へ戻る



INDEX 目次


































無料ソフトウェア集




トップページ・基本操作法

ソフトのインストール方法

ソフトのインストール方法

設定、ストアアプリ

ソフトのインストール方法

図でみるWin10の操作

設定・システム操作方法

Win10のセキュリティ

ストアアプリ−メール使用法

エクスプローラの操作法

CD/DVDの動作設定法

CDメディアでインストール

ユーザーアカウントの追加

主要アプリの使用法

アクセサリ機能等の利用

厳選無料ソフトの使用法






  





        


















無料アッ プグレード・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Windows 10 Home/Pro/Mobileへは、発売後1年間は、
Windows 7/8.1及びWindows Mobile 8.1から無料でアップグレード
ができる


無料アップグレードは2016/7/29で終了しています。


無料アップグレードの期間―2015年7月29日から2016年7月29日まで




無料アップデートの関連は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Windows 7 Home Basic
Windows 7 Home Premium
Windows 8.1
Windows 8.1 with Bing
Windows 10 Home
Windows 7 Professional
Windows 7 Ultimate
Windows 8.1 Pro
Windows 10 Pro

Windows Update を使用してWindows 10にアップデートする場合・・・

Windows 7 Service Pack1(SP1)、または、Windows 8.1 Updateが
動作していることが必要



Windows 10の最低条件は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・プロセッサ: 1GHz以上のプロセッサまたはSoC

・メモリ:  32ビット版では1ギガバイト、64ビット版では2ギガバイト

・ストレージ空き容量: 32ビット版では16ギガバイト、64ビット版では20ギガバイト

・グラフィックス: DirectX 9 以上(WDDM 1.0)

・ディスプレイ(画面解像度): 1024×600ピクセル


アップグレードできるエディションの関係は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Windows 7 SP1からは・・・・・・

・Windows 7 Starter → Windows 10 Home

・Windows 7 Home Basic → Windows 10 Home

・Windows 7 Home Premium → Windows 10 Home

・Windows 7 Professional → Windows 10 Pro

・Windows 7 Ultimate → Windows 10 Pro

Windows 8.1 Updateからは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・Windows 8.1 → Windows 10 Home

・Windows 8.1 Pro→ Windows 10 Pro

・Windows 8.1 Pro Student→ Windows 10 Pro

・Windows 8.1 Pro WMC → Windows 10 Pro



Windows 10に関するQ&A/マイクロソフト

 ― Windows 10アップデートの予約法も解説している



アップグレード後に元に戻す・・・・・・・・・・・・・


ダウングレード機能―Windows 10にアップグレード後、1か月以内に限り
もとのWindows 7またはWindows 8.1に戻せる


注意―

Windows 7からアップグレードした場合に、この機能を
使用しても
元に戻すことができないトラブルが多発している


2016年から要注意・・・・・・・・・・・・・・
2016年から自動・強制アップグレード設定になる
           会社や仕事で使用しているパソコンでは
           自動的にアップグレードされるのを防止する
           必要がある






Windows 10の感想は・・・・・






Windows 10へのアップデートでまず注意すべきことは・・・・・・・・・・


マイクロソフトの製品なのでトラブルはよくあること

大事なパソコンはすぐにアップデートに飛びついてはいけません

トラブルが出現してそれが修正されるまで待ちましょう



余分なパソコンがあれば、とりあえずやってみるのはご自由にどうぞ


重要事項1



  次の項に示すように基本的な機能で不具合が多数発生している
 このため、仕事に使っているパソコンや会社のパソコンは、 Windows 10への
 アップグレードを絶対にしてはいけない―仕事に支障が出る


 
重要事項2

Windows 7のSP1、Windows 8.1のパソコンであるからすべてのパソコンが無料アップグレードを
できるわけではない―対応できるわけではない


パソコンには、これに対応できないものがあり、また、そのメーカーも対応できるように
する意志がないものがある−例えば、EPSONのようにWindows 7搭載のNY2000というラップトップを
対象から除外し、アップグレードの対応を放棄しているものがある

