする

ユーザーが新規追加された
完了をクリックする



パソコンを再起動する

新規のユーザーでログインする
起動した画面でユーザーを切り替える―ログイン画面で矢印のアイコンをクリックして新規登録したユーザーに変える



新規ユーザーのログイン画面になるので、新規ユーザーのパスワードをキーインする
ログインできる

新規ユーザーでログインしたら・・・

新規ユーザーのアカウント画像を入れることとする

「PC設定」の画面を表示する―PC設定画面の表示の仕方は、すでに図解したものによる
「パーソナル設定」をクリックする
「アカウントの画像」をクリックする
「参照」をクリックする



画像ファイルから選択して設定した―画像はあらかじめ用意しておく



「ユーザー」をクリックすると確認できる






SkyDriveを新規に利用する操作方法



新規登録したユーザーがSkyDriveを利用する方法を図解する

スタート画面で「SkyDriveの」タイルをクリック/タップする

Windowsアカウントを新規登録したときに、SkyDriveは利用できるように登録処理されている

このため、新規登録したユーザーでSkyDriveを開くことができる



新規登録したユーザーのSkyDriveが表示される
これがデフォルトの画面である
つぎのようなホルダーが用意されている



新しいホルダーフォルダー()を追加する・・・・

画面の中でマウスを右クリックする
画面の下にツールバーが表示される

  

ツールバーのなかの「ホルダーの追加」をクリックする
ホルダー名をキーインする



ホルダーが追加されて表示される



ホルダーのなかに、ファイルをアップロードする・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホルダーをマウスでダブルクリックして開く



ホルダーが開いて表示される



画面を右クリックして画面の下にツールバーを表示する

アップロードをクリックする


アップロードするファイルを選択表示する




ファイルをマウスで右クリックして選択する−ファイルのアイコンにチェックマークが表示される



画面下に表示される「SkyDriveに追加」をクリックする」



アップロードされた



コメント・・・・・・・・・・・・・・

全画面でのSkyDriveは使いにくい
SkyDriveを別途、専用の画面で使った方が良い―Windows Liveなどで
Windows 8のこのSkyDriveアプリは操作もわかりにくい
Windows 8の専用アプリの共通欠陥です


アプリでの画面移動は・・・・・・・・

アプリでの画面移動は、右上の矢印のアイコンをクリックして行う

アプリの画面の切り替えは、マウスを左上隅にポイントして、下にポインターを下げると一覧のサムネイルが表示される
表示したい画面をマウスでクリックする







外部ソフトをインストールする操作の仕方



ネットの無料ソフトをインストールする方法とCD/DVDメディアのソフトをインストールする方法を図解する



画面をデスクトップ画面にして操作する

デスクトップタイルをクリック/タップする



デスクトップ画面が表示される



ネットの無料ソフトをインストールする方法・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ネットの無料ソフトをダウンロードしてインストールする方法の例である

ブラウザのFirfoxをインストールする

ブラウザを起動する

無料ソフトの提供サイトをアクセスする





Firefox日本語版のサイトはこちら

無料ダウンロードをクリックする





ブラウザの下部に表示が出る―Internet Explorerの場合
ブラウザ仁手は、ボックス画面が表示される
「実行」をクリックする



セットアップウイザードに従って操作する







セットアップが完了する



ブックマークの移行をする



インストールしたブラウザが使えるようになる



スタート画面へのタイルの表示・・・
通常は、インストールとともに自動的にタイルが追加される

もし、追加されないときは、次のように操作する
そのソフトの起動アイコンの上でマウスを右クリックする
メニューの「スタートにピン留め」をクリックする



スタート画面でこのソフトのタイルが追加されている



このタイルをクリックすると、デスクトップ画面に切り替わってソフトが起動する






CD/DVDメディアのソフトをインストールする方法・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

操作はデスクトップ画面で行う
デスクトップ画面にする

デスクトップタイルをクリック/タップする



デスクトップ画面が表示される



インストールするソフトのCD/DVDをCD/DVDドライブに挿入する

ドライブのディスクに対する操作指示の表示がでる
マウスでクリック/タップする



autorun.exe自動起動の実行をクリックする



D/DVDが起動する
セットアップウイザードに従って操作する





中略

インストールが完了する



スタート画面を表示する



インストールしたソフトのタイルが追加されている



なお、デスクトップ画面にも起動用のアイコンが設定される

スタート画面でインストールされているソフト・アプリの一覧を見るには・・・・・・

スタート画面でマウスを右クリックする

画面下にツールバーが表示される

「すべてのアプリ」をクリックする



一覧が表示される




一台のパソコンに複数のユーザーがいる場合、この一覧を表示して、他のユーザーがインストールしているソフト・アプリを
使うことができる

具体的には、この一覧を表示して、アイコンをクリックしてそのソフトを使っても良い

スタート画面にこのソフト・アプリのアイコンをタイルで表示したいときには、次のように操作する

スタート画面に表示したいソフトのアイコンをマウスで右クリックする
選択されてチェックが表示される



画面下にツールバーが表示される
「スタート画面にピン留めする」をクリックする



スタート画面にタイルが追加表示される



複数のユーザーで一台のパソコンを使うときは、他のユーザーのインストールしたアプリ・ソフトを
他のユーザーもこのようにして使える―別々に改めてインストールする必要は無い




