Windows 8 のスタート画面の専用アプリの操作・その他の機能





INDEX-Part 5/Windows 8 のスタート画面の専用アプリの操作・その他の機能
Microsoftアカウントを取得する
専用アプリの操作の概要
メールストレージのSkyDrive
ピープルメッセージング
専用アプリの追加インストール 起動している専用アプリを切り替えて表示する
・専用アプリを閉じるには
専用アプリから印刷する
パソコンのファィルを検索するアプリなどで日本語が入力できるようにする
Windows 8でDVDを再生できる
ようにする
コントロールパネルのタイルをスタート
ページに表示しておく





Windows 8 の基本操作
Windows 8 の便利な操作の仕方
Windows 8 のセキュリティ
へ戻るへ戻るへ戻る
Windows 8 の設定とシステムの操作
Windows 8 用便利ツール・その他の機能
Windows 8 のエクスプローラの操作・その他の機能
へ戻るへ行くへ行く
ユーザーを追加する、SkyDriveを使う、
外部ソフトをインストールする


へ行く


  






Microsoftアカウントを取得する



Windows 8/8.1を便利に使うとき、あらかじめMicrosoftアカウントを取得しておくとよい
これは同アカウントで使うSkyDriveを利用するためである
アカウントの登録は無料である

すでにMicrosoftアカウントを取得している場合は、それを使えばよい

Microsoftアカウントを取得する・・・・・・・・・・

サイトはこちら

新規に登録するには、次の画面で、「Microsoftアカウントに登録しよう」ヲクリックする




作成画面に必要事項をキーイン等して



アカウントの作成ボタンをクリックする



これで登録される




専用アプリの操作の概要



スタート画面はこのような表示になっている
画面左側がWindows 8専用アプリであり、右側が後からインストールした外部アプリである
専用アプリは、プレインストールされたものが表示されている
タイルをクリックして起動する



メール・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メールのタイルをクリック(またはタップ)する



メール画面が表示さる
受信ホルダーが表示される
中央のメールのタイトルをクリックするとそれぞれの内容が表示される
画面の右上のアイコンは・・・左から、新規メール作成、返信、削除である








新規メールの作成は・・・

画面右上のプラスボタンをクリックする



新規メール作成画面が表示される
必要事項をキーインしてメールを作成する―日本語入力ができないときはこちらを参照
作成したら、画面右上の送信ボタンをクリックする



画面で右クリックするとツールバーが表示される
添付ファイルの操作や文字の修飾などは画面下のツールバーのボタンを使う






送信する・・・・
必要事項を入力したら、画面右上の送信ボタンをクリックする



送信ボタン・・・


迷惑メールの処理をするには・・・・

迷惑メールホルダーに移動させると迷惑メールとして登録されて処理される
受信ホルダーで迷惑メールにするメールのタイトルを選択する
右クリックして、ツールバーを表示して「移動」をクリックする
迷惑メールホルダーの項目をクリックする―このホルダーに移動する―これで以降はこのメールは迷惑メールとして
扱われる



迷惑メールを解除する−迷惑メールホルダーを開いて、解除するメールをマウスで選択する
それを右クリックしてツールバーの「移動」をクリックして、受信ホルダーをクリックする

受信ホルダーのタイルをスタート画面に作ることもできる
受信トレイの項目表示の上でマウスを右クリックする
画面下のバーに表示される「スタート画面にピン留め」をクリックする



スタート画面に




他のメールアカウントを追加して使う・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・こちらを参照


機能から見たら、このメーラーはお勧めしない
Mozilla Thunderbirdの方がはるかに便利・・・・デスクトップ画面にこれをインストールして使おう


ストレージのSkyDrive・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

SkyDriveをクリック(またはタップ)する



ホルダーをクリック、タップして開いていく



ピープル・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ピープルをクリック・タップする



次のように操作画面が表示される

各種のサービスを利用できる






メッセージング・・・・・・・・・・・・・・・・・

メッセージングタイルをクリック・タップする




次のように操作画面が表示される







専用アプリの追加インストール



アプリはWindows Storeで無料と有料で提供される

Windows Storeタイルをクリック・タップする



 Storeのトップ画面が表示される




「人気トップ」をクリックすると無料で人気のあるアプリ一覧が表示される



インストールして利用したいアプリをクリック・タップする―無料であるか確認して行うこと

そのアプリのインストール画面が表示される―次のものはUSA TODAYのもの
「インストール」をクリック・タップするとインストールされる



スタート画面にタイルが追加表示される



タイルの場所は、マウスでドラッグ・ドロップすると好きなところに移動できる




起動している専用アプリを切り替えて表示する・専用アプリを閉じるには・・・・・



起動しているアプリ画面を表示する・複数のアプリを切り替えて表示する・・・・・・・・

起動しているアプリの画面を表示するには、画面の左上隅でマウスをポイントするとサムネイルが表示
されるので、マウスを左クリックするとアプリの画面に切り替わる

起動した複数の専用アプリを切り替えて表示するには、画面の左上隅にマウスをポイントして、隅でマウスを
左クリックすると切り替えられる
複数の専用アプリを起動しているときは、次々とクリックしていくと切り替わる