無料アップグレードする前に、自分のパソコンのメーカーのサイトで、無料アップグレードに対応できるのかを
確認したほうがよい

今後もWindows で無料アップグレードが行われることがあり得る

このため、非対応のものがあるパソコンメーカーのパソコンは、今後、新 品でも購入するのは避けるべき
である−もちろん、中古のパソコンを購入する場合でも、 メーカーサイトで確認して無料アップグレードが
できないものは購入をすべきではない―パソコン製品自体の問題とともにメーカーのこのような環境変化への
対応スタンスにも問題があるからだ

EPSONのパソコンはいわば作りこみ過ぎであるとともに、ユーザーの便宜を第一にしていない
メーカーのスタンスを如実に示している
また、EPSONは自社販売のPCでWIndows 7,8.1が稼働しているもののすべてのパソコンの動作確認を
しないと公言しているふざけた対応の無責任メーカーなのだ

これからみて、今後、EPSONのパソコンは新品も中古も買わない方が良いと断言できる





パソコンメーカーの本性が見えた−糞どもだ

PCメーカーのWindows10無料アップグレードへの対応をみると・・・・
パソコンメーカーの消費者無視の糞ぶりが明確だ





2013年以前発売のパソコンはスペックからはWindows10に十分に使えるのに、Windows10に
非対応ということにして、Windows10対応の新製品パソコンを売ろうという意図が見え見えだ

Windows 7のサポート期間は・・・延長サポートが2020年まであるのだから、Windows 7搭載パソコンは
                    すべてWindows 10無料アップグレードに対応させるべきではないか




使えるパソコンをなるべく長期間使用して資源を無駄にしないという道徳心は無いのだろう
本当に糞メーカーだ―こいつらに未来は無い

日本では今、パソコンが売れない
なぜなら、ネットはスマホでやるので、パソコンを仕事以外では使わなくなっているからだ
今後、日本のパソコンメーカーや電機メーカーのパソコン部門はつぶれていくだろう

そんな中で、こんな消費者無視をやっていると、ますます、消費者は離れていくだろう
南無阿弥陀仏


参考―主要パソコンメーカーのWindows 10対応情報ページ


ド スパラ

東 芝

NEC

Acer

VAIO

EPSON

Panasonic

パソコン工房




















Windows 10にはバグがある・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




デジタルカメラの画像ファイルを読み込めない―
DCIMフォルダーを認識できない―Windows10の
システムのファイル破損と推測


トラブルの詳細はこちらを・・・・・・・







弊社ではWindows 10へのアップグレードは停止しています

基本的な機能のトラブルなので使い物にならない

仕事に支障がでる

マスコミはこれを報道すべきだ







アップグレードでもトラブル発生・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


特にWindow 7・・・・・・・・・・・・・・・・

2-3か月は待った方がお利口な様子です。




  Windows 7側のupdateツール関連の模様
  マイクロソフトが対策を講じて、Windows 7自体のUpdateで修正が行われる
  までは待った方がいいかも



