PART 1


        

INDEX

動画編集ソフトの操作の仕方を図解します。
ここでは、無料でマイクロソフト社から提供されているWindowsムービーメーカーを使用しています。
フリーソフトのダウンロード・インストールの仕方を図解します。
実例としては、動画を編集して、YouTubeにアップする動画を作成します。

参考 Windowsムービーメーカーで扱えるファイル形式



Windows ムービーメーカーをインストールする





動画編集ソフトの操作の仕方を図解します。
ここでは、無料でマイクロソフト社から提供されている「Windowsムービーメーカー」を使用しています。
実例としては、動画を編集して、YouTubeにアップする動画を作成します。


YouTubeにアップロードできる形式の動画を作成する方法を図解します。
ここでは、動画編集ソフトWindowsムービーメーカーの機能を利用して行う方法を図解しています。


YouTube に動画をアップロードする方法を図解します。
動画編集ソフトWindowsムービーメーカーの機能を利用して行う方法とYouTubeサイトをブラウザで表示して行う
方法を図解しています。




5種類のソフトの操作図解
    

10種類のソフトの操作図解




    



Windowsムービーメーカーのダウンロード・インストール




ダウンロード・ インストール法・・・Windows 7/8

ブラウザで提供サイトをアクセスする

Windows ムービーメーカー提供サイト

次の画面が表示される
使用しているOSにより選択して、「今すぐ入手」をクリックする




ブラウザのダウンロード画面が表示される−次図はIEの場合
「実行」をクリックする



Windows Essencialsのインストール画面が表示される−「すべてインストール」をクリックする

Windowsムービーメーカーは、Windows Essencialsの一部機能として提供されている



すでにインストールしている場合は、次のように更新画面が表示される
更新するものを選択して「インストール」をクリックする




インストールが完了する
「閉じる」をクリックする



Windows EssencialsをンストールするとSkypeへのサインイン画面が表示される
Microsoftアカウントをキーインする−持っていないときは、画面の新規登録のリンクから
登録を行う



Windows Essentilsをインストールすると・・・

スタートメニューに「ムービーメーカー」が表示される
これをクリックするとWindows ムービーメーカーが起動できる



タスクバーにムービーメーカーのアイコンを表示するようにするには・・・

スタートメニューの「ムービーメーカー」の上でマウスを右クリックする
メニューの「タスクバーに表示する」をクリックする



タスクバーにムービーメーカーのアイコンが表示される
これをクリックするとムービーメーカーが起動する




Windows 8の場合は・・・・

Windows Essentialsをインストールすると、スタート画面に次のように
タイルが作成される

このなかに、Windowsムービーメーカーのタイルがある―Movie Maker
これをクリックするとムービーメーカーが起動する
起動はデスクトップ画面である




使いやすくするため、デスクトップ画面のタスクバーにアイコンを作成する
Movie Makerのタイルの上でマウスを右クリックする



画面下の「タスクバーにピン留めする」をクリックする



デスクトップ画面のタスクバーにアイコンが表示される
これをクリックすると起動する




(参考−アイコンが作成されないとき)

Windowsのエクスプローラを開く

CドライブのProgram Files, Windows Live, Photo Galleryと開く
MovieMaker.exeがある



MovieMaker.exeの上でマウスを右クリックし「ショートカットの作成」をクリックする
デスクトップの上にショートカットを作成する





ダウンロード・ インストール法・・・Windows 10




ブラウザで提供サイトをアクセスする



Windows ムービーメーカー提供サイト

次の画面が表示される

使用しているOSにより選択して、「今すぐ入手」をクリックする

Windows 10の場合もWindows 8.1-7のものでよい



ブラウザのダウンロード画面が表示される−次図はMicrosoft Edgeの場合
「実行」をクリックする



Windows Essencialsのインストール画面が表示される−「   すべてインストール」をクリックする
Windowsムービーメーカーは、Windows Essencialsの一部機能として提供されている

なお、すでにインストールしている場合は、更新画面が表示される
更新するものを選択して「インストール」をクリックする



インストールが完了する
「閉じる」をクリックする




Windows EssencialsをンストールするとSkypeへのサインイン画面が表示される
Microsoftアカウントをキーインする−持っていないときは、画面の新規登録のリンクから
登録を行う



Windows Essentilsをインストールすると・・・

スタートメニューに「ムービーメーカー」が表示される

これをクリックするとWindows ムービーメーカーが起動できる

スタートボタンをクリックして「すべてのアプリ」をクリックする




Windows 10 Anniversary Updateを適用するとスタート画面が次のように変更される・・・・・

スタートボタンをクリックすると電源ボタン等が左側に別枠で表示される

また、「すべてのアプリ」ボタンが無くなり、アプリ一覧はそのまま一覧で表示される
従って、スタートボタンをクリックして、一覧から起動するソフト・アプリをクリックすればよい



