Windows 10の不具合報告

パソコンを買い替える
事態もある













  多数の無料ソフトの操作図解





保健・福祉統計用語辞典CD
























  



Windows 10は2015年7月29日にリリースされました。


Windows 10のアップグレードで不具合が続出








Windows 10 の製品版で基本的な性能を検証・検討したところ、次のような特徴があります。

トラブル発生報告を収載しています。







Windows 10のアップグレードリリース後の不具合から、Windows 10
を評価すると・・・・












これで解決・・・・・・・・・・・・









Windows 10とはこういうもの・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







  Windows 7/Windows 8.1の個人ユーザーは無料でアップグレード
  出来ることになりました。



Windows 10にアップデートする場合・・・

Windows 7 Service Pack1(SP1)、または、Windows 8.1 Updateが
動作していることが必要






現在使用しているパソコンの種類別の対応の仕 方・・・・・・・・・・・・・・・・・・




    
無料アップグレードができることとなっ たので・・・・・
    

    無料アップグレード版が安定したら、アップグレードを1年間の無料期間に対応しましょう。−

    すぐにアップグレードするのは危険です― 最初はトラブルが発生するので
     1-2か月間様子をみてそれからが安全です

    Windows 7のユーザーは、無料期間にアップグレードをしましょう。

    ただし、Windows 7のパソコンでは、ハードの性能が対応しない可能性があり、Windows 10が
    快適に動作しないことがあるので、自分のパソコンのスペックをよく確認しましょう。

    Windows 8.1のユーザーは、無料のアップグレード期間の1年間のうちに
    アップグレードしましょう―無料なので

    Windows 8.1が快適に動作しているパソコンではWindpws 10にアップグレードしても大丈夫です
    
   会社で使用しているソフトには動作しないものがあり得る

   周辺機器のドライバーがすぐに対応しない場合がある


無料アップグレード期間は1年間・・・・・・・・・・2015/7/29から 2016/7/29まで



無料アップグレードは、2016/7/29で
終了しました


2016年から要注意・・・・・・・・・・
会社や仕事のパソコンは注意
2016年から自動・強制アップグレード設定になる。
           会社や仕事で使用しているパソコンでは
           自動的にアップグレードされるのを防止する
           必要がある。



2016/5/13以降は厳重注意・・・・・・・
マイクロソフトがWindows 10への強制アップグレードを
仕込んだ!!!!!

これを阻止するには・・・・動画を見て対応

2016年5月13日以降、修正パッチが適用されていると・・・・・・

自動的にWindows 10へアップグレードが開始される

これに対処して、アップグレードを阻止するには、Microsoftが公開している
解説動画の操作を行う必要がある

動画はこちら―https://mix.office.com/watch/ikvhtn5xb7mu


これに対応しそこなって、阻止できなかった時には、1か月以内なら
旧バージョンに復帰できるのでその対処をしよう

ソフトが使えなくなるなどの支障があるからアップグレードしないのに、なぜ強制でやるのか
マイクロソフトはとんでもない糞会社だ―OS提供の資格がないのではないか





ところで・・・・・・・・・・・OSのバージョンアップは迷惑なだけだ

Windows 10はWindows 8の大失敗を修正するもの

そして、スマホで売り上げの低下が著しいパソコンの代替として
携帯端末対応のWindowsに機能追加してマイクロソフトの経営の
低下を防ぐためのもの―利用者にマイクロソフトの経営基盤の
低下を手助けさせるもの・・・なのだ

利用者は迷惑なだけだ








Windows8/8.1の使用者はフリーソフトで次の方法により便利に修正して使いましょう



















Windows 10の操作・機能はこうなった・・・・・

Windows 10の基本的な操作の仕方とソフトのインストール方法・・・・・・・・・・・・・・・・・


これでWindows 10がどのような操作になったかわかります
ご覧ください

詳細な操作図解です
マニュアル本は購入不要―どうぞご利用ください





Windows 10の他の主要変更点と新機能は・・・・・・・・・・

チャーム・・・
マウスの操作ではチャームは開くことができなくなった
タッチ操作が基本となっている

スタート画面を使うには・・・
デスクトップ画面が優先で表示される仕組みとなった
スタート画面から使いたいときは、設定を変更する必要がある―
変更は画面下のツールバーを右クリックして「プロパティ」をクリックし、
プロパティで、「スタートメニュー」タブの「スタートメニューを使う」にマウスでチェックを入れる