Windows 10へアップグレードする前にしておくべきこと


何が起こるかわからないので・・・

重要データの保存・・・・・

現在のパソコンにある特に重要なデータは、外付けハードディスク、または、
USBメモリなどにバックアップしておくこと―コピーをとって保存すること


会社のLanのパソコン・・・・・・・

会社のLanのパソコンは勝手にWindows 10にアップグレードしてはいけない
Lan管理者の指示に従って対応すること






アップグレードの手順・・・・・・・・


2016/3時点での最新のWindows 10へのアップグレード操作の仕方です

ソフトでWindows 10では動作しないものが出ることは覚悟すること

仕事用のパソコンをこの方法でアップグレードするのはお奨めしない

トラブルが発生することを承知でアップグレードするあなたの勇気に
感激します


仕事関連のパソコンでトラブルをなるべく避けてWindows 10にしたいときは・・・・・
クリーンインストールをするのがベターだ

その方法はこちら・・・・・







Windows 10アップデートアイコンからの操作の仕方―これが基本












Windows Update で最新の状態にする・・・・・・・・・・・・・

コントロールパネルを開く



Windows Updateをクリックする




更新プログラムの確認をクリックして、更新プログラムがあればWindows  7を最新の更新状態にする





なければ、Windows 10へのァっぷグレードが表示される

「はじめに」をクリックして操作していく





タスクバーのアップグレードアイコンから操作する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


タスクバーのWindos10アップグレードアイコンの上でマウスを右クリックする



「Windows Updateにアクセスする」をクリックする

または、Windows 10を入手するでよい



表示が「Windows 10にアップグレード」になっている

「はじめに」をクリックする



今すぐアップグレードするか、スケジュールして別途行うか聞かれる



ここでは、「今すぐアップグレードを開始」をクリックする

スケジュールで別途操作してもよい


使用許諾に同意する




自動的に再起動する


「Windowsをアップグレードしています」が表示される

進行が%で表示される―暫し時間がかかるので待つ

完了する

「簡単設定で行う」をクリックする

新しいアプリ−紹介がある

「次へ」をクリックする

ログイン画面が表示される

使用しているログインパスワードをキーインする

Enterキーを押す

ログインする

アプリの設定が行われる

最後の処理が行われる

アップグレードが完了する

Windows 10の画面が表示される

ソフト等はすべて引き継がれて表示されている








Windows Update で最新の状態にする・・・・・・・・・・・・・

コントロールパネルを開く



Windows Updateをクリックする




更新プログラムの確認をクリックして、更新プログラムがあればWindows  8.1を最新の更新状態にする








タスクバーのアップグレードアイコンから操作する・・・・・・・・・・・・・・・・


タスクバーのWindos10アップグレードアイコンをクリックする




Windows 10入手画面が表示される

今すぐアップグレードするか、スケジュールして別途行うか聞かれる

「今すぐアップグレード」をクリックすると開始される



ここでは、「今すぐアップグレードを開始」をクリックする

スケジュールして別途してもよい


使用許諾に同意する




自動的に再起動する


「Windowsをアップグレードしています」が表示される

進行が%で表示される―暫し時間がかかるので待つ

完了する

「簡単設定で行う」をクリックする

新しいアプリ−紹介がある

「次へ」をクリックする

ログイン画面が表示される

使用しているログインパスワードをキーインする

Enterキーを押す

ログインする

アプリの設定が行われる

最後の処理が行われる

アップグレードが完了する

Windows 10の画面が表示される

ソフト等はすべて引き継がれて表示されている







Windows 10へのアップグレードがどうしてもできないとき・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


アップグレードにどうしても失敗するときは、マイクロソフト社が提供するWindows 10 ISOを
ダウンロードして、ISOをイメージでDVDに書き込みを行い、このインストール用DVDディスクで
パソコンにインストールします。

なお、現時点(2015/8)では不具合・トラブルが多いので、アップデートは数か月後に行われる のをお奨めします。

方法はこちらのサイトに詳しいので参照してください。

こちら





アップグレードした時に要対 応・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





スタート画面のフォトのタイルに、エロ画像や表示しては困る画像が
自動的に表示されて大問題を起こすことがあります。


Windows 10をアップグレード、インストールしたときにかならず対処して
おきましょう。

スタートボタンをクリックするとスタート画面・メニューが表示される・・・・

このとき、フォトのタイルに画像が自動的に表示されるようになっている




どのようになっているかというと・・・・

アプリのフォトを起動する

コレクションには、デフォルトのフォルダ類の画像が表示される
新規に画像を保存すると優先してそれがスタート画面のタイルに表示される

ここにエロ画像や表示がダメな画像があったり、ココに新規に画像を保存すると、
それがタイルに表示されるので大ごとになるということなのだ

会社でも自宅でも大変なことになり得るのだ




では、これを止める方法を・・・・・・・・・・・・・・・・・


画面左下の設定ボタンをクリックする

設定画面が表示される

この黄色の部分の設定が問題なのだ

これでは、ソースにある画像をタイルに表示するようになっている
最近の画像を優先表示するようになっている

ソースではOneDriveの画像フォルダのものも表示するようになっている
―OneDriveの画像を表示をオンにしていると・・・
OneDriveに隠したから安心していると、タイルに表示されるという悲惨なことになる