アプリ一覧のMにMovie Makerが表示される

これをクリックするとソフトが起動する



なお、Windows Essencialsの他の機能はWのところに表示される―Windows Live, Live Mail




スタート画面にタイルを表示するには・・・・








タスクバーにムービーメーカーのアイコンを表示するようにするには・・・

アプリ一覧の「Movie Maker」の上でマウスを右クリックする
メニューの「その他」の「タスクバーにピン留めする」をクリックする



タスクバーにムービーメーカーのアイコンが表示される
これをクリックするとムービーメーカーが起動する



ムービーメーカーの画面が表示される










動画編集の操作法



Windowsムービーメーカーの基本的な操作の 仕方−動画の編集・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

起動する・・・・・・・・・・

起動は、デスクトップに作成したショートカットアイコンをマウスでダブルクリックする

スタートメニューの「ムービーメーカー」をクリックする



または、タスクバーのアイコンをクリックする



Windows 8では・・・・

スタート画面のMovie Makerのタイルをクリックする



または、デスクトップ画面のタスクバーのアイコンをクリックする




画面・・・・・・・・・・・・

Windowsムービーメーカーの画面が表示される



編集する動画の取り込み・・・・・・・・・・・・・

ホームタブの「ビデオおよび写真の追加」をクリックする
または、動画をマウスでこの画面にドラッグ・ドロップする



追加画面が表示される
編集したい動画をマウスでクリックして選択し、「開く」をクリックする



次のように動画が取り込まれて表示される
これでこの動画を編集できる




基本的な操作法・・・・・・・・・・・・・・・・・・

動画に音楽を付ける・・・・・・・・・

音楽ファイルをフォルダーに用意しておく

動画ファイルを取り込む−ホームタブで、「ビデオおよび写真の追加」をクリックする



ビデオツールの「音楽の追加」をクリックし、メニューの「現在の位置に音楽を追加」をクリックする



音楽の追加画面が表示される
追加する音楽ファイルをマウスでクリックして選択し「開く」をクリックする



動画の表示の下部に音楽ファイルが追加されている



作成したら保存操作をする−いずれの編集操作でも同じ

ファイルタブをクリックし、「ムービーの保存」、「コンピュータ用」などをクリックする
用途により保存法は選択する



音声・音楽の編集・・・・・・

次のように操作して追加した音声・音楽を編集する

ビデオツールの「編集」をクリックする



「オーディオ」の部分で編集操作する



音量を調整するには、「ビデオボリューム」をクリックして、マウスで音量のボタンを左右に移動させて調整する



音のフェードイン 、フェードアウトは次のように操作する




動画の不要部分をカットする・・・・・・・・・・・・・・

動画の画面の不要部分をカットするには・・・・

開始位置の設定・・・動画の前の部分をカットする

ビデオツールの編集タブの、「開始位置の設定」をクリックする



開始する位置でマウスをクリックしてカット線を入れる
再度「開始位置の設定」をクリックする




停止位置の設定−動画の後の部分をカットする

「停止位置の設定」をクリックする



カットする位置でマウスをクリックしてカット線を入れる
再度、「停止位置の設定」をクリックする



これで不要部分がカットできる
後ろの部分だけカットしいたときは、停止位置の設定ボタンのみそうさすればよい

編集したらファイルタブをクリックして「ムービーの保存」をクリックする


動画にタイトル画面を付ける・・・・・・・・・・・・・・

「タイトル」をクリックする



タイトル名をキーインする



テキストの色や大きさなどの設定は、「テキストの編集」をクリックして行う

タイトルの開始時間の設定−開始時間で設定する
開始直後からタイトルのときは0.00秒にしておく



テキストの表示時間−タイトルを表示かる時間−秒で設定する



タイトル画面の特殊効果−特殊効果をマウスでクリックして選択する
マウスでポイントすると再生画面で確認できる




動画の画面にテキストのキャプションを入れる・・・・

キャプションとは、歌の動画の画面で歌のタイトルや歌詞のように文字列の挿入である

「キャプション」をクリックする



そのキャプションを入れる位置を設定する―開始時間とテキストの表示時間を設定する
時間は再生ボタンを操作して時間を把握する




アニメーション効果を入れる・・・・・・・・・・・

ビデオツールの「アニメーション」タブょクリックして開く
アニメーション効果をマウスでクリックして選択する
マウスをポイントすると再生画面でデモが表示されるので、どのようになるか確認して選択できる




クレジットを追加する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホームタブの「クレジット」をクリックして設定する