IEブラウザ・・・・・
専用アプリ−すなわちストアアプリのIEブラウザが無くなった
デスクトップ画面でIEを使うこととなっている
画面下のツールバーにIEのボタンが表示されるのでこれをクリックすると起動する
また、ブラウザは従来のIEに加えて、Spartanスパルタンという軽量ブラウザが付属する

仮想デスクトップが導入・・・・・・・・・・・
デスクトップ画面を切り替えて使えるようになっている
画面下のツールバーにあるタスクビューボタンをクリックして操作する



デスクトップの追加



この機能は無料のソフトでも実現できるので、新機能と威張られても困る程度のもの
機能からは無料ソフトの方が操作が便利

(無料ソフトの例 Dexpot, PageIcon)

あえて言えば、ノートパソコンやタブレットには便利かもしれない

パソコンの設定は・・・・

PC設定とコントロールパネルを使用する
表示するための操作がWindows 10では次のようになった

PC設定は・・スタートボタンをクリックしてメニュー項目の設定をクリックして表示する



設定画面がこれ・・・



コントロールパネルは、スタートボタンでマウスを右クリックしてメニューの「コントロールパネル」を
クリックする



コントロールパネルがこれ・・・・









1.Windowsが起動しなくなる


電源を入れても画面が真っ黒でWindowsが起動しない

致命的欠陥だ−起動しなくては使い物にならない
原因はWindows 10で起動の時間を短くするために
起動部分のプログラムを大幅変更したためだ 


2.CD/DVD/USB等の自動再生機能が不全になる


 (2015/8/4時点)

CD/DVDを挿入しても反応が無い
USBメモリを接続しても何の反応もない

動作の指示表示などが出るはずなのに何にも反応無し


これは、「自動再生」が死んでいるのだ

このため、いちいち、エクスプローラから開いて操作しなくてはならなくなっている

あるいは、自動再生の設定をセキュリティ上は危険な設定にする必要がある


これについてマイクロソフト社は、利用者の質問に 次のような
回答をしている





こんなことに素人は対応できない

Windows 10のプレビュー版では動作に問題はなかったのに、なぜ、
製品版ではバグになっているのか―無料版でもあっても真面目にやってもらいたい


3.デジカメ写真データ等が読み込めないトラブルあり・・・・すべてのPC
 
( 2015/8/7時点)

デジタルカメラの画像ファイルを読み込め ない
スマホも接続できない

DCIMフォルダーを認識できない―Windows10の
システムのファイル破損と推測される

仕事にならない
パソコンをWindows 10に切り替えるのを中止した

4.設定の「アプリと機能」画面で、アプリ・ソフトは正常に
動作するのに軒並み「利用不可」と表示―バグか



   (2015/8/8時点)

5.タスクバーのアイコンを操作しているとフリーズが発生する
 (Windows 10で機能強化したもの)
 フリーズに対して、キーボードのShift+Ctrl+Delateのキー操作をしても、
 ソフトの停止・フリーズの解消ができない―いわゆるアプリのフリーズ
 でないので対処できないのか―タスクマネージャーで対応できない
  
 (2015/8/10 時点)

6.デスクトップやスタート 画面のアプリ一覧から、突然、ソフトのアイコン・
 項目名の一部が消える―また、アイコンの表示が変わる


 このため、そのソフトを起動できなくなる
 再インスト―ルしてアイコンを表示するなどの対処が必要になる
 アイコンの表示が不明なものに変わってしまう事象も起きている

 (2018/10時点)


7.日本語入力が出来なくなる―MicrosoftのIME以外、例えばGoogle日本語
 入力で発生する



8.Windows 7からWindows10にアップグレードした場合で、Windows 7に
 戻るツールで戻せないトラブルが多発


9.一部のソフトのインストール・アンインストールできないトラブルが発生する−
 他のソフトのインストールはしていないのにトラブル表示が出て
 インストールが停止する―インストールが出来なくなる
 (実際には他のソフトはインストール操作はしていない)
 また、アンインストールも同様にできなくなる

