無料ソフトウェア集




Part 8では・・・・・・・・・・・・・

Windows 10におけるセキュリティの詳細な図解をしています。



なお、OSは図解ではWindows 10の日本語版を使用しています。



評価ならこちら・・・





INDEX















Windows 10の操作の仕方と変更部分


Windows 10のシステム要件 設定関連操作の詳細
ストアアプリのインストール方法
映画DVD等をWindows 10で再生する方法



























トップページ・基本操作法

ソフトのインストール方法

ソフトのインストール方法

設定、ストアアプリ

ソフトのインストール方法

図でみるWin10の操作

設定・システム操作方法

Win10のセキュリティ

ストアアプリ−メール使用法

エクスプローラの操作法

CD/DVDの動作設定法

CDメディアでインストール

ユーザーアカウントの追加

主要アプリの使用法

アクセサリ機能等の利用

厳選無料ソフトの使用法









INDEX   

Windows 10 が内蔵しているセキュリティツール−コントロールパネル

コントロールパネルのセキュリティ関連機能

コントロールパネルを開く

Windows Defenderウインドウズディフェンダー

Windowsファイアウォール

セキュリティとメンテナンス
 
Windows SmartScreenスマートスクリーン


スタートボタンから「設定」を開く


















セキュリティ機能の追加−アンチウイルス
ソフトのインストールの仕方―AVG等

セキュリティ機能の追加−スパイウェア対策
ソフトのインストールの仕方―SpyBot


ブラウザのセキュリティ設定


Windows 8/10のセキュリティの大問題
Windows 10用のお奨めのセキュリティ関連ソフト










Windows 10 が内蔵しているセキュリティツール−コントロールパネル



Windows 10 が内蔵しているセキュリティ関連ツールは「コントロールパネル」に集約されている

なお、スタートボタンのスタートメニューのなかの「設定」からもアクセスできる

Windows 10 にはアンチウイルスソフトが組み込まれている―Windows Defender


コントロールパネルのセキュリティ関連機能・・・・・・・・・・


コントロールパネルを開く・・・・・・


スタートボタンを右クリックして「コントロールパネル」をクリックする
  



コントロールパネルが表示される―大きい項目で表示している
次の3つが主としてセキュリティに関連するツールである




各ツールはクリックして起動・表示する

Windows Defenderウインドウズディフェンダー・・・・・・・・・・・・

Windows 10付属のアンチウイルスソフト(ツール)である

クリックする




ウイルス対策ツールである―これがあるので、とりあえずアンチウイルスソフトは別途インストールしなくてもよい
―ただし、機能面からは無料でもOKなのでアンチウイルスソフトをインストールし利用することをお奨めする

 お奨めのフリーソフトはこちら

リアルタイム保護が「有効」となっていることを確認すること
操作はタブをクリックして内容ページを表示して行う




他のアンチウイルスソフトをインストールするとWindows Defenderは自動的に機能無効になる

この場合は、次のように表示される

Windows Defenderをクリックすると・・・



この表示がでる
閉じるをクリックする




Windows Defenderはこの方法でも起動できる・・・・・・・・・・・

スタートボタンをクリックし「すべてのアプリ」をクリックして、一覧を表示する




Windows 10 Anniversary Updateを適用するとスタート画面が次のように変更される・・・・・

スタートボタンをクリックすると電源ボタン等が左側に別枠で表示される

また、「すべてのアプリ」ボタンが無くなり、アプリ一覧はそのまま一覧で表示される
従って、スタートボタンをクリックして、一覧から起動するソフト・アプリをクリックすればよい


アプリ一覧から・・・・

Windows システムツールのWindows Defenderをクリックする



Windows Defenderの画面が表示されるので、操作する


Windowsファイアウォール・・・・・・・・・・

Windows 10付属のファイアウオールソフト(ツール)である

クリックする



外部からのアクセスの防御のための機能である
併せて、内部にインストールされたソフトの不正通信を検出防御する

接続しているネットワークについて、Windowsファイアウォールの状態が「有効」となっていることを確認すること―このパソコンの場合は、
 プライベートネットワーク、家庭で利用している場合は通常はこれである
パソコンに詳しくない場合は、設定などは操作せず、デフォルトで利用されることを勧める

Windows ファイアウォールの設定等は画面の左側部分にある

詳細設定は「詳細設定」をクリックする



これが設定画面−素人は触らないこと





セキュリティとメンテナンス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セキュリティ・メンテナンス機能が一覧できる

展開ボタンをクリックする




セキュリティ関連・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セキュリティの展開ボタンをクリックする