Webカメラからビデオ録画して動画を使う・・・・

ホームタブの「Webカメラでのビデオ録画」をクリックして操作する




編集した動画の保存・・・・・・・・・・・・・・

ファイルタブの「ムービーの保存」をクリックして保存法を選択して行う
または、画面右側の「ムービーの保存」をクリックして・ニューを表示し、これから目的により選択する−
こちらの方が目的が一覧になっていてわかりやすい
YouTube用もリストにある

「ムービーの保存」と用途により選択する−ここでは、「コンピューター用」としている



保存画面が表示される
保存名を適宜付けて、「保存」をクリックする
ここでは、ビデオライブラリに保存している



処理が進行する



保存が完了する
「再生」をクリックすると保存したものが動画プレーヤーで再生される
「フォルダーを開く」をクリックするとフォルダーが表示される



次のように保存されている
これをダブルクリックすると動画プレーヤーで再生される











YouTubeにアップロードできる形式の動画を作成する方法を図解します。
ここでは、動画編集ソフトWindowsムービーメーカーの機能を利用して行う方法を図解しています。


Windowsムービーメーカーを起動する・・・・・・・・・・

起動は、デスクトップに作成したショートカットアイコンをマウスでダブルクリックする



画面・・・・・・・・・・・・

Windowsムービーメーカーの画面が表示される



編集する動画の取り込み・・・・・・・・・・・・・

ホームタブの「ビデオおよび写真の追加」をクリックする
または、動画をマウスでこの画面にドラッグ・ドロップする



追加画面が表示される
編集する動画ファイルをクリックして選択し「開く」をクリックする



動画ファイルが取り込まれて表示される



動画に音楽を追加する・・・・・・・・・・

使用する音楽ファイルをあらかじめ用意しておく

「音楽の追加」をクリックし、「現在の位置に音楽を追加」をクリックする



音楽の追加画面が表示される
追加する音楽ファイルをマウスでクリックして選択し「開く」をクリックする



音楽が追加された



編集画面の右側の動画再生ボタンをクリックして動画と音楽の再生を確認できる

音声・音楽の編集・・・・・・

次のように操作して追加した音声・音楽を編集する

ビデオツールの「編集」をクリックする



「オーディオ」の部分で編集操作する



音量を調整するには、「ビデオボリューム」をクリックして、マウスで音量のボタンを左右に移動させて調整する



音のフェードイン 、フェードアウトは次のように操作する




動画にタイトルを付ける・・・・・

「タイトル」をクリックする



タイトルの文字列をキーインする



タイトルを編集する・・・・

テキストツールのフォーマットタブで操作する
背景色をクリックしてタイトル画面の背景色を変更する



タイトル文字の表示開始時間や表示している時間を設定する



動画再生で即時にタイトルを表示し5秒間の表示時間としている



タイトル文字を編集する−「テキストの編集」をクリックする



文字の色を変更する−テキストの色で設定する



赤に設定している



タイトルページの特殊効果を設定できる−特殊効果でクリックして選択する
マウスでポイントすると左側の再生画面でデモ再生があるので効果が確認出来る
再生画面でタイトルも含めて全体の再生を確認したいときは、再生画面の「再生」ボタンをクリックするとよい



作成したものを動作させて確認する・・・・・

再生画面の下の再生ボタンをクリックする
作成が完了したときは、必ず、動画の全体を再生してみること



作成したものを保存する・・・・・・・・・・・・・

とりあえずこれで編集を完了したので、保存する

画面右側の「ムービーの保存」をクリックする



または、フアィルタブをクリックして保存操作をする



画面右側の「ムービーの保存」をクリックすると・・・

ここでは、YouTubeにアップする動画を作成しているので、メニューの「YouTube」をクリックする



保存画面が表示される
適当なファイル名を付けて「保存」をクリックする
YouTubeの場合、ファイル形式はmp4の形式である



保存が行われる



ビデオライブラリに保存されるとともに、Windowsムービーメーカーは、YouTubeに動画をアップロードできるので、
ここから、YouTubeへのアップロードの動作が引き続いて行われる

以降の操作は、次項目で図解する


Part 2へ行く






動画のDVDを作成することもできる・・・・・・・・・・・・・・・・

パソコンやDVDプレーヤーで再生できる動画のDVDを作ることができる
次のように操作する

動画のDVDが作成できたら、保存操作をする
DVDドライブに空のDVDを挿入する

「ムービーの保存」をクリックする



「DVDへ書き込み」をクリックする



動画のDVDが作成される

作成されたものはDVDレコーダー、プレーヤーで再生できるので、
テレビ画面でも視聴できる





Part2へ行く




Copy right reserved