外部ソフトのインストール例 その2








外部ソフトのインストールで、「WindowsによりPCが保護された」の表示によりインストールが出来ないときの対応の仕方・・・・・・

ダウンロードしたものをダブルクリックして、インストールのため起動したときに・・・



「詳細情報」をクリックする



「実行」をクリックする



ウイザードが開始されてインストールできる



以降、インストールしていく




外部アプリのインストール−
Windows Essentials 2012をインストールして利用する




Windows 8へのインストールと使い方を図解しています。

無料ソフトであるWindows Essentials 2012には次のような機能・ソフトが含まれています。

Windows Live Mail/Outlook−メール機能 、カレンダー機能など
Windows Messenger  −メッセンジャー機能、2012ではSkypeに変更されている
Windowsムービーメーカー −動画編集ソフト
Windowsフォトギャラリー −写真の整理・編集機能
Windows Live Writer −ブログ作成・投稿機能


次をクリックして参照してください







アプリのメールに他のアカウントを追加する



Windows 8 のスタート画面のメールに、他のメールアカウントを追加して使用する方法を図解する

スタート画面のメールタイルをクリックしてメールアプリを起動しておく
メール画面になったら、以下のように操作する―これがツボ

ここでは、Gmailを追加する

画面の右下隅をマウスでポイントしてチャームを表示する
設定をクリック/タップする



設定が表示されるので、「アカウント」をクリックする



アカウントの追加をクリックする

追加するメールのアカウントをクリックする―ここでは、Google、すなわち、Gmail



Gmailのアカウント―Gmailのメールアドレスとパスワードをキーインする
「接続」をクリックする



Gmail用のメール画面が表示されて使えるようになる



メールのアカウントの切り替えは画面左下の切り替えボタンで行える






Windowsのアップグレードの注意点



Windows XPからのアップグレード・・・・・・・・・Windows XPのSP3が適用されていないとアップグレードはできない
                           アプリは引き継げない
                           64ビット版にはアップグレードはできない

Windows Vistaからのアップグレード・・・・・・・・・個人ファイル、設定は引き継げる

Windows 7からのアップグレード・・・・個人ファイル、設定、アプリまで引き継げる
                      ただし、ウイルス対策ソフトはインストールし直しが必要





タッチパネルディスプレイでないのにWindows 8でどうしてもタッチ操作をしたいときには・・



タッチパネルディスプレイは高い・・・でもタッチ操作がしたい

タッチ操作が出来るマウスを買うのがいい・・・

例えば・・・エレコムのM-BL19DBというのがある

エレコムのM-BL19DB



価格は価格.com





Windows 8を簡単にシャットダウンする―便利なソフトを利用



Windows 8をシャットダウンするのに、いちいちチャームを表示するのは、面倒で仕方がありません。
そこでフリーソフトを使ってワンクリックで簡単に操作できるようにします。

Windows 8用シャットダウンプログラムというフリーソフトを利用します。

提供サイトはこちら・・・・http://www.webtech.co.jp/blog/win8/3486/

次の画面が表示されます。
画面の下へスクロールします。



ダウンロードするをクリックします。



ブラウザで次の表示があるので(IEの場合)、ファイルを開くをクリックします。



ダウンロード先ホルダーが表示されます。



実行ファイルがあるので、この上でマウスを右クリックして、ショートカットを作成します。



作成されたショートカットをマウスでつかんで、デスクトップにドラッグ・ドロップします。



デスクトップにショートカットが配置されます。
これをクリックすると、シャットダウンボックス画面が表示されて操作できます。



「はい」をクリックするとシャットダウンされます。



これでもいいのですが、デスクトップのタスクバーにアイコンとスタート画面にパネルを配置して
置くこととします。

デスクトップのタスクバーにアイコンを配置する・・・

ショートカットの上でマウスを右クリックし、「タスクバーにピン留め」をクリックします。



これをクリックするとシャットダウンボックス画面が表示されます。



スタート画面にパネルを配置する・・・・

ショートカットの上でマウスを右クリックし、「スタートにピン留め」をクリックします。



パネルが設置されました。
このパネルをクリックするとシャットダウンボックス画面が表示されます。




これをタスクバーにピン留めしておくと便利です。
タスクバーにピン留めは、タイルの右クリックで、画面下の表示の「タスクバーにピン留め」をクリック・タップする



Top




Copy right reserved : 金型通信社