また、フォトのコレクションに表示される場所を制限したほうが良い
―ソースの一部を削除する−×印をクリック

更に、ピクチャフォルダには危険な画像は保存しないようにしよう



次のように設定を変更しよう

特定の1枚の画像のみ表示するようにしておく

タイル表示を「1つの写真」に変更する



差支えの無い画像をクリックして選択し「開く」をクリックする



このように設定された



スタートボタンをクリックしてスタート画面メニューを表示してみると・・・

フォトのタイルに選択した画像が表示されている

これで一安心だ






Windows 10にアップグレードしたものを元に戻すことができる
















Windows 10のデスクトップ画面と基本操作図・・・・・・・・・・・・・・・





Windows 10 Anniversary Updateを適用するとスタート画面が次のように変更される・・・・・

スタートボタンをクリックすると電源ボタン等が左側に別枠で表示される

また、「すべてのアプリ」ボタンが無くなり、アプリ一覧はそのまま一覧で表示される
従って、スタートボタンをクリックして、一覧から起動するソフト・アプリをクリックすればよい



Windows 10を操作してみよう・・・・・・・・・・・・・・・


スタート画面を表示する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スタートボタンをクリックする





スタート画面が表示される



アプリ一覧を表示する・・・・・・・・・・・・・・・

「すべてのアプリ」をクリックする



一覧が表示される
マウスで右側をスクロールして他のアプリを表示する




一覧からアプリを起動する・・・・・・・・・・・・・・・・・

使いたいアプリをクリックする



アプリが起動して表示される



アプリのタイルをクリックして起動する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タイルをクリックする



Word2016が起動して表示された



エクスプローラを表示する・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エクスプローラをクリックする



エクスプローラが表示された



または、タスクバーのエクスプローラアイコンをクリックすると起動する



エクスプローラのリボンを表示する・・・・

リボン名称をクリックすると次のように表示されて操作できる






設定画面を表示する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「設定」をクリックする



設定画面が表示される




電源の操作・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「電源」をクリックする



シャットダウンをクリックすると電源が切れる



または、スタートボタンの上で右クリックして次のように操作する




コントロールパネルを開く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スタートボタンをマウスで右クリックして「コントロールパネル」をクリックする



または、デスクトップ上のコントロールパネルアイコンをクリックする



表示される

ソフトをアンインストールするときは、「プログラムと機能」をクリックする



マウスで選択して「アンインストール」をクリックする




ソフト・アプリはタスクバーから起動する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







タスクバーでアイコンを右クリックすると次のように表示され、操作出来る




新ブラウザのMicrosoft Edgeを起動して使う・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タスクバーのアイコンをクリックする



