Windwos 7はVistaのお詫び・修正版―XP,Vistaが動いていれば乗り換え不要―値段も高い!!

Windows 7は2009年10月22日に一般用がリリースされました。

果たしてこの新OSに乗り換える価値があるのでしょうか。
Windows 7 RC版をインストールして検証いたしました。

パソコン雑誌では、例によって、Windows 7をほめた提灯記事を掲載しています。
パソコン雑誌だけが盛り上がっている浮いた状況です。
これは雑誌が広告費をとりたいためであって本音の情報ではありません。

本音の評価・対応情報が提供される必要があります。

検証は、CPUが2.80GB、メモリーは4GBとかなり高性能のパソコンで行いました。

一言で評価すると・・

評価は一言で言えば、Windows XPとVistaを足して2で割ったようなOSということです。

すなわち、重すぎて評価がぼろかすであったVistaを軽い動作にした。
そして、画面や操作はVistaそのものである。

新機能は買う価値があるか―全然買う価値がある機能はない!

新機能は1万数千円以上も出してわざわざ買うほどのたいしたものはないといえます。

対応は・・・・

ということで、Vistaが重くて手をやいているむきはXPにバックできなければWindows 7をどうぞ。

Vistaをとりあえず使っていて問題がなければ、そのままでどうぞ。7にアップする必要はありません。

XPを使用している方は、XPのメンテナンスが提供される期間はそのままご使用ください。
あえてWindows 7にアップする必要はありません。

新たにパソコンを買う方は、Windows 7を入れたものをご購入ください。

したがって、あたらしもの好きで、お金を使いたいし、Windows 7にしないと気がすまない人は
どうぞ切り替えてください。-VistaのようなひどいOSソフトではありません。

現在のOSで支障がなければそのまま使い続ければよいので、特段にWindows 7に
切り替える必要はありません。

値段が高すぎる!

Windows 7はバージョンーアップでもホームプレミアムは 1万数千円するが、Macでは3300円で最新の OS
スノー・レパードにアップグレードできるのです。
これではMacにしっかりと負けています。こんな経済状況なのに、とんでもない値段付けをよくするものともいえます。
新規インストール版では、2-3万円がかかる。今の経済状態に大逆行している価格設定である。
Windows 7は自滅価格ではないでしょうか!

Windows 7はVistaのお詫び・修正版

Windows 7 は内容から見れば、Vistaのお詫び・修正版のようなものといえます。それにこんな価格を付けて
売るのはいかがかと思います。本来は、お詫びにVistaの利用者には無料アップグレードすべきではないでしょうか。

ちなみに当方では、業務はXPのパソコンで処理しています。XPはメンテナンスが継続されている期間は
使用し続けます。
Vista, Windows 7も導入していますが、CDなどを作成販売しているので、動作のテスト用や解説CD作成に
必要であるために保有しています。

XPのパソコンで十分です。