設定が有効になっているか確認すること

アンチウイルスソフトのavast!をインストールしている場合の表示・・・・インストールしているアンチウイルスソフトで表示が変わる

スパイウエア対策ソフトをインストールしている場合は、その表示リンクが表示される




メンテナンス関連・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

展開ボタンをクリックして開く




Windows SmartScreenスマートスクリーン・・・・

インターネットからダウンロードされる不正なアプリやファイルからパソコンを保護する機能である

セキュリティ関連に表示されている

有効が確認する
設定の変更はここから行う

この機能の解説は・・・・

SmartScreen フィルターについて/MS





Windows Defenderウインドウズデイフェンダーで個別にウイルスチェックをするには・・・

こちらを参照







スタートボタンから「設定」を表示して「更新とセキュリティ」を表示する・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スタートボタンをクリックして「設定」をクリックする



設定画面が表示される

「更新とセキュリティ」をクリックする




Window Update・・・・・・・・・・・・・・・・・・


自動更新になっているか確認する
Windows Updateカレンの設定を行う


Window Defnderの操作はここから・・・

Windws Defenderをクリックして表示する

なお、この例では、他のアンチウイルスソフトをインストールしているので無効化されて操作はできない



Window Defenderが無効になっているときの表示・・・・








お奨めの無料アンチウイルスソフトは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セキュリティ機能の追加−アンチウイルスソフトのインストールの仕方1―AVG

他のアンチウイルスソフトを導入したいときは、このれーフリーソフトが高性能で評価が高い


Windows 10でのインストールの仕方と使い方はこちらを参照





セキュリティ機能の追加−アンチウイルスソフトのインストールの仕方2―avast!

こちらもお奨め・・・・・・アーバスト

 使い方は・・・・








セキュリティ機能の追加−スパイウェア対策ソフトのインストールの仕方―SpyBot

スパイウエア対策は必須である
お奨めのフリーソフトはこちらがある

Windows 10でのインストールの仕方と使い方はこちらを参照












             
          




ブラウザのセキュリティ設定



ブラウザを起動する−IEを起動している
他のブラウザでも同様のセキュリティの設定・管理機能がある

「ツール」の「インターネットオプション」をクリックする




画面が表示される
セキュリティ関連設定は・・・次のタブで行う

セキュリティ
プライバシー
詳細設定



プライバシー画面・・・

通常は「既定」をクリックする
特にここではクッキーのブロックをコントロールする
特にきつくするときは、ゾーンの設定のハンドルをスライドさせて高にする



既定ではこのように設定・表示される



詳細設定画面−項目ごとに詳細な設定をする
マウスでチェックを入れたり、外したりする



設定を変更したら、画面下の「適用」「OK」をクリックして閉じる





ブラウザの動作が異常になったら・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アドウェア感染の恐れがある

速やかに駆除しよう







アダルトサイトなどで、ワンクリックウェアに感染したら・・・・・・・・・・・・








Windows 8/10のセキュリティの大問題・・・・・・・・・・・・・・・・

メール通信やOneDriveデータがアメリカ政府のスパイ機関NSAへ漏えいしている
会社などでWindows 8/10を使うのは大問題なのでは・・・
Windows 8/10はブラックソフトということか
これでは、Windows 8/10もアメリカのスパイ機関のための道具立てだ



詳細はこちら・・・・







Windows 10用のお奨めのセキュリティ関連ソフト





アンチウイルスソフト・・・・・・・・・・・・・・・・・・




または・・・





スパイウェア対策ソフト・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





マルウェア対策・高速化ソフト・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・












次の無料ソフトを全て実際に利用しています。
これらをすべてインストールしています。




インストールしておくと定常的にウイルスをチェックしてくれる
ブラウザでアドオン系のウイルスに感染したときにスキャンを実行すると駆除に役に立つ




スパイウェアの防御に定常的に貢献する
データベースの更新とスキャンは定期的に実施すること




アイコンのインジケーターが赤に変色したらスキャンを実施すること




ブラウザの動作が以上になった時にスキャンと駆除を実施すること




アダルトサイト等をアクセスしたときに不正な請求画面等が表示されたら、
ツールを起動し、検知したら駆除操作する




ブラウザの動作か不安定になったら起動して、不要なアドインを削除操作する




安全で軽快なネット生活なら・・・・・
無料OSが有りです















Top



Top


        

   










 












Copy right resrved 2010/6/5



Openoffice.orgのダウンロード・インストールと使用方法 Openoffice.orgのダ ウンロード・インストールと使用方法