Edgeが表示される




お気に入りをインポートする・・・・・

お気に入りボタンをクリックする
インポートをクリックする



インポート元を選択して「インポート」をクリックする



インポートされた
クリックするとサイトが画面に表示される




表示したWebページを印刷するには、メニューボタンをクリックしてメニューの印刷をクリックする




ブラウザのIEが必要なときは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

IEが必要なことは多々あるものです

次のようにして起動し、それをタスクバーにピン留めしておくと便利である

Edgeを起動する

いずれかのサイトを開く

メニューボタンをクリックする

「Internet Explorerで開く」をクリックする



IEで表示される




または・・・

スタートボタンから「すべてのアプリ」をクリックして一覧を表示し、
「Windows アクセサリ」の「Internet Explorer」をクリックすると起動する




タスクバーに表示されているIEのアイコンの上でマウスを右クリックして「タスクバーにピン留めする」をクリックする




これでIEを簡単にタスクバーからクリックで起動できるようになった




アプリをインストールする・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

タスクバーのストアアイコンをクリックする



ストアサイトが表示される

ここからアプリを選択してインストールする−無料アプリは「無料」をクリックするとインストールできる




Windows 10の操作の詳細図解は・・・・・・・・・・・・・・・・・








Windows 10へのアップグレード関連のちょっとした基礎知識



予約していなければ、そのままWindows7/8.1を使い続けられ るか・・・・・・・・・・

そのとおりで、そのまま使い続けられる
パソコンの性能が不足していたり、ソフトがWindows 10で対応できないなどの場合は
現行のものを使いつづければよい


アップグレードの操作はすぐにしないといけないの か・・・・・・・・・・・・

すぐにアップグレード操作をしなくてもよい
スケジュールを設定して後日やるようにできる


アップグレードの予約は取り消せるか・・・・・・・・・・・・・・

取り消せる
前述の操作法によること


アップグレードした後で前の環境に戻すことはできるの か・・・・・・・・・・・・

できる
アップグレードしてから31日間は、直前の環境に戻すことが可能である
操作方法は・・・・・・




Windows 10へのアップグレード用メディアは提供されるのか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インストールメディア作成用のデータが提供されている―32/64ビット版

USBまたは DVDに書き込むことになる
容量は4GB以上を必要とする

マイク ロソフトのWindows 10のデータ提供サイトを参照のこと








参 考・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Windows 7/8でWindows 10にアップデートできるようにする

Windows 7 Service Pack1(SP1)、または、Windows 8.1 Updateが
動作していることが必要


パソコンのWindows OSのバージョンを確認し、アップデートをするには・・・

Windows 7の場合・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スタートボタンをクリックしてメニューの「コントロールパネル」をクリックする



「システム」をクリックする



Windows OSのアップデート状況を確認する
ここではすでにService Pack 1になっている

Service Pack 1が適用されていない場合は、Windows Updateからアップデートする



既にService Pack 1となっている場合はWindows 10のアップデートの予約が表示される
「予約」をクリックして予約してもよい




Windows 8の場合・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スタートボタンを右クリックしてメニューの「コントロールパネル」をクリックする




「システム」をクリックする



Windows OSのアップデート状況を確認する
ここではすでにWindows 8.1になっている




Windows 8のアップデート・・・・・・

チャームを表示して「設定」をクリックする



「PC設定の変更」をクリックする








Windows 8をWindows 8.1にアップデートする方法は・・・・・・・・・・・・・・













Windows 10にアップグレードすると次のようなトラブルが発生します。
とりあえず、以下に示す方法で対処してください。
なお、セキュリティ的には必ずしも安全ではないので、出所不明のCD/DVDや
USBメモリーをパソコンに挿入しないように注意してください。


CD/DVDをパソコンのドライブに入れても動作しない場 合・・・・・・


コントロールパネルで次のように設定します。
これで、CD/DVDの中に自動起動プログラムがあれば、
起動して、CD/DVDの内容のトップページが表示されます。

弊社製品のCD/DVDはこのように動作します。


スタートボタンを右クリックする
メニューの「コントロールパネル」をクリックする



コントロールはパネルが表示される
「自動再生」をクリックする



ソフトウェアとゲームを「メディアからのプログラムのインストール/実行」に設定する



次のように自動的にトップページが表示されて操作できます。




USBメモリーをUSB端子に入れても全く動作しない場 合・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


コントロールパネルで次のように設定します。
これで、自動的にUSBメモリーの内容がエクスプローラで表示されます。


スタートボタンを右クリックする
メニューの「コントロールパネル」をクリックする



コントロールはパネルが表示される
「自動再生」をクリックする



けムーバブルドライブを「フォルダーを開いてファイルを表示」に設定する



次のように自動的にUSBメモリーの内容が表示されます。








比較的安全なクリーンインストールのやり方図解





Windows 10のインストールメディアを作成して、手動でインストールできます。
これは一応、上級者用となっていますので、自己責任で行ってください。

この方法はクリーンインストールと呼んでいます。

Windows 7/8.1に表示されるWindows 10へのアップグレードによる方法と
比較してトラブルが比較的なく、Windows 10にアップグレードすることが
出来ます。

会社のパソコンや自宅で仕事に使用しているパソコンをどうしてもWindows 10に
する必要がある場合は、この方法をお奨めします。

なお、ソフトやツールがWindows10で使用できないことがあるので、よく確認して
アップグレードするようにしてください

無料アップグレード対象のWindows 7とWindows 8.1で利用できます。

Windows 10のISOのダウンロードとインストール用DVDの作成は次の通り行います。



無料アップグレードは2016/7/29で終了したが・・・・実は
この方法で無料でWindows 10にアップグレードすることが
できます





Windows 10のISOのダウンロード・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マイクロソフト社の提供サイ トをアクセスする

こち ら

画面を読んで、スクロールする

まず、ダウンロード用ツールMediaCreationToolをインストールする

「ツールを今すぐインストール」をクリックする









保存先を開く

エクスプローラを開く―ダウンロードフォルダ



ツールの実行ファイルをダブルクリックする




開始される



ライセンス―「同意する」をクリックする




インストール用メディアを作るので「他のPC用に・・・・・・・・・・・・」をマウスでチェックして選択する
「次へ」をクリックする

なお、「今すぐ・・・・」を選択してもよい―今使用しているパソコンがアップグレードされる




言語等を選択する
エディションは、ここでは、Windows 10 にしている
アップグレードするのがWindows 7 Pro版などのときはPro  版にする

それぞれ、自分のパソコンで使用しているWindows に対応したものにする

アーキテクチャは使用しているパソコンのビット数による

「次へ」をクリックする



64ビットの場合は「このPCにおすすめの・・・」のチェックをクリックして外し64ビットを選択する



DVDのインストールメディアを作りたいので、ISOファイルにしている
「次へ」をクリックする



ダウンロード先を指定する−ここではダウンロードフォルダにしている
「保存」をクリックする



ダウンロード等が進行する

かなり時間がかかる―パソコンは他の用途で使える







Windows 10のISOファイルがダウンロードできた

「完了」をクリックする




保存先を開く

エクスプローラを開く



Wondows 10のISOファイルが確かに保存されている




これをDVDに焼き付けよう

インストール用DVDの作成・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


CD/DVD書き込みソフトのイメージ書き込み機能を使用して
DVDにISOをイメージで書き込みする

どのような書き込みソフトを使用してもよい

ここでは、ImagBurnという無料ソフトを使用している
英語版であるが操作があまりにも単純なので
わざわざ日本語化をする必要もない

ImagBurnの提供サイトはこちら

サイトでDownloadをクリックしてダウンロードのページで
提供リンクをクリックしてダウンロードしインストールする




書き込み操作・・・・・・・・・・・・・

ImgBurnを起動する



起動して画面が表示される

「イメージをディスクに書き込むWrite image file to disc」をクリックする




ファイルの選択ボタンをクリックする



ISOファイルをダウンロードして保存した場所を開く
マウスでISOファイルをクリックして選択し「開く」をクリックする



書き込みアイコンをクリックする



進行する



作成が完了した
OKをクリックする




作成したインストール用DVDでWindows 10をインストールする・・・・・・・・・・・・・・・・

DVDをパソコンのドライブに入れる

setup実行をクリックしてインストールを開始する




以降は、画面の指示に従ってインストールする




プロダクトキー・・・・・・・・・・・

インストールの過程で、プロダクトキーを要求される

これはこれまで利用していたWindowsのプロダクトキーをキーインすればよい





Windows10の不具合はWindows がOSとして限界
であることを示している

無料のOSを使う手がある






無料のLinux OSがある

OSソフトもオフイスソフトも全部無料だ

次を参照してください















             
         










Top



Top












 












Copy right resrved 2010/6/5



Openoffice.orgのダウンロード・インストールと使用方法 Openoffice.orgのダ ウンロード・インストールと使用方法