専用アプリをキーで切り替えるには・・・・

Windowsキーを押しながら、 Tabキーを押すと、次々切り替えられる


起動しているアプリを閉じる・・・・・・・・・・・・・・・・・・

操作はスタート画面で行う

起動した専用アプリを閉じるには、マウスで画面の左上隅をポイントして、起動されているアプリのサムネイルを表示して、
その上でマウスを右クリックして「閉じる」をクリックする

また、複数のアプリが起動しているときは、マウスを下にスライド(ドラッグ)させると、縦方向にサムネイルが表示されるので、
閉じたいアプリのサムネイルの上でマウスを右クリックして「閉じる」をクリックする








パソコンのファィルを検索する




WindowsキーとCキーを同時に押して、「チャーム」を表示する

「検索」をクリック・タップする



検索のキーワードをキーインする
「ファイル」をクリック・タップする
結果が左側に表示される






アプリなどで日本語が入力できるようにする



アプリやメールソフト、検索などで日本語入力ができないというのにインストールしたばかりの
Windows 8で遭遇する
それはこれで解決できる

スタート画面の右下隅にマウスをポイントして上にスライドさせる
チャームが表示される―「設定を」クリックする



PCの詳細設定をクリックする



全般の「言語」の「コントロールパネルの言語を開く」をクリックする



「詳細設定」をクリックする



入力方式を日本語―Microsoft IMEにする
デスクトップで言語バーを使用するにチェックを入れる
「ホットキーの変更」をクリックする



ホットキーを変更する―これはやらなくても良い



デスクトップに言語バーが表示される
文字をクリックしてかな文字にする―または、半角と全角漢字キーを押して切り替える―キーボードの左上にある



言語バーがこのようになっていれば日本語入力ができる






Windows 8でDVDを再生できるようにする



Windows 8の通常版では映画などのDVDを再生することはできない
Windows Media CenterなどのDVDムービー再生機能が無いからである

この場合は、DVD再生機能がある動画プレーヤーをインストールする
この無料ソフトとしておすすめがVLC Media Playerである
ダウンロード・インストールは・・・こちら

VLC Media Player などがインストールできたら・・・

Windows 8のパソコンのドライブに映画などのVDを挿入する

操作指示の表示が出る
クリックする



操作を選択する
ここでは、DVDムービー再生―VLC Media Playerをクリックする
ここに表示されるのは、どのようなソフトをインストールしているかで異なる
なお、Windows 8 Pro版ではWindows Media Centerがあるので、それをクリックしてもよい

ここで1回動作の指定をすると、コントロールパネルの既定の動作指定で設定される
2回目以降はこれは表示されない



映画DVDなどが再生される



メディアに対する操作をコントロールするには・・・・

コントロールパネルを使う

ディスクトップ画面の画面の左下隅でマウスを右クリックする
メニューが表示されるので、コントロールパネルをクリックする



コントロールパネルが表示されるー「既定のプログラム」をクリックする



「自動再生の設定」をクリックする



ここで、DVDなどのメディアの動作を設定する



再生する動作のソフトを指定する
毎回動作を確認するにして、動作ごとに指定しても良い




映画DVDなどをドライブに入れても再生が開始しないときは・・・・・・・・・・・・・・・・・

コントロールパネルで設定してもDVDにより自動再生されないことがある
このような時には次のようにする

エクスプローラを開く



映画等のDVDを挿入したDVDドライブが表示される




DVDの上でマウスを右クリックして、メニューの「VLCメディアプレーヤーで再生」をクリックする



VLCメディアプレーヤーが起動して映画等が再生される





その他のマルチメディアプレーヤー・・・・・・・・・・・・・・・

GOM Player・・サイトはこちら

使い方は・・・・・・・・・






コントロールパネルのタイルをスタートページに表示しておく



画面の右下隅にマウスを移動させ、やや上に移動させて、チャームを表示する
「検索」をクリックする

検索チャームが表示される
コントロールパネルをキーインするか
または、アプリをクリックして全部のアプリ一覧を表示する


アプリの一覧が表示される
コントロールパネルの上でマウスを右クリックする
画面下にバーが表示される
「スタート画面にピン留めする」をクリックする

コントロールパネルのタイルが追加される
これをクリックすると、コントロールパネルが表示される



Top











Windows 8の評価はこちら











インターネット検索・電子メール関連サイト
無料ソフトウェア集
ニュース・報道・便利情報サイト

(東京・日本/旅行・生活案内-英語)
東京地下鉄路線図有栖川宮公園風景写真集






Copy right reserved : 金型通信社