 例―無料のオフイスソフトLibreOfficeの場合 



インストールで次の表示が出てインストールが途中停止する―
 他のソフトのインストールは行っていないのに表示される



(Windows 7等ではこのソフトを問題なくインストールできる)





追加のトラブル・・・・・・・・・・・・・・・・・


Windows 10でWiFiを使用したときに、「制限あり」が表示されて
インターネットに接続ができない―Windows 8でも発生するトラブル


対応方法は次をクリックして参照









Windows 10は不良品のWindows 8を修正したもの・・・

これをパソコン雑誌が広告費ほしさにどれだけ持ち上げるか見ものだわ

気持ちが悪いかも・・・・





Windows 10が要求するシステム要件・・・・・・・・・・


プロセッサー・・・・ 1G(ギガ)バイト以上

メモリ― ・・・・ 32ビットの場合は1G(ギガ)バイト、64ビットの場合は2Gバイト

ハードディスクの空き容量・・・・ 32ビットの場合は16Gバイト、64ビットの場合は20Gバイト

グラフィックカード・・・・・Direct X 9以上

画面解像度・・・・・ 1024X600ドット


詳 細はこちら





弊社の製品 CD/DVDを使用される場合・・・・・・

弊社の製品CD/DVDを使用される場合は、Windows XP,Vista,7の既存のOSとそのアプリケーションソフトを
利用していただくようお願いいたします
Windows 8のスタイル画面のアプリであるPDF閲覧ソフトは使用しないでください
Windows 10を使用する場合は、インストールして使う外部アプリの無料PDF閲覧ソフトを使用してください。−例えば、
 XChange Viewerなど










よくわかる図解・・・・・・・・ご覧ください




OSもOfficeも無料を使う時代なんだ・・・・



Ubuntuは・・・こちら




初心者にはこのUbuntuが最もおすすめです・・・・XUbuntu






オフイスソフトは無料があたりま え・・・・・・・・・・・
 
  何台のパソコンに入れてもタダなんです
  最高だ

LibreOffice・・・・ こちら
これだけついて無料なのだ・・・・































Windows 10の専用アプリ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Windows 8と同様なので、ビジネスに使うには不十分と言える

ストアアプリは機能が悪いうえに、数も少ないので、わざわざ使うものでもない
というのが全体の印象−Windows 8と同じだ





使えるのは遊び系のアプリということである

専用アプリの操作でWindows 10で変更されたのは、アプリがこれまでは全画面表示であったものが、
Window形式になったということである

次のようにWindow表示できる






Windows 10を比較的安全にインストールする
方法がある−クリーンインストール




これは、マイクロソフトのサイトから、Windows 10のプログラムをダウンロードして
それをDVDに書き込んで、そのDVDでパソコンにインストールする方法です。


次をクリックして、表示されるページでこの項目を参照してください。














Windows 10も次の問題があると考えられる・・・・・・・・・・・・・

Windows 8のセキュリティの大問題が発覚・・・・・・・・・・・

実は、Windows 8はアメリカのスパイ用ツールだった!!!!






メール通信やOneDrive(旧SkyDrive)データがアメリカ政府のスパイ機関NSAへ漏えいしている
会社などでWindows 8を使うのは大問題なのでは・・・

Windows 8はブラックソフトということか
これでは、Windows 8もアメリカのスパイ機関のための道具立てだ

このようなものを高い金をだして買わされているのだ

スパイ用のツールに金を出している世界の消費者はアホだ



詳細はこちら・・・・






マイクロソフト社は、このようにスパイツールとなり、通信の秘密やデータの秘密保護を確保できない
ものであるので、Windows 8やOffice 2013の返品と返金に応じるべきである


























広尾レストランガイド 麻布十番レストランガイド 六本木レストランガイド
赤坂レストランガイド 青山・原宿レストランガイド 恵比寿・代官山レストランガイド
銀座レストランガイド 新宿レストランガイド 渋谷レストランガイド
神楽坂レストランガイド 神田淡路町グルメガイド 浅草レストランガイド
秋葉原グルメガイド
京都グルメガイド








Copy right reserved : 金型通信社

Windows 8などはマイクロソフト社の